<   2013年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧
ラマダン(断食月)中のイスラムモスクを訪ねる。
a0003150_12155627.jpg



7月10日からイスラム教のラマダン(断食月)がはじまっている。

日本最大のモスク、代々木上原の東京ジャーミーでは一日の断食が終わる夕暮れ、モスクを開放してイフタールと呼ばれる食事をみんなで頂くイベントが毎日開かれる。

a0003150_12164957.jpg


ムスリムでない僕も参加可能と聞いて、昼食だけを抜いたプチ断食のあと、イフタールに参加した。

東京ジャーミーはトルコ系のモスクで、僕がしばらく住んでいたマレーシアと同じく、トルコはかなり自由度の高いソフトイスラムの国と言われているが、このモスクに集まった人々はアザーン(礼拝の時間を知らせる詩の朗読のような美しいアナウンス)を合図に礼拝所に集まり敬虔な祈りを捧げていた。

a0003150_12173279.jpg


祈りの後のイフタールは、トルコ本国から招かれた調理師が作ったという料理。豆を中心にした身体にも良さそうな料理で、お変わりも自由。

a0003150_12175341.jpg


たまたま女子大生を引率していらっしゃっていたイスラム史の専門家、お茶の水大学の三浦徹教授と同じテーブルになり、あれこれ解説をして頂きながらイフタールを食べるという、なんとも贅沢な時間を過ごすことができた。

イフタールは、一日の断食を終えた喜びを共有するだけでなく、貧しい人々に普段は食べられないおいしい食事を喜捨するという意味もあるのだそうだ。
そういえばモスク近くのガード下でうずくまるホームレスの男性を見かけたのだが、彼はこの催しを知っているのだろうか。異教徒であっても訪ねてくれば歓迎されて温かいおいしい食事を一緒に食べることができるのに。

このイフタール、ラマダン明けの8月8日まで毎日東京ジャーミーで開催されている。もちろん参加は無料。持てる人が持たざる人に喜捨をするというイスラムのサダカの精神で、すこしの寄付をして帰ると、もっとココロがハッピーになれるかも。


a0003150_12182634.jpg

[PR]
by shonanvil | 2013-07-30 12:19 | じゃらん日記NEW | Comments(1)
奥葉山ちいさんぽ
f0278974_11221142.jpg
            木漏れ日がやさしい奥葉山へ。

暑い!

こんなときは木陰が恋しい!
というわけで、海の葉山ではなく山の葉山にいそいそと。

あそことあそこを訪ねて・・というようなスポット巡りの旅というよりは、葉山の山並みを眺め、空気の流れを感じ、地元の人々とのふれあいを愉しむ・・・。そんな“ち●さんぽ”みたいな散歩をしてみた。


f0278974_1126537.jpg
          深い山と田園風景。葉山にもこんなところがあった。しかも街から徒歩20分!

一応今回のコースは、葉山大道と木古庭を結ぶ県道の途中、新善光寺そばの「水源地入口」バス停から下山川の流れに沿って山間の道を海辺の御用邸に向かって歩く、1時間ほどのコース。
少しアップダウンもあるけれど、川の下流に向かうゆるやかな下り坂なので、自転車でのんびり走るのもOK。

f0278974_11225637.jpg


最初の立ち止まりスポットは、「水源地入口」から5分ほどの「水源地」!
ここは、御用邸に良質の水を送るための貯水池があったところ。背後のうっそうと木々が茂る山には1.7キロもの鍾乳洞があり、その先の宝金山あたりの水系から湧く清水が大変おいしかったそう。
大正のはじめにできて、50,60年は使われていたんじゃないかな、と木陰でひと休みなさっていたおじいさんが話してくださった。山手に道路ができたり住宅の開発が行われて水質が悪くなり、使われなくなったようだ。

水源地には石やコンクリートの大きな建造物がまだ残されており、パイプからは湧き水がいまも結構な水量で流れ出ています。でも立て札には「この水は飲めません」の文字。残念ですね。

