三浦半島おいしい店8 葉山町堀内 ラプロー
a0003150_17435.jpg葉山元町ユニオンに近い、おいしいと地元で評判のパスタ専門店。

まずはメニューを開いてびっくり。数え切れない種類のスパゲッティがずらりと並ぶ。シェフに聞いても「何種類か数えたことはない」と! 

調理からサービスまでオーナー一人がこなす。オープンキッチンなので、その手際をカウンター越しに見るだけでも楽しい。ボリュームもたっぷり、お値段も900円からと満足。ピザもおいしい。

パスタ専門店 ラプロー
葉山町堀内 

三浦半島おいしい店のリストはこちら  
トップページに戻る 
[PR]
# by shonanvil | 2004-02-25 17:44 | おいしい店 (記事)NEW
三浦半島おいしい店7 横須賀市荻野 中華料理「菜香」
a0003150_174114.jpg横須賀市民病院の前を住宅街に200メートル入った一軒家の中華料理の店。

葉山マリーナの中国料理レストランで活躍したオーナーシェフが自宅1階で開いた。ジャズの流れる店は一見フランス料理店?
 
大エビと野菜のスパイス炒め(1600円)、フカヒレ入りあんかけチャーハン(1500円)、地鶏のもろみ炒めレタス包み(1300円)など、ボリュームもたっぷり。
ランチは2000円で4品も出てくる。

横須賀西部地区には、かつて林ロータリーそばに「夜来香」という伝説の中華料理店があった。立ち退きで閉店後、久しく中華のおいしい店がなかった地域での待望の店。

中華料理「菜香」
横須賀市荻野 
三浦半島おいしい店のリストはこちら  
トップページに戻る 
[PR]
# by shonanvil | 2004-02-25 17:42 | おいしい店 (記事)NEW
三浦半島おいしい店6 横須賀市芦名「レモンツリー」
a0003150_20171.jpg鎌倉山のホルトハウス房子に師事した川口さんが自宅で開いたヨーロッパ家庭料理の店。原則的には昼と夜に一組ずつしか予約を取らないが、少人数の場合は2組のことも。

メニューはおまかせで、昼はグラスワインにサラダからメイン料理、デザート、コーヒーまでついて消費税込み1800円。夜は飲み物別で1800円。こういうところを穴場というんだろうな。

素材も近くの有機農家で仕入れた野菜や取り寄せの自然素材など、すべて吟味されたもの。デザートも、パンもすべて自家製。食事代はすべて材料費に消えているのではないか、あるいは赤字なのでは、と思えるほど。

川口オーナーの食へのこだわりウンチクを聞くのも楽しい。アッという間に2時間ぐらい過ぎてしまう。

場所はきわめてわかりにくい。前日までの予約が必要なので、その時に場所をしっかり聞くこと。

レモンツリー
横須賀市芦名1-13-9 

地図検索はこちらに上記住所をコピペして「さがす」をクリック。

三浦半島おいしい店のリストはこちら  
トップページに戻る 
[PR]
# by shonanvil | 2004-02-25 17:40 | おいしい店 (記事)NEW
三浦半島おいしい店5 逗子市小坪 ジャルダン・ベール
※2005年6月に、残念ながら閉店しました。清水シェフ、長い間おいしい料理をありがとう!!
a0003150_173733.jpg小坪の住宅街にある気軽なフランス料理の店。32歳の若いシェフだが本場フランスで修行した確かな腕の持ち主。

おすすめはお昼のコース。サラダからメイン、デザート、コーヒーまでついて1500円は破格。夜のコースも2800円。窓の外の地中海的風景もいい。

ジャルダン・ベール
逗子市小坪2丁目 
http://www.jardin-vert.com/

三浦半島おいしい店のリストはこちら  
トップページに戻る 
[PR]
# by shonanvil | 2004-02-25 17:38 | おいしい店 (記事)NEW
三浦半島おいしい店4 葉山町一色  プレドール
a0003150_173544.jpgわたし的には、葉山一おいしいパン屋さんは、ここプレドール。とくに食パン系は確実にボンジュールよりうまい。

ここのもう一つのウリは、朝の「モーニングセット」。毎朝8時から11時まで、焼き立てのパンが次々とテーブルに運ばれ、選り取り見取りで食べ放題。スープかサラダに飲み物がついて1000円と、至福の朝食が頂ける。

週末は開店と同時に駐車場もテーブルも満杯となる。

ちなみに目の前のスーパーローゼン内に、ライバルのボンジュールが出店しているが、インストアベーカリーで、本店とはパンの種類も味も異なる。プレドールが満員だからとこちらに回ると、がっかり度が高い(あくまで個人的感想です)。

