<   2007年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧
盗掘か? 偽物か? 始皇帝の兵馬俑が日本にあった!
a0003150_9392437.jpg
えらいもんに出くわした。
愛知県知多半島の美浜。田圃道をぐんぐん入っていったその先に、ぽつんと建つ木造の蔵のような建物。
その中にまさか、秦の始皇帝の兵馬俑が眠っているとは。

前の晩、内海温泉の宿で地元のタウン誌をペラペラとめくっていたら、
「門外不出の超お宝がなぜか知多の山中に!」という記事が目に飛び込んできた。
写真を見ると、中国・西安で公開されている兵馬俑そのままの立派な土偶や、始皇帝の行列を再現した銅馬車が、巨大なガラスケースに収められて陳列されているではないか。
こりゃあ、行ってみないわけにはいかない。さっそく明くる朝、車を飛ばして行ってみた。

これだけのお宝があるというのに、近くまで行ってもそれらしき気配はどこにもない。
もし本当にあるとすれば、毎日行列ができるほどの施設になるはずだ。
近所の喫茶店でモーニング(余談だが愛知の喫茶店のモーニングは半端じゃない!) を取りながら店の人に聞いてみると「ああ、そんなところがあるとは聞いたことがあるけど。いまはもうやってないんじゃないの?」などとつれない返事。ありゃ、無駄足だったか。

ま、ともかく行くだけ行ってみましょうと、カーナビを頼りに車を進めると、谷間をどんどん進んだ先にそれはあった。
「美術の森」という看板が出されたなかなか立派な建物。が、受付には人気がない。喫茶店の人が言ったとおりもう閉館しているのだろうか。引き返そうかと思っていたところに1台の車が入ってきた。

「いやあ、すみません。町議会選挙に立候補することになってしまったんで、出かけとったもんで。」
そう言って車から出てきたのは、館長の加藤さん。一緒に戻ってきた奥さんと二人でこの「美術の森」を運営しているのだという。

入館料1200円に一瞬足が止まったが、ともかく、中を見せてもらうことに。
木戸を開けて中に案内されて、また足が止まった。
入ってすぐのホールに、立ち姿と膝を立てた姿の2体の兵馬俑が、堂々と凛々しく陳列されていたのだ。それは、テレビや写真