<   2013年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧
石井信平さんという「粋人」
a0003150_14335324.jpg



最近、友人の書籍編集者から、石井信平さんの名前を聞いた。

辛口評の多い編集者が手放しで絶賛するそのひとは、今は主のいなくなったブログ「オラが春」で、ご自身のことを『活字・テレビの両方を生きてきたメディア無宿人。湘南のビーチライフで磨くエピキュリアンのセンス、ますます冴えて「オラが春」の毎日。』とお書きになっている。

99年から4年間、湘南ビーチFMで土曜日の夜、2時間に亘って自作の詩を朗読しながらのDJ番組を担当なさっていたのだという。その様子の映像をたまたま見つけ(石井信平追悼映像)、なんとも驚いた。なんて洒脱で、知性的で、しかも艶っぽいおじさんなのだ。

ブログを読み返すと、ウイットを超えたエスプリに富んだ語り口、毒のある社会批評、そして微妙にエロっぽい話と、まあ大人の男のひとり語りを堪能出来る内容。

こんな人物が鎌倉に住み、3年前に28歳年下の奥様に看取られながら「グッバイ」と湘南の静寂に消えていった。

いつか石井さんの足跡をたどりながら、鎌倉の海と山を歩いてみたい。



(以下のポエムは、おそらくはDJを担当した番組の中で朗読されたものだろう。)


湘南ビーチFM

聞こえますか、私の声を
海鳴りの向こうに
あなたが聞いている
ここは夜のヨットハーバー
ラジオ・スタジオは眠らないのです

眠れないあなたに呼びかける
声低く 思いは高く
言葉は冷たく 心は熱く
潮騒の 胸騒ぎの夜に
届いてほしい つかまえてほしい

つかんだのは言葉でした
手放したのも言葉でした
この言葉が空に放たれ
この言葉が星に届く
この言葉があなたに届く

海鳴りの闇の向こうに
ドリーミーナイト
あなたの微笑み
今夜もまた
湘南ビーチFM
ドリームトレイン・エキスプレス
[PR]
by shonanvil | 2013-03-30 14:35 | じゃらん日記NEW
「黄色い線の内側に、どんどん入ってください」
a0003150_13242361.jpg



今月16日地下に移動した東横線渋谷駅ホーム。その旧ホームがたった12日で思いがけない変身をしていた。
なんと、ホームと線路全体を使って、巨大なユニクロのTシャツショップが誕生していたのだ。

旧ホームの案内板や点字ブロック、「足元に注意」などの表示はそのままに、1000種類、1万2千枚のTシャツが陳列されているのだ。
昨日は初日で、Tシャツを買いに来た人より、ホームの変身ぶりを見に来たひとの方が多そう。(という僕もそのひとり)

a0003150_13245264.jpg


昨日28日から4月7日までの期間限定。

スマホ用専用アプリで自分のTシャツ姿を撮影して投稿すると店内の巨大スクリーンに映し出されるなんてサービスもやっている。

Tシャツの楽しさ満載の店。さすがユニクロです。
[PR]
by shonanvil | 2013-03-29 13:25 | じゃらん日記NEW
東京中央郵便局、KITTEに変身!
a0003150_1022490.jpg


先週オープンした東京駅前のKITTE。
巨大な吹抜けの光景は、まるで切手シート。

a0003150_1024636.jpg


昨日は大学の卒業式ピーク。袴姿の女子大生が歩き、東京中央郵便局ができた当時にタイムトリップしたような気分。

a0003150_103672.jpg


こちらは、局長室をそのまま再現した部屋。
東京駅舎が目の前。

明治の文明開化は、このホンの数百メートル圏でで始まったというわけだ。
[PR]
by shonanvil | 2013-03-27 10:03 | じゃらん日記NEW
東京からの友人と一緒に、三浦半島ツアー
a0003150_21523743.jpg



鎌倉のゲストハウス「亀時間」でピックアップし、まずは佐島の「海辺」で食事。

改装されて店内も広々。ボリューム一杯の魚中心の天麩羅をいただく。

食後は、油壺まで南下し、観潮荘でひとっ風呂。
客も少なく、晴れ渡った相模湾を見下ろしながらゆったり湯につかる。

a0003150_21534157.jpg


その後三崎の昼寝城へ。正式名称は「ミサキ・サヴォリ・クラブ」。
古い船具屋を改装して、なんともまったりなスペースが誕生。店名の通り、「サボリ」がテーマ。

a0003150_2155660.jpg


城主?の寒川さんはこれまでも焚き火カフェやスラックラインなど、都会の秒刻みの暮らしから逃れてサボリを楽しむさまざまなメニューを提案してきたひと。


ハンモックに揺られて昼寝をする、というのも、考えてみればこんな贅沢はほかにない。
「サボリ」を後ろめたさではなく、人生の宝物を探す、とってもニンゲンらしい行為だと捉える、ということなのだろう。

a0003150_215712.jpg


ハンモックの並ぶ部屋の窓からは、赤茶けていい色に染まった 「侘び・サビ」のトタン屋根が望め、栄華を極めたマグロの町三崎の、経年変化の跡を追体験しているような気にさせてくれる。

なにも進歩・発展ばかりがいいんじゃないよ。立ち止まり、サボり、時には後退し、うつらうつらしながら自然や時の流れを楽しむ。人生の極意を教えてもらったような、そんなひとときだった。

a0003150_2158419.jpg


いつも決まった時間に、店の前の木製ベンチにやってくるという「午後二時のおじさん」。
しばらく座って、通りを行き交うひとをのんびり眺め、やがてふと立ち去っていく。こういうひとこそ、真のさぼり名人ということなのだろう。

