<   2010年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧
フクロウの木
a0003150_15113799.jpg


「不苦労」や「福郎」にも通じるというので縁起のいい鳥ともいわれるふくろう。
とはいってもふだんあまりみかけることの少ない鳥。

ところが、住宅街の公園の木にたくさん巣を作って住み着いている、というので、物好きにも2時間近くを掛けて、見に行ってきました。

JR相模線宮山駅から歩いて5分。相模の国の一の宮、寒川神社ちかくの住宅街にある中里公園。

滑り台があるような小さな公園に、不釣り合いな大きな木が一本。ここに去年の暮れ頃から9羽のフクロウが巣をつくっているというのだ。

a0003150_15123226.jpg


木の周りには、長玉のレンズをつけたアマチュアカメラマンがずらり。一番でっかい望遠を持ったおじいさんが「あそこにも、ほらあそこにも」と教えてくれた先を見ると、いた、いた。

a0003150_15125445.jpg


夜行性の鳥だから昼間はお休み中。目視できただけでも6羽が頭を羽根に埋めるようにしてあちこちに留まっている。

「森の賢者」と呼ばれ、ハリーポッターでもよく登場する真っ白なふくろうをイメージしていたが、ここにいるのはトラフズクと呼ばれる種類のようで、羽根が虎の縞のように見える。

「夕方になるとえさを探しに飛び立っていくよ」とおじいさん。

ふくろうは渡り鳥ではないけれど、寒い地方に住むトラフズクは、冬になるとえさを求めて南に移動するらしく、この公園に冬に現れるふくろうたちも、北の方からやってきたのだろう。

思いがけない場所で、思いがけないバードウォッチング。

a0003150_15132034.jpg


寒川神社参道の茶屋で、寒川門前だんごを食して帰宅。


ふくろう・トリビア

・ふくろうの首がよく回るのは?
ふくろうは眼球が固定されていて、眼を回すことができない。かわりに、頸骨が人間の倍あって、ベアリングのようにぐるっと首を回すことができる。

・夜でもよく見えるのは?
瞳孔が大きい。カメラで言えば大口径レンズを持っている。しかも網膜に弱い光に敏感な棹体細胞がたくさんある。つまり画素数が大きいのだ。さらに、両目が正面にあるため立体視が可能。遠くの物体を正確に把握できる。
ただし夜目が利くかわりに昼間はまぶしすぎるので、眼をつむったり細めたりしている。
ふくろうの眼の感度は人間の100倍と言われている。

・ふくろうの耳は地獄耳
両耳の耳穴が左右でずれた位置にあり、奥行きも違っている。このため音の奥行きが関知できる。しかも、よく見るとふくろうの顔はパラボラのようにくぼんでいる。これが集音器の役目を果たし、遠くの音もよく聞こえるのだという。すごい!

・ふくろうは忍者
羽毛が柔らかく、風切羽の周囲には綿毛が生えている。これが消音効果をもたらし、大きな音を立てずに羽ばたくことができる。獲物に気づかれずに近寄ることができるのだ。

なるほど、鷲や鷹ほど強者ではないが、高い情報収集力を持ち、戦略立案能力に長けた「森の賢者」の名前にふさわしい鳥なのだ、と納得!。
[PR]
by shonanvil | 2010-02-28 13:05 | じゃらん日記NEW
ヒマラヤ創作料理「バール=タラ」(信濃町)
a0003150_10152286.jpg


友人3人で、信濃町の駅前にあるネパール料理の店「バール=タラ」へ。

ネパールは大好きな国であるが、よく考えるとネパールでは白人たちと一緒にいることが多く、西洋飯以外は豆料理のダルバートくらいしか食べた記憶がなかった。

5時半の開店と同時に店に着いたが、店内は薄暗い。眼を凝らしてみると、いすを並べて店のスタッフが仮眠中。やがて我々の気配を感じたのか起き出してきたのが、ネパール人らしき2人のスタッフ。
休憩時間中に店で昼寝なんて、なかなかアジアらしいユルさでいい。

「大丈夫、大丈夫。もう起きるとこだったから」
人柄の良さそうな店長の笑顔に、すっかりネパールワールドに引き込まれ、期待感がいや増す。
a0003150_10282466.jpg
             店長のプルナグルンさん(左)と、ビクラムバラミさん
で、この店、結果的にはこの期待感が裏切られないどころか、大幅に期待を上回る店だったのだ。

