<   2009年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧
ギボンの森へ
a0003150_18283774.jpg

ハーネスと呼ばれる吊り具と滑車。
この森に入るには、これを身につけなければならない。

そして、こんな感じで・・・

a0003150_18302776.jpg

a0003150_18383232.jpg

空を飛ぶ!  

動画では、こんな感じ。



はじめは怖いけど、慣れると痛快!

ケーブルを乗り継いで目指す先には・・・
a0003150_18391384.jpg

地上50メートルの樹冠につくられたツリーハウス。

ラオス北部の森林保護区。
ここに、3人のドイツ人と一緒に三日間滞在してきた。

a0003150_18394811.jpg


詳しくは、また機会を見てアップします。
[PR]
by shonanvil | 2009-10-28 18:39 | じゃらん日記NEW | Comments(4)
しばらく出かけてきます。
帰ったらまたご報告を。

a0003150_913964.jpg

[PR]
by shonanvil | 2009-10-17 09:02 | じゃらん日記NEW | Comments(0)
雲の上の街
a0003150_20431955.jpg


秋。国際村の夕暮れ時。

ふもとの子安の里に薄い霧が掛かって、まるで雲上の街のように見える。

a0003150_6203247.jpg

国際村の「客家円楼」。
a0003150_62149100.jpg

絶好の夕陽スポット。
a0003150_621690.jpg

秋の夕暮れ時を楽しむギャラリー多数。

日本の四季の中でも、ひときわ美しい時期を、たっぷり楽しみたい。
a0003150_622411.jpg

[PR]
by shonanvil | 2009-10-12 17:30 | じゃらん日記NEW | Comments(2)
ノンストップはまぐりの店
a0003150_1822281.jpg


青山一丁目。某ビルから見る新宿高層ビル群の夕暮れ。
これから始まる大都会の夜への期待が高まる。

今宵は、このビルにあるクライアント担当者と、ある仕事の打ち上げ。
出かけたのが、「焼はまぐり青山八番too」。
a0003150_1842789.jpg

なんと、席について飲物を注文すると、すぐさまお一人様4個分の焼はまぐりが出てくる。で、ストップを掛けるまで、次々と焼はまぐりが出続けるという、わんこそばスタイルの店なのだ。
a0003150_1835665.jpg

じゅうじゅう音を立てる大粒の焼き立てはまぐり。こりゃあうまくない訳がありません。ビールもワインも益々うまい。

もちろんはまぐりだけでなく、戻り鰹や鯛の塩辛(これが絶品!)、アグー豚の岩塩焼など、うまいもの多数。
a0003150_1851729.jpg

そして、締めはやっぱり「はまぐりの炊き込みごはん」。
思わずほおがゆるむおいしさ。
a0003150_1854176.jpg

仕事の完成直後に退職して英国留学に旅だったKさん。この仕事の中心的存在だっただけに、この素晴らしい打ち上げを知ったら、さぞ悔しがるだろうな。写真、送っちゃおうかな。
a0003150_18123966.jpg

「焼はまぐり青山八番too」
港区南青山1-10-2 MA南青山B1F
03-3475-1101
11:30-14:00(ランチ) 18:00-23:30(ディナー) 土曜日はディナーのみ
定休日 日曜・祝日
[PR]
by shonanvil | 2009-10-05 18:05 | おいしい店 (記事)NEW | Comments(0)
月見団子が一個多い・・・??
a0003150_9241886.jpg


日中の嵐も過ぎ去って、薄い雲の合間から、なんとも見事な十五夜の月が見え隠れする、素晴らしい秋の宵。

我が家でも、近所の野原で採取してきたススキを活け、月を愛でながら十五夜団子をテラスで楽しもうという趣向。

和菓子屋で買ってきた団子をピラミッド上に並べようとするのだが、どうもバランスがうまくいかない。きれいな四角錐にならないのだ。

変だなあと思って団子の数を数えてみると、なんと16個。これじゃあうまく並べられないわけだ。

15個入りを買ってきたのに、一個サービスしてくれたの? 
十五夜の月見団子に、一個サービスして16個って、なんなんだ、それ。

得した、とも思ったり、なんだか複雑にうれしい中秋の名月でした。
[PR]
by shonanvil | 2009-10-04 09:24 | じゃらん日記NEW | Comments(4)