<   2009年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧
期間限定 ラハマンさんのカレー500円
a0003150_13341419.jpg

横須賀上町のインド料理店「ベイリーフ」が、ランチタイムに6月限定で500円カレーを打ち出し中。

バングラデシュ出身のラハマンさんの本格カレーがこの値段は、びっくり。
相変わらずいい味出してます。

こちらは通常のランチメニュー
a0003150_1335359.jpg


ラズベリーラッシーもメニューに加わった。
a0003150_13352219.jpg


「ベイリーフ」
横須賀市上町1-45-5
046-821-1922
11:30~15:00(L.O14:30)
17:30~21:30(L.O.21:00)
定休日 月曜日
[PR]
by shonanvil | 2009-06-27 13:33 | じゃらん日記NEW | Comments(13)
TOKYO HAPPY HOUR
a0003150_1375833.jpg
恵比寿ガーデンプレイス39階からのTOKYO サンセット

酒を呑まない私にはめずらしく、3日連続の酒席。

恵比寿の博多もつ鍋屋、神楽坂の老舗、ガーデンプレイスの和食屋と、場所もメニューもいろいろ。

ビジネスミーティングから、友人の晴れがましい場、若い女性達(仕事仲間です)との飲み会、と場もいろいろ。

もっと呑めたら、もっと楽しいのにな。

やっぱり一番の酒肴は、親しいひととの会話です。

a0003150_1385467.jpg

ビヤガーデンの季節です。
[PR]
by shonanvil | 2009-06-27 13:09 | じゃらん日記NEW | Comments(0)
ディープ鎌倉

a0003150_93899.jpg
北鎌倉駅前、光泉の名物、稲荷寿司。
今泉台から散在ケ池に抜ける鎌倉秘境コースの出発前の腹ごしらえ。

昭和二十六年の開店。小津安二郎監督も愛した店で、いつもは行列が出来ていて、行列がないときは売り切れの時。
この日は行列がなく、あきらめ半分でのぞいてみたら、奥から「ありますよ」という声。

特大の揚げにつつまれた、甘さたっぷりの寿司飯。これは絶品、絶品! ディープな味わい。昔は店内でも食べられたが、いまはお持ち帰りのみ。

6個で650円。

a0003150_939664.jpg

散在ケ池(さんざがいけ)は、北鎌倉から今泉台を越えて3,40分歩いた先。
ここも鎌倉?と疑いたくなるほどの深い山。周囲の宅地開発にどんどん押し込まれて、自然密度も湿度もぐっと凝縮されたようなところ。
a0003150_9393440.jpg

「マムシに注意」の看板もリアリティがある。
じっとり汗をかいて、大船側の住宅地にたどり着き、バスで大船駅に。
わずか数時間のディープ・ネイチャートリップ。
a0003150_9405659.jpg

光泉
鎌倉市山ノ内501(北鎌倉駅前)
0467-22-1719
10:00~17:00(売り切れ次第閉店)
火曜日 休み
[PR]
by shonanvil | 2009-06-23 06:39 | じゃらん日記NEW | Comments(2)
ホタルの郷へ
a0003150_649216.jpg


いまにも降り出しそうで、なかなか降らない空模様の夕暮れ時。風もなく、ホタル出没の好条件が揃った。
今年初めてのホタル・ウォッチングに、葉山・上山口某所のスポットに出かけてみた。

実は先週末、「葉山ホタルの会」主催の観察会に出かけたのだけれど、集合地はナント100人を超える群衆で大混雑。
「ここ、私がずっと待ってた場所なんです!」なんて、あちこちで駐車スペースをめぐって大声を張り上げるシーンも。

これじゃあ、ディズニーランドのアトラクションを待つ行列。自然観察なんて雰囲気じゃない。この日はそそくさと退散。

で、仕切直しで出かけた昨夜。
私以外には誰もいません。
a0003150_6495789.jpg

森の入り口ですでに数匹のゲンジボタルがお出迎え。
光の軌跡を追いかけてどんどん奥に入るにつれて、その数が増え、ひめやかなホタルの里にひとり吸い込まれる。まさに桃源郷。竜宮城を訪れた浦島太郎の気分だ。

