<   2013年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧
今日は中秋で
a0003150_784392.jpg


いやあ、見事な中秋名月。

燦々と降る月光を浴び、ナット・キング・コールの「月光値千金」を口ずさみながら、横須賀「煌蘭」の月餅を愛でる。

a0003150_792238.jpg


豆沙と栗子。これがまた薄い皮に上品な餡が包まれ、香港で食べるようなおいしさ。

と、「花より団子」ならぬ「月よりあんこ」。

a0003150_794083.jpg

[PR]
by shonanvil | 2013-09-19 21:56 | じゃらん日記NEW
湘南ビーチFMマガジン最新号
a0003150_21494328.jpg


湘南ビーチFMマガジン最新号が出た。

この中に僕も参加している番組「T.G.I.F.」の紹介記事を番組パーソナリティのたかのなおこさんがお書きになっている。

なおこさんがこの番組に対して思っていること、リスナーへ伝えたいことが自然に書かれていて、なかなかぐっと来るところがあった。

a0003150_2151399.jpg


ウイークデイから週末に向かう、緊張感が次第にほぐれていくような時間の推移に、なおこさんのやわらかい語りやゲストとのやりとりはぴったり。

僕もそんな番組の片隅にいることができることに小さな誇りを感じさせてもらった一文。
地元のレストランやお店で「湘南ビーチFMマガジン」を見つけたら、p4をぜひ見てください。
そしてときどきは金曜日16時から19時の「T.G.I.F.」を聴いてください。

僕のコーナーは18:35から。
10分ほどの短いコーナーですが、僕も一生懸命入れ込んでます。
[PR]
by shonanvil | 2013-09-17 21:51 | じゃらん日記NEW
JATA旅博
a0003150_17182061.jpg



毎年恒例のJATA旅博。
ことしも13日から15日まで東京ビッグサイトで開催。

僕の第二のふるさと、マレーシア・サバ州観光局のブース。
民族舞踊の踊り手さんが今年も多数来日。

観光局の副所長ヤップさんはじめ、一年ぶりの面々と会うのも楽しみのひとつ。
僕が住んでいたのはもう12年前。それでも覚えていてくれて「やあ、家族も元気?」「あそこのケダイ(食堂)、まだやってる?」「あんたが住んでたあたり、すごく変わったよ」「またKK(コタキナバル)で暮らしなよ」・・・

一年半のマレーシア暮らしを昨日のように蘇らせてくれる。
南の島の人たちは、陽気で器がでかい! 
[PR]
by shonanvil | 2013-09-15 17:19 | じゃらん日記NEW
軍事境界線に一番近い、国境の駅
a0003150_911988.jpg



北と南を分断するDMZ(非武装地帯)にある韓国側の国境駅「都羅山(ドラサン)駅。
平壌行き乗り場という表示は出ているが、ここから発車する列車は一本もない。

立派すぎるホームと、乗客のかわりにぽつんと立っている兵士。
10日ほど前にここまでたどり着き(といってもソウルから地下鉄を乗り継いで来れるほど近い!)、僕は兵士とふたりで北に延びていく線路をしばらくぼんやり眺めていた。

a0003150_92210.jpg


駅にはイムジン河にかかる橋を渡るKTX(韓国版新幹線)の勇壮な姿を描いたポスターが飾ってあるのだけれど、そんな日はいつくるのか。

昨日の新聞には、軍事境界線を越えた8キロ先にある開城(ケソン)市の韓国が共同運営する工業団地が数ヶ月ぶりに再開されそうだという記事が載っていた。
ただし、南側からの越境は陸路のみで、このホームから列車が列車が出ることは当分なさそうだ。

a0003150_923613.jpg


南北を分けるように流れるイムジン河のほとりで、ひとりの老婆が日本語で僕に話しかけてきた。
「日本が戦争に負けなかったら、こんな国境はできなかったんですよ。」
81歳。小学校6年生まで学校で日本語を教わったという。

・・・そうかもしれないけれど、うーん、返事に詰まる、複雑な問いかけだ。
[PR]
by shonanvil | 2013-09-12 09:02 | じゃらん日記NEW
ちょっと違う韓国のかき氷
a0003150_2053514.jpg


見た目は日本の氷小豆とあまり変わらないけれど、食べてみると大違い!

なんと氷の冷たさが違う。しばらく放っておいても溶ける気配なし。ドライアイスかと思うほどさらさら。
真ちゅうの器と一緒にキンキンに冷やされている。

そのまま口に入れると舌にぺったりと張り付いてしまって容易に溶けない。

と、店員さんがやってきてスプーンを取り上げ、ザックザックと氷と小豆をかき混ぜ始めた。

日本のかき氷のようにてっぺんから少しずつ崩しながら食べるというような上品な食べ方ではなく、最初に小豆も氷も混ぜてしまう。これが韓国流の食べ方なのだ。
グショグショに混ぜてしまったころ、ようやく氷が溶け出し、小豆といい感じのハーモニーが生まれる。

なるほどね。この食べ頃を実現するため、ドライアイスのようにキンキンに冷やされているのだ。

結局食べる時には日本のかき氷と同じ状態になるんだけどね。

ソウルのかき氷屋にて。
[PR]
by shonanvil | 2013-09-09 20:53 | じゃらん日記NEW