<   2010年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧
紅葉の奥大井川
a0003150_66464.jpg


静岡で打合せがあったので、前乗りして紅葉真っ只中の寸又峡、接阻峡へ。

掛川駅でニコニコ・レンタカー(12時間2525円!)を借りる。
カーナビや免責を加えると4500円を超えるが、それでも格段に安く、車もきれいだ。

一路大井川に沿って北上し、大井川鐵道の終点、千頭駅へ。
大井川鐵道はSLが走る数少ない路線。ちょうど入線する時間だったので、入場券を買ってホームへ。

a0003150_681743.jpg


鉄チャンではないけれど、煙を吐いてあえぎながら到着する様子は、なかなかの迫力だ。
先輩に指導されながら楽しげに窯焚きをする若い機関士。

a0003150_691114.jpg


機関車大好きという人が狭き門をくぐって入社するというから、仕事が楽しくてしようがないって感じ。これはこれで幸せな人生だ。

名物のSL弁当。一番下、笹の葉に隠れて山女の甘露煮もドドンと入って、内容充実で960円!
a0003150_6164079.jpg

寸又峡の「夢の吊り橋」
a0003150_694164.jpg


そして南アルプスあぷとラインのオモチャのような列車を見ながら
接阻峡へ。
a0003150_6121548.jpg


今年の紅葉は例年より1週間ほど遅れたようで、この日辺りがちょうど見頃。(冒頭の写真)

a0003150_613325.jpg
接阻峡温泉会館でひとっ風呂浴びて(300円!)、一路掛川に。

夕方、掛川で迎えの車に拾ってもらい、御前崎へ。

a0003150_6181657.jpg

今夜は、灯台のすぐそば、御前崎ユースホステルで、宴会!
ホステルのオーナーが飛びっきりの特別料理を山ほど用意してくれた。

a0003150_6184735.jpg


戻り鰹に岩牡蠣、シラス・・・。すべて地場モノばかり。
オーナーが用意してくれた酒は、銘酒久保田の千寿。酒の味が分からない私にはもったいない。
しっかり喰って、たっぷり呑んで、最後に寿司で締めて。もう食べ切れません。

酔い覚ましに岬散歩。静岡最南端から見上げる空は、満天の星。
a0003150_6213213.jpg


明くる朝は、ユースのアイドル、黒ラブのソラちゃんを連れて、岬の突端をお散歩。
まさにソラと海。

a0003150_6222166.jpg


ユースのラウンジで午前中一杯会議をやって、午後の新幹線で帰宅。
わずか一泊二日で、なかなか充実の仕事旅でした。
[PR]
by shonanvil | 2010-11-28 22:06 | じゃらん日記NEW | Comments(2)
新大久保コリアンタウンで激安サムゲタン
アジアにめっぽう強い友人のジャーナリストS氏と、新大久保のコリアンタウンにある「ハンナン」でランチ。

この界隈、おいしい韓国料理がうんと安く食べられる店がずらりと並んでいるのだが、中でもここは特別。
普通、一人前2500円前後はする参鶏湯(サムゲタン)が、ランチタイム限定で、なんと780円で食べられるのだ。

a0003150_20433319.jpg
最初にドドーンと登場したのが、激うまキムチ。思わずヨダレが。

a0003150_2042244.jpg


ぐつぐつと煮えたぎる土鍋で登場する参鶏湯。鶏は半羽分だが、ボリュームは充分。味も安いからと言って手抜きなし。それどころか、アジア通ジャーナリスト氏も絶賛する味。

a0003150_20425113.jpg


別に頼んだチヂミもすこぶる旨し。

ソウルの繁華街に迷い込んだような気分になれる店。

韓国家庭料理専門店 ハンヤン
新宿区大久保1-14-18 地創工業ビルB1
新大久保駅 北口 徒歩3分
03-5272-6500
11:00~16:00  17:00~24:00(L.O.23:30)
定休日 火曜日
[PR]
by shonanvil | 2010-11-18 21:10 | おいしい店 (記事)NEW | Comments(2)
またバーベキュー
天気快晴。見事な秋晴れ。食欲の秋。
と言うわけで、湘南国際村自治会恒例のバーベキュー大会。

a0003150_9431522.jpg


本日の目玉は、葉山牛の焼肉。なんとも贅沢なBBQです。

a0003150_9435329.jpg


葉山牛の牧場は、国際村のすぐお隣。1キロ足らずの地産地消です。
さすが、柔らかくって、うまい!

a0003150_944105.jpg


ビンゴではパパイヤの缶詰をゲット! と、大満足の秋の一日。

自治会役員の皆様、お疲れ様でした。

a0003150_9442920.jpg

[PR]
by shonanvil | 2010-11-15 06:58 | じゃらん日記NEW | Comments(2)
ミャンマーのお坊さんと、焼肉パーティ!
a0003150_646666.jpg


ミャンマー人の友人夫妻(奥様がミャンマー人、ご主人は日本人)が、数日前に日本に来たばかりのミャンマーのお坊さんを我が家に連れてきてくれ、ご本人の希望で焼肉バーベキューパーティをすることになった。

a0003150_6472528.jpg
いろいろと複雑な背景のある国なのでぼかしを入れているけれど、なかなかハンサムなお坊さんです。

僧侶が焼肉? しかも上座部仏教のミャンマーの僧侶が?

実は、自分が殺生したものでなければ、肉食は禁止されていないし、ましてやお布施で頂いた肉はありがたく頂くのだという。

と言うわけで、肉が大好物というお坊さんのために、我が家でも、「牛カルビ」「焼き鳥」それに「豚肉入りキムチ鍋」と、牛・豚・鶏の肉食フルコースをお布施させて頂いた。

お坊さん、たいそう気に入って頂き、キムチ鍋など7杯もお代わりをご所望なさったほど。

a0003150_647587.jpg


お腹がいっぱいになると、次第にうち解けてきて、会話もぽんぽん弾む。

日本でやりたいことは?
「シンカンセンに乗ってみたい」
するとミャンマー人の友人が「きのう、乗ったじゃない」
「え?」
「エノデン。あれも新幹線のお友達!」

日本で意外だったことは?
「海辺にはビキニを着た若い女性がたくさんいるって聞いてきたんだけど、エノシマの浜辺にいたのは鳥だけだった。残念だったよ」

てな調子で、冗談を言っては大笑い。

a0003150_6595218.jpg
a0003150_701073.jpg

a0003150_702297.jpg


それでも、帰り際には
「こうしてお目にかかれたのも仏様のお作りになった御縁です」
と、村一番の高僧の表情に戻って締めて頂いた。

ミャンマーと言えば、ご存知の通り軍政下にある国。
反政府運動に加わる僧侶も多いことから、僧侶の海外渡航は結構むずかしく、今回も空港に着くまでホントに来るのか案じていた。
そんなお国事情からは想像できないほど、ジョークを連発して笑いあうおおらかなミャンマーのひとたち。

スー・チーさんが解放されてもまだまだ国情安定の道のりは長そうだが、この明るさは希望の光に見えてくる。
[PR]
by shonanvil | 2010-11-15 06:48 | じゃらん日記NEW | Comments(2)