頭のすぐ上を誘うように飛ぶ妖精。
草むらでじっと点滅を繰り返すほのかな光通信。

a0003150_17101862.jpg

やがて、雷鳴とともに大粒の雨が降り出し、光の明滅もやんだところで引き揚げた。

よそ様の私有地で、しかも一年中ホタルの会の皆さんが保護活動を続けてくださっているからこそ見ることの出来る自然。それをちゃっかりいいとこ取りさせてもらっている後ろめたさ。

毎年そんなことを感じながらも、足を運んでしまう。
今年はこれで終わりにしようかな。
[PR]
by shonanvil | 2009-06-17 06:48 | じゃらん日記NEW | Comments(6)
どらやき、一番!
a0003150_2284266.jpg

知人のグルマン氏からの頂き物。
うさぎやのどらやき!

たまたま手元にあった岸朝子さんの「東京 五つ星の手みやげ」を開いてみたら、ありました!「東京で一、二を争うどらやき」と岸さんも絶賛の紹介文。
a0003150_229196.jpg

まず手に持ったときのずしんとくる重量感。期待感がいや増します。

おもむろに皮を割ると、なんとなんとすすっと縦に気泡が入って、ふんわりした霜柱のような断面に。もう垂涎、垂涎。

で、現れたのは、期待に違わぬあんこのボリューム。こんなあんこたっぷりのどら焼きは見たことがない。

もう我慢できず、がぶりと喰らいつく。ふわっとしてしかも適度な弾力のある皮と、柔らかく炊いた餡が、まあ見事にうまい。

お茶も飲まずにむしゃむしゃと喰らいつく。上品な味なのに、そんな食べ方がよく似合う。お腹にずしりと来るボリューム。いやあ満足満足。
[PR]
by shonanvil | 2009-06-13 22:09 | じゃらん日記NEW | Comments(2)
葉山の夏、始まってます!
a0003150_643898.jpg

今年も、こんな旗に吸い寄せられる季節です。

おなじみ葉山・大正屋。
アラパチ(アラウンド・エイティ)のご夫妻が営む昔ながらのかき氷屋さん。
a0003150_6433081.jpg

「開けないでいると、ガラス戸をドンドンって叩かれて、今年はまだですかって聞かれちゃうのよ。」
というわけで、今年も5月の連休からぼちぼち再開。
a0003150_6435553.jpg

密もアズキも自家製。おいしさももちろんだけど、ご夫妻の人柄に惹かれて通ってくる人もきっと多いに違いない。私もそのひとり。

客足がふととぎれたころ、まだ開けていないテーブル席に移って、あれこれ話し込む。

ご主人の撮影所時代の話を聞くのが、いつも楽しみ。
まもなく封切りの「劔岳 点の記」を監督したキャメラマンの木村大作さんとも一緒に仕事をしたことがあったよう。
「カメラ」じゃなくて「キャメラ」。往年の映画人なんだなあ。

氷が溶けるまで話し込む。
こんな風にして、葉山は夏を迎えてく。

a0003150_644229.jpg

[PR]
by shonanvil | 2009-06-12 06:44 | じゃらん日記NEW | Comments(6)
あじさい寺 鎌倉・明月院
朝、打合せに出かける途中に北鎌倉で下車。いまが盛りの「明月院」のあじさいを見る。
a0003150_9121477.jpg

明月院といえば、この風景。
ここに来ると、日本人の美意識を誇らしく思えるだなあ。
満月のような窓の向こうは、いま期間限定で公開中の奥庭。花菖蒲を愛でるひとでいっぱい。
a0003150_9131029.jpg