川に沿って木立の中を歩いていきましょう。どんどん道は狭くなり、車が交差するのもやとという幅になってくる。バスも通らず、交通量も少ないのでのんびり散歩にはぴったり。

f0278974_11233243.jpg


道の脇には所々に庚申塚があって、1680年など江戸中期の創建だと書かれているものも。かなり古くから人々の暮らしがあったんだなあ。

と驚いたら、もっとすごいものが。
田圃で農作業をしているご夫妻の薦めで、山道を少し登ったところにあった「観音堂」。ほとんど人も訪ねないようなところに建てられたなかなか立派なお堂。傍らにあったお墓が、なんと平兼盛の墓だと伝えられているとか。

f0278974_1131389.jpg


百人一首の「しのぶれど色にいでけりわが恋は・・・」のあの作者。平安中期に生まれた歌人の墓がこんなところにあるとは! 葉山の奥深さを感じるねえ。(諸説あって、本当に平兼盛の墓なのかはまだ検証されていないよう)

f0278974_11335183.jpg


川沿いに立派な門構えの家を発見。
荏原製作所の創業者、畠山一清さんの別荘だった「茅山荘」で、いまは曹洞宗の僧侶の方の所有で、時々ヨガ教室や座禅の会が開かれているようだ。

このあたりがコースの中間どころ。そろそろおなかもすいて休憩したくなる。

道路沿いの「桃花源こちら」の看板に従って、左の坂道を登ってみる。やがて谷を見下ろす高台にある別荘風の建物「桃花源」に到着。

f0278974_1125134.jpg


第5代ミス日本という女主人の坂本千桃さんが創作家庭料理を作ってくださっている。このあたりは東京の喧噪を離れて静かに週末を過ごしたいと、多くの文化人や政財界の人たちが別荘を持ったようで、この建物もそのひとつ。そんな当時の避暑暮らしを思い浮かべながら、ハイソサエティのおもてなしを体感。
お昼だけの営業で、事前予約をして行き方を聞いておいた方が安心。

桃花源
葉山町下山口1013
TEL 046-875-9551

さて、終点も近づいてきたが、川沿いの道でひとつの疑問が湧いてきた。
水源地の水は、どうやって御用邸まで運ばれたのか?
その解は、下山川をまたぐ何カ所の橋にあった。

f0278974_11253890.jpg


橋の脇に太い二本の水道管を発見。青く塗られた管とさび付いた茶色の管。青い管をさわってみるとひんやり冷たく、水が通っていることがわかるが、さびた方は太陽に焼かれて熱くなっている。
青い方は今も使われている送水管。とするとさびた管こそ、水源地から御用邸までおいしい水を運んでいた送水管ではないか?
帰って調べてみたら、正解だった。下山側の終点近く、御用邸の手前には、広くなった川をまたいで、地元のひとが「鉄管橋」と呼ぶ水道管専用の橋があった。

f0278974_1126255.jpg
              散歩コースの終点、御用邸そばには水源地からのびる送水管が最後に露出する地点「鉄管橋」が。

水源地からはじまり、鉄管をたどって歩いてきた今回のち●さんぽ。この橋が「おつかれさん!」と言ってくれたような気がした。

この散歩の様子は7/19金曜日18:35から、湘南ビーチFM「TGIF~ラーキーのちょっとリュクスな湘南散歩」で放送。

毎週逗子葉山を中心に湘南・三浦半島のリュクス旅??を紹介しています。
放送のアーカイブブログはこちら
[PR]
by shonanvil | 2013-07-20 12:15 | じゃらん日記NEW | Comments(0)
上地克明 with GOLD のライブ @younger than yesterday
a0003150_7184680.jpg


7ヶ月ぶりのライブだそうで、僕は一年ぶり。

a0003150_7191340.jpg


そう。上地雄輔クンのパパ。
ムスコさんよりはじけてます。

会場には雄輔ファンの若い女性も多数。

女性ボーカルのリサちゃんも良かった!!

a0003150_7195495.jpg

[PR]
by shonanvil | 2013-07-17 07:22 | じゃらん日記NEW | Comments(0)
葉山のビーチライフ
a0003150_10474214.jpg