最近都内のインドレストランには、たくさんのネパール人がコックとして働いていることもあって、インド料理とネパール料理はほとんど同じようなもの。そんな漠然としたイメージがあった。

ところがどっこい。メニューも調理法も独特で、なかなかうまい。

しかもこの店、素材へのこだわりもなかなかで、鶏は濃厚な味で評判の徳島の神山鶏。野菜は有機農業のメッカと言われる埼玉県小川町からの取り寄せだし、有精卵から岩塩まで、ほとんどの素材がナチュラル系なのだ。

しかも、店ではそんな説明をくどくどとするようなこともなく、家に帰ってネットで調べてみてはじめてわかり、おいしさの理由に納得した、という具合なのだ。


a0003150_10212496.jpg
マサラ・パパド。
豆のおせんべいにピリ辛ドレッシングの野菜が載ったもの。軽い喉越しのエベレスト・ビールビールに合う。
a0003150_10241744.jpg


a0003150_10215211.jpg
おなじみチベット小龍包の「モモ」。
ジューシーでモチモチ。皮は自家製の粉を牽くところから始めるらしい。

a0003150_10221897.jpg
チキンセクワ。
ネパール風焼鳥。炭火タンドリーで焼いた神山鶏。これぞ鶏、という味。

a0003150_10224060.jpg
タンドリープラウン。
カレー風味がいけるエビの炭火タンドリー焼き。

a0003150_1023427.jpg
マトンチョエラ。
羊肉をタンドリーで炭火ローストしてから、ピリ辛に合えたもの。ネワール人の大好物だとか。砂肝みたいで歯ごたえもあり、うまい!

a0003150_10233488.jpg
お供はインドワイン、「シャンティリ・シラーズ」。ラズベリーのような深い色。タンニンの渋さと甘さのなかなか重量感のあるワイン。

写真はないけれど、ホクホク甘みのあるチーズナンもベリーグッド。

駅前なのになぜかひっそりした隠れ家的存在。それもいい。

元気な店長プルナグルンさんと、日本に来てまだ間もないコックのビクラムバラミさん。オーナーはプルナグルンさんの奥さん(日本人)。そして有機野菜農場を運営し、小川町から野菜を直送してくれているのが奥さんのお兄さん、という連携もまたいい。


ネパール居酒屋「バール=タラ」
新宿区信濃町34トーシン信濃町駅前ビル B1
03-6457-4481
昼 11:30-14:30 夜 17:30-22:00 不定休
[PR]
by shonanvil | 2010-02-22 10:05 | おいしい店 (記事)NEW
国際村なう
a0003150_6421990.jpg


朝6:30現在、1.5センチくらいの積雪。もっと積もるかな?
[PR]
by shonanvil | 2010-02-18 06:42 | じゃらん日記NEW
路地の本屋
a0003150_702099.jpg


また来てしまった。
横須賀中央駅からひょいと細い路地を入ったところにある堀川書店。

a0003150_704960.jpg


「本が好きでねえ。ホントは教師になりたかったんだけど、終戦の混乱でいつのまにか本屋に。最初は路地の右側の店だけ。それじゃあやっていけないんで左の店にも広げたんだけど、売り場が二倍になっても売り上げが二倍になるわけじゃなかったね。」

客とご主人との会話を聞くとはなしに聞く。
闇市が次々と「マーケット」と呼ばれる小さな店の並ぶ連鎖商店街に生まれ変わった頃。
もう60年もこの古本屋は続いていたのだ。

相変わらずの爆安価格。
ジェフリー・アーチャーとアーサー・ヘイリーの未読本を4冊、合計120円で購入。

a0003150_711456.jpg


小銭を握ってダラダラと本の山から宝物さがしを楽しむ。駄菓子屋みたいな本屋だ。
[PR]
by shonanvil | 2010-02-10 06:54 | じゃらん日記NEW
雪の朝
a0003150_961965.jpg


ブルブルッ! さむ!

国際村の積雪は7センチほど。
朝早く所用で下の街に下りたが、例年通り国際村の積雪は下の倍はありそう。
凍結しなくてよかった。

これから軽く雪かきをして、東京へ。
[PR]
by shonanvil | 2010-02-02 07:32 | じゃらん日記NEW