欧風パン「プレドール」
葉山町一色


三浦半島おいしい店のリストはこちら  
トップページに戻る 
[PR]
# by shonanvil | 2004-02-25 17:36 | おいしい店 (記事)NEW
三浦半島おいしい店3 葉山 旭屋牛肉店のコロッケ
a0003150_17340.jpg葉山で泳いだら、お昼は旭屋のコロッケをバンズに挟んでかぶりつく、というのが葉山の夏の風物詩とか。

コロッケは40円と60円の二種類。
40円はマッシュポテト使用、60円は生ポテト使用とか。

食べ比べると、やっぱり60円の方が格段においしい。20円の差はあなどれない。

店内にはコロッケパン用のバンズも売られているので、別々に購入し、自分でコロッケパンに作成する。その手作り感が、また良し。

旭屋牛肉店
葉山町堀内(スーパーユニオン入口)


三浦半島おいしい店のリストはこちら  
トップページに戻る 
[PR]
# by shonanvil | 2004-02-25 14:50 | おいしい店 (記事)NEW | Comments(0)
三浦半島おいしい店2 秋谷 「かぼちゃポット」
「かぼちゃポット」は、惜しまれつつ、2006年5月閉店しました。
グレンさんは3年の予定でイギリスへ「留学」。日本に戻ったらまた再開の予定です。


a0003150_14262.jpg
イギリス人のグレンさんが開いた隠れ家ティサロン、それが「かぼちゃポット」。

16年前にQE2で日本にやって来たグレンさんが、日本を気に入り住み着いた自宅で開く店は、なんとお寺の境内。お母さんが教えてくれたパイやスコーンを焼いて待っていてくれる。お腹をすかせて行ってください。

「かぼちゃポット」の関連記事はこちらこちらこちら


かぼちゃポット
横須賀市秋谷2ー4-16

地図検索はこちらに上記住所をコピペして「さがす」をクリック。

三浦半島おいしい店のリストはこちら  
トップページに戻る 
[PR]
# by shonanvil | 2004-02-25 14:27 | おいしい店 (記事)NEW
三浦半島おいしい店1 逗子海岸 カンティーナ
a0003150_11381.jpg逗子の海岸通、元養神亭跡に2004年2月オープンのイタリアンレストラン。

トスカーナのワイン蔵風の店に入ると、ドーンとピザ用の窯が置かれ、期待感高まる。
思ったより広く、70席はありそう。ファミレス規模の店だ。店員も多く、てきぱきと動きがいい。

メインはナポリ風ピザ。もちもちの食感は初体験モノ。
でも、ピザでもパスタでも注文して10分もしないうちに出てくるのは、作り置き??
これだけの人数をさばくのだから、ま、しょうがないか。でもパスタの作り置きは頂けない。アルデンテからはほど遠い。

従業員の動きもサービスも結構いいのだが、これってよくあるオープン時のプロデュース会社からの応援スタッフだから?
1ヶ月後のサービス低下が無ければホンモノ。

前菜、サラダ、ピザかパスタ、デザート、珈琲付きの「スペシャルランチ」が1580円、これに肉または魚料理が付く「ディナーコース」が2480円と、ファミレス価格。
このお値段で、この雰囲気なら、コストパフォーマンスはかなり高い。
窓越しの逗子湾の風景を加算すれば、お得感はもっと!

(写真は、三種のチーズがのった「ピザ・フォルマッジ」)

カンティーナ
逗子市新宿1-3-15

地図検索はこちらに上記住所をコピペして「さがす」をクリック。

三浦半島おいしい店のリストはこちら  
トップページに戻る 
[PR]
# by shonanvil | 2004-02-25 11:37 | おいしい店 (記事)NEW
湘南国際村とは?
a0003150_155624.jpg
●湘南国際村はこうしてできた

三浦半島の西海岸寄り、葉山と横須賀にまたがって広がるエリアが湘南国際村。ディズニーランドの4倍の敷地に、国際会議場や大学院大学、企業の研修所などの施設と、約300戸の住宅が建ち並ぶ新興エリアです。

その昔、一帯は大楠山に連なる自然豊かな連山でした。ゴルフ場開発で丸裸にされ、その後放置され荒れ放題だったところを、神奈川県の「緑陰滞在型の国際交流拠点をつくろう」という構想のもと、再開発が行われたのです。80年代に構想され、開村したのが94年。まあ、バブル的発想の産物と言っても過言ではないでしょう。

電柱がない、TVアンテナもない、すっきりしたランドスケープは外国の住宅街のようですが、人工的で街の猥雑性がなく、やや無機質な感じがすることも確か。25%以上の緑化が義務づけられているため家々の植栽は美しいのですが、時にはふと子安の里に下りて、のどかな山里風景を眺め、自然に対するバランス感覚を取り戻したい気持ちに駆られるところでもあります。