一気に夏到来。
葉山のビーチも、ニュースタイルの海の家がずらりと並び、南の島のリゾート気分を手軽に楽しめる。

f0278974_10244030.jpg


ニュースタイルの海の家とは?
それまでのトタン屋根にゴザ敷き、ラムネや焼きそばを出すという海の家とは違って、竹や古材を使ったアジアのビーチにあるような建物、メニューにはアジアンフードや・沖縄料理、ビーチフロントにバーカウンターがあって、レゲエ・ボサノバ・沖縄音楽等を流し、週末の夜にはライブ演奏もある、という、いわばアジアのビーチリゾートにあるようなビーチハウススタイルの海の家のこと。

1981年(32年前)に森戸海岸に「オアシス」が登場。しばらくマイナーな存在だったが次第に市民権を得て、97年一色海岸に「ブルームーン」が登場し、その後いくつかの新しいタイプの海の家が続々と生まれ、こうした「葉山スタイル」の海の家をお手本にしたものが全国に次々と生まれるようになった。

f0278974_10251549.jpg


こんな海の家が人気を博した背景には、海外旅行での「南の島リゾート体験」を日本人がたくさんするようになったから。ハワイやバリ島でスタイリッシュなリゾートライフを楽しんだ人にとって、日本の海の家が物足りなく思えるのは当然。街にはすてきなカフェがいっぱいあるのにビーチには自分たちが求めるものがない。

それに、海辺にいく理由も変化してきた。行楽や家族サービスのための「海水浴」ではなく、日頃のストレスフルな暮らしから逃れて、自分を取り戻す癒しの場としての海辺を求める人が多くなってきた。何かをするため(DO)ではなく、ゆったりといい時間を過ごす(Be)ための場所として海の家を求めたのだ。


f0278974_10291225.jpg


老舗の「オアシス」はもちろん、「LAH」「FLAT」などおしゃれなニュースタイルのビーチハウスがいろいろ。

一色海岸には、老舗の「ブルームーン」のほか、東京・青山の伝説カフェを復活させたスタイリッシュな「カフェドロペ・ラメール」が異彩を放っている。

f0278974_10295431.jpg

f0278974_10324620.jpg

f0278974_1037760.jpg


夕暮れ時は、とっても素敵。黄金色に染まる海を、グラスを手にゆったりと眺める。
隣のビーチハウスで始まったライブをふとのぞきに行ってみる。こんなラフな過ごし方もいい。

f0278974_10301921.jpg


料理は、どこもなかなかのもの。都内のレストランやバーの料理とも遜色のないものが多い。海浜を流れる空気感の分だけ、よけいにおいしくいただける。

f0278974_1031261.jpg

[PR]
by shonanvil | 2013-07-13 10:48 | じゃらん日記NEW | Comments(1)
三浦半島 秋谷の夏祭り
a0003150_6592085.jpg


小さな漁村の、迫力夏祭り。

大荒れの海に見越しもろとも飛び込んで、揉むは練るは。

見る方も一緒に燃えた! 身体も気持ちもガクガクに震えた!
[PR]
by shonanvil | 2013-07-07 06:59 | じゃらん日記NEW | Comments(0)
神田司町 串揚げ「安佳里(あかり)」
a0003150_11311953.png




大学時代の友人と、久しぶりに神田で一杯。

彼が案内してくれたのは、ちょいイタリアンの香りがする串揚げ屋「安佳里(あかり)」。
さすが神田の某企業の重鎮、乙な店を知ってます。

モロイタリアンのトリッパやなぜかイタリアンのポテトサラダ(ブルーチーズが練り込まれてる。これがジャガイモとぴったり)などで、各地の地ビールを楽しみ、やがて本編の串揚げ登場。一種類ずつ揚げたてが皿に並ぶ。
これがひと捻りもふた捻りもあって(イタリアン食材が串揚げに合うのです)、日本酒も焼酎も、ワインも進む。(といいつつ、僕は最初の地ビールがまだ飲み干せない下戸ですが!)

さっくり、じんわりおいしい食事に昔話も弾む宵。

串揚げ安佳里
千代田区神田司町2-7林ビル1階
03-5280-4747
11:30~14:00・17:30~23:00
定休日:土曜・日曜・祝日
[PR]
by shonanvil | 2013-07-04 11:32 | おいしい店 (記事)NEW | Comments(0)