ヒメアジサイのほのかな色あいもさることながら、深く濃い緑も、うっとうしい季節のもやもやした気持ちを晴らしてくれる。
a0003150_915103.jpg
a0003150_916062.jpg

ただし、この時期、朝から結構混んでます。
a0003150_916348.jpg

[PR]
by shonanvil | 2009-06-09 07:16 | じゃらん日記NEW | Comments(2)
地図ロマン
a0003150_6222167.jpg


用事で新宿を通りかかったら、西口地下広場で開催中の「くらしと測量・地図」展に遭遇。地図フリークとしては、たまらないイベント。
a0003150_6225757.jpg

床一面には伊能忠敬の「伊能大図」実寸版が。ガリバーになった気分で日本列島を歩いてみると、三浦半島には「一色村」「秋谷村」など、おなじみの地名が。200年前に、伊能忠敬は測量しながらこの海岸線も歩いたんだなあ。

a0003150_6231876.jpg
床に這いつくばって地図に見入る人。気持ち、わかる!

a0003150_6234429.jpg
伊能が使った測量器械(これをゴロゴロ押して全国を歩いたなんて、気の遠くなるような作業!)や、

a0003150_6241239.jpg
3Dマップ。相模湾が思った以上に深いんだ、と驚く。

a0003150_6243696.jpg
そして古地図などの販売も。

地図ロマンを掻き立てられるイベント。また行きたいけど、残念ながら今日まで。

「くらしと測量・地図」展
国土地理院測量部など主催
新宿駅西口広場イベントコーナー
今日6/4 18時まで。入場無料
[PR]
by shonanvil | 2009-06-04 06:24 | じゃらん日記NEW | Comments(8)
いい天気には、海ごはん 鎌倉・七里ヶ浜 bills
a0003150_9294587.jpg


夏のように晴れ上がった日。
鎌倉で打合せの予定が入り、こんないい天気なら湘南の海を見ながらってのもいい、と、七里ヶ浜のbillsへ。

ディカプリオがシドニー滞在中は毎朝のように通ったとかで、「世界一おいしい朝食」というので有名になった店。
a0003150_9302955.jpg

開店当初は3時間待ちだったというけれど、ランチタイムでも待ちなしで入店。
ラウンジ席に案内されたが、テラスが空いたのでそちらに移動。

目の前がどーんと海。サーファー達が波待ちをしているのを眺めながらの食事は、ゴールドコーストにでもいるようないい気分。
a0003150_9305321.jpg

ただし、眼下の国道を大型トラックが頻繁に行き来して、会話にも困るくらいのうるささ。
静かに食事をするなら店内の方がいい。

昼時なのにどのテーブルも、この店人気の朝食メニューをオーダーしているのは、ちょっと笑ってしまう。
というわけで、ひねくれてランチメニューからオープンサンドとリングイネをオーダー。
a0003150_9311883.jpg

a0003150_9313665.jpg

サービススタッフはゆるめ、というか気の利かないサービスでイマイチだけれど、味は開放感のあるおいしさ。外の景色との相乗効果抜群だ。
隣のテーブルの朝食メニューもやっぱり気になって、リコッタチーズのパンケーキを追加オーダー。「世界一の朝食」かどうかは疑問だけれど、ほかにはない味を楽しめるのは確か。
a0003150_932016.jpg

日本国内でのオペレーションは、いまノリノリのTRANSIT GENERAL OFFICE。明るく、気取らず、ゆったりできる。今時の湘南デートには、なかなか良さそう。
a0003150_9324871.jpg

bills
鎌倉市七里ヶ浜1-1-1 WEEKEND HOUSE ALLEY 2F
tel:0467-33-1778
OPEN:日~木 9:00-22:00(L.O 21:00)・ 金・土・祝前日 9:00-23:00(L.O food 21:00 - drink 22:00)
駐車場(有料)有。
[PR]
by shonanvil | 2009-06-02 07:32 | おいしい店 (記事)NEW | Comments(4)