●湘南国際村は、「湘南」か?
a0003150_5511883.jpg


村の中央を横須賀市と葉山町の境界線が走っています。住宅地は横須賀市側。でも文化圏・生活圏的には完全に葉山町。村の子供たちの大半は葉山町立の学校に通い、葉山町のスーパーで買い物をし、葉山郵便局が郵便物を配達してくれます。

横須賀を「湘南」と呼ぶには抵抗があるけれど、葉山町ならまあいいか。そんな感じで、湘南国際村はかろうじて「湘南」の名を語ることが許されているかのようです。

ちなみに、葉山側の住所表示は「三浦郡葉山町上山口」と、なんだか山奥の村のイメージ。一方横須賀市側は「横須賀市湘南国際村1丁目」と、堂々と「湘南」を名乗ります。しかも市の中に村があるという、全国でも珍しい住所表示。

横須賀市内には、東京湾側にも関わらず「湘南鷹取」という名前をちゃっかり付けた住所があったり、「ハイランド」というカタカナ住所があったりと、住所表示については大胆不敵。そんな横須賀ですから、「湘南」と名乗るのも、まあいいか、です。

●湘南国際村は、「国際的」か?

21世紀にふさわしい国際交流のための街づくり、というのが当時の長洲神奈川県知事が唱えた国際村の理念でした。
開村から10年、現実はどうでしょう。

国際村の名にふさわしい施設の代表と言えば3つあります。ひとつは湘南国際村センターの中にある国際会議場。規模こそ京都国際会議場の何分の一かですが、同時通訳の設備もある立派な会議場で、外国人が参加する会議も多く開催されているようです。

「総合研究大学院大学」。ここは結構すごそうです。日本の先端分野の研究者を集めた大学で、海外からの研究者も多そうです。

「地球環境戦略研究機関」というSFにでてきそうな名前の施設も、各国の研究者が集まってなにやら環境戦略を立てているらしい。ヨーロッパやアジアの研究者が通勤する風景を見かけます。

ひるがえって、住宅地の方はどうでしょう。

いまのところ、外国人名義らしき家は3軒のみ。国際村という割には寂しい限りです。けれど、住民には海外駐在経験あり、という人も結構多いらしい。

管理規定では、国際村の研究機関などを訪れる外国人をホームステイさせることが入居の条件になっています。実際にはホームステイは年間数人で、やや空文化していますが、こんな規約がある街は日本広しといえどもあまりないでしょう。

と言うわけで、外国人や外国文化に溢れた街、を想像して訪れるとがっかりするかも知れませんが、他の街に比べれば、やや「国際的」と言えるかも知れない、ということで、「国際村」の名前も、まあいいか、というところでしょう。

(追記)
その後、湘南国際村2期3期工事予定のBC地区と呼ばれる土地は、不況の影響で三井不動産が開発を断念。土地は県に譲渡され、めぐりの森として緑地化されることになった。そのあたりの経過はこちらの記事を参照。
[PR]
# by shonanvil | 2004-02-23 15:42 | 湘南国際村とは
秋谷・葉山リンク
湘南国際村周辺から発信されている、ごきげんサイトをご紹介していきます。


秋谷日記
秋谷在住のkokiさんが発行する華麗なる秋谷ライフ日記。
おしゃれな大人のビーチサイド・ライフがうらやましい。

peace blue
「湘南ちゃぶ台ライフ」でおなじみ、秋谷在住の写真家hiroさん、陶芸家chieさんご夫妻のサイト。年何回か開催の自宅展、次回もぜひおじゃまします。 

湘南住的探訪
葉山在住のライター、まかべひろさんによる湘南インテリア・ガーデニングSHOPレポート。中の「葉山ポレポレ日記」はいつも欠かさず読んでます。 おもしろい! ブログ「葉山ポレポレ日記」もはじまりました。

葉山オンライン
硬から軟まで葉山生活情報満載のサイト。特に掲示板の充実はすごい。葉山関係の掲示板リンクもあり。主催者かくさんのblogコラム「input/output」も快調。 

気ままな毎日
人生のほとんどを海外で過ごしたという筋金入りの帰国子女「さちさん」が 、文化ギャップを踏み越えながらけなげに生きる?気ままな葉山暮らしの日記。 

zusitto逗子
逗子在住のたくさんによる、名前の通り重量感のある逗子情報満載サイト。ずばっと、しかも明快な語り口。ずーっとたくさんって男性だとばかり思ってました。でも、読み込むと逗子に対するあふれる愛情が感じられるやさしいサイトです。
[PR]
# by shonanvil | 2004-02-23 11:55 | 秋谷・葉山リンク