サヴォリクラブは、サボりの達人を吸い寄せる場でもあるのだ。
[PR]
by shonanvil | 2013-03-20 21:53 | じゃらん日記NEW
ジェーン・バーキンにバキ~ン!
a0003150_21132085.jpg



大好きな女優さん。
東北大震災支援のワールドツアー、最終日は東京オペラシティで3月28日。

彼女がセルジュ・ゲンズブールとパリで一緒に暮らしていた頃、テレビの取材でお宅に行ったことがあった。

セーヌ川に近い静かな住宅街の二階建ての家。
この日の目的はゲンズブールで、野際陽子さんが彼にインタビューをする、その撮影だった。

撮影が始まってまもなく、スタッフのカメラマンが急に腹痛を訴え、撮影を中止してトイレに駆け込むという事態が発生した。
かなり苦しそうで、なかなかトイレから出てこず、ゲンズブール氏も医者を呼ぼうかと電話機を手にしたりと、撮影現場はとんでもない状態になった。

すると、二階から誰か降りてくる気配が。なんとジェーン・バーキンが薬と水の入ったグラスを手に、心配げに降りてきたのだ。
まるで映画の一シーンを見ているようだった。
彼女が自宅にいるとは知らなかった我々は、あっと息を呑んだ。すっぴんで部屋着姿の彼女が放つオーラに、トイレから出てきたカメラマンも気を抜かれたようで、腹の痛みもどこへやら。もらった薬を一気に飲むと、何事もなかったこのように撮影を再開。

ほんの1,2分の出来事だったが、あこがれの女優との思いがけない邂逅。このあと、二階に上がった彼女のことばかりが気になって、ゲンズブールが何をしゃべったか、まったく聞こえないまま撮影は終了した。

            -----------------------------

いまや彼女も60歳を超えたけれど、あいかわらずアンニュイで、しかし精力的に活動を続けている。
今回の東北支援も、反対を押し切って震災直後に日本を訪れ、それ以降もさまざまな支援活動を行っている。内面から出る美しさを持った女優の一人だ。
[PR]
by shonanvil | 2013-03-20 21:14 | じゃらん日記NEW
代官山駅 一夜で大変身
a0003150_6325860.jpg



地下に潜る線路のすぐ上に、ばっさり切り落とされた古い線路がある光景。
東横線代官山駅の線路切替工事風景の写真を、地元に住む友人が送ってくれた。

東横線渋谷駅の地下化が数日前から大ニュースだが、工事的にはこっちの方が遙かにミステリアスなのだ。

終電から始発までのわずか3時間半の間に、地上の線路と地下に新しくつくった線路をすり替え、駅のホームも高さを下げる、という神業をやってのけたのだ。

そんなこと出来るのか? 日本の技術とチームワークは、それをやってしまうんだなあ。

終電が5分遅れたにも拘わらず、始発の通る10分前に完成させたのだという。

代官山駅のすぐそばにオフィスを置いていたこともあったので、僕にとっても馴染みの場所。新しくなった代官山駅を是非見てみたい。

a0003150_643675.jpg


この図によれば、旧線路をいったん上に引き上げ、下にあらかじめ作っておいた線路から電車が上がってこれるようにする。
同時に駅のホームも下げて、新しい線路とつなぐ。

これを3時間半でやってしまったのだ。なんともすごい!
[PR]
by shonanvil | 2013-03-18 06:33 | じゃらん日記NEW
代官山の人気place
a0003150_17425164.jpg



代官山の新名所といってもいい、代官山蔦屋書店T-SITEの中にあるダイニングIVY PLACE(アイヴィープレイス)。

ガーデン風のオープンテラスがあったり、森の別荘のようなウッディな場所があったりと、なかなかコジーなレストランで、なかなか予約が取りにくい。

ランチの始まる11時半ピッタリに行ったら、ちょうど2席だけ空いていて、すんなり入店。注文を済ませてふと入口を見ると、もう長蛇の列。

a0003150_17442522.jpg


というわけで、仕事仲間と一緒に参加した午前中のバングラデシュ・トラベル・トークを振り返ったりしながら、ゆったりと食事。

IVY PLACE
http://www.tyharborbrewing.co.jp/jp/ivy/
[PR]
by shonanvil | 2013-03-15 17:44 | おいしい店 (記事)NEW
鶯谷 竹隆庵岡埜本店の「こごめ大福」
a0003150_20231255.jpg


こんなうまい大福、喰ったことなかった。

米のつぶがわずかに残った、食感のたのしい皮に、甘さ抑えめの粒あんがたっぷり入っている。大福にしては大きい方で、こんなボリュームでも難なく食べられるのは、そのうまさ故なんだろう。

世に大福通は多く、一番押しの大福を語らせたら、それこそ百家争鳴状態になってしまいそうだが、僕ならこれをイチオシにしたいなあ。

竹隆庵岡埜本店
台東区根岸4丁目7-2
03-3873-4617
平日 08:00~19:00
日曜・祝日 08:00~18:00
休業日 水曜
[PR]
by shonanvil | 2013-03-12 20:24 | おいしい店 (記事)NEW
夕暮れの逗子海岸。
a0003150_20101514.jpg


ちょっとロス郊外のサンタモニカ風?

きもちいい時間だけど、PM2.5やら花粉やら黄砂やらに注意ってのが残念。
[PR]
by shonanvil | 2013-03-12 20:10 | じゃらん日記NEW