<   2007年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧
雷鳴轟く
a0003150_21161377.jpg
29日21時現在の三浦半島。
大雨洪水警報、雷注意報と、三連発。
先週の逗子花火10分5500発を凌ぐ雷鳴の連続に、我が家の飼い犬がまた興奮してテラスのラティスを破壊中。
a0003150_2116292.jpg

[PR]
by shonanvil | 2007-07-29 21:16 | じゃらん日記NEW
梅雨前線、最後のあがき
a0003150_2059515.jpg
なかなか梅雨が明けませんなあ。
夕刻になっても湿度充満の湘南国際村グリーンパーク。
相模湾もかすんで見えません。
鬱陶しい夜になりそうだ。
[PR]
by shonanvil | 2007-07-26 21:00 | じゃらん日記NEW
葉山B-1グランプリ
a0003150_20334423.jpg
台風が過ぎた16日「海の日」の葉山・大浜海岸。
目の前の海では、文字通り台風の「余波」を狙って、たくさんのサーファーが波待ち中。

こちらは、恒例の葉山B-1グランプリ。
ビーチクリーンと砂浜の格闘技ビーチフラッグを組み合わせたエコロジータイプのイベント。
最後の抽選会まで、しっかり盛り上がった。

ご町内のイベントをビーチで出来る町。うらやましいね。
a0003150_20323860.jpg

[PR]
by shonanvil | 2007-07-16 20:33 | じゃらん日記NEW
肩すかしの晴れ間
a0003150_2013015.jpg
こんな予報はずれなら大歓迎!
これから台風大接近、と思ったら、なんと輝く陽の光。
[PR]
by shonanvil | 2007-07-15 20:12 | じゃらん日記NEW
来週、葉山は変わる
a0003150_6114147.jpg
来週、葉山・森戸界隈には新しい店が続けてオープン。

16日には、葉山館1Fにいよいよ「スターバックス」が開店。
a0003150_6121816.jpg

そして19日には、そのすぐ近く、森戸海岸にたった4室のデザインホテル「SCAPES」がオープンする。
ウエディングプロデュースの会社「ポジティブ・ドリーム・パーソンズ」の運営で、ウエディングを中心としたホテルだが、1Fには一般のひとも利用出来るフレンチのレストランが入る。
a0003150_6123935.jpg

店内はちょっと普通のレストランの眺めと違ってびっくり。広いスペースにテーブルは4つだけ。あとは低いソファーが並ぶ。
正面に海が広がり、左手はこれまた広いオープンキッチン。なんともゆったりした店だ。

シェフは、恵比寿のフレンチ「ル・レストラン・ドゥ・レトワール」のオーナーシェフだった三鴨朋典さんだそう。
恵比寿の店には前に行ったことがあった。
パリの有名店に長くいたひとで、田中康夫が著書の中で「東都で輝く孤高の星(エトワール)」と書き、お気に入りにしていた店だったようだ。

こりゃあ、葉山でも一、二の本格フレンチの店になりそうだ。
[PR]
by shonanvil | 2007-07-14 06:12 | じゃらん日記NEW
国際村上空に暗黒の巨大未確認物体!
a0003150_16433265.jpg


国際村上空、午後4時。

映画「インディペンデンス・デイ」の巨大宇宙船を彷彿させる、暗黒の未確認物体が空を覆った。

ちょうどいま梅雨前線が南関東を通過中とか。
こいつがその正体か?
[PR]
by shonanvil | 2007-07-11 16:43 | じゃらん日記NEW
涼しくなるのを待って、デッキパーティ
a0003150_22141959.jpg
夕方から国際村内のSさん宅で小さなパーティ。
村の中でも一番緑の多いところ。
デッキからの風景は、まるで信州あたり、いやフォンテーヌの森の中。

パリ暮らしの長かったジャーナリストの家らしく、家のつくりもライフスタイルもまったくあちら風。フランスから持ち帰ったランプのために、壁にフランス型のコンセントが付けられているのにはびっくり。

集まった9人のうち、5人がアメリカ、イギリス、フランスなどで長期海外生活をしてきたひと、というのもすごい!

欧米人と日本人の自然観、歴史観の違いから、フランスチーズの話まで、あっという間に6時間。お開きの時には日付が変わっていた。
「まだまだ。フランスの夜はこれからよ。」
これが70ウン歳のご婦人の言葉だからすごい。

人生の先輩の方々の話をじっくり聞くのは楽しい。
a0003150_22143543.jpg

[PR]
by shonanvil | 2007-07-08 22:13 | じゃらん日記NEW
逗子の黒門
a0003150_21362270.jpg
逗子6丁目といえば、明治から大正にかけて外国人や軍人、経済人などが競って海浜別荘を建てたところ。

その一角にある、第十五銀行の頭取を務めた成瀬正恭が別荘として建てた「黒門」と呼ばれるお屋敷に初めて入ることが出来た。

広い敷地内に、別荘時代を彷彿させる建物は茶室くらいしか残されていないが、何本もの黒松が、往時の“海浜保養地”の面影を残す。

で、驚いたのは、一番海側になんと一段と高くなったバーベキューガーデンがあって、1時間500円+入場料ひとり100円で借りることができるのだ。
a0003150_22204030.jpg

目の前に広がる逗子海岸を見下ろしながらのバーベキュー。
かつてこの屋敷にお世話になっていたという菊池寛や芥川龍之介も、きっと同じ光景を見ていただろうなんて想像すると、なかなかセレブなバーベキューになりそうだ。
ただし、夏はもうほとんど予約で一杯らしいけどね。

黒門カルチャーくらぶ
逗子市新宿1丁目4-7
[PR]
by shonanvil | 2007-07-04 21:36 | じゃらん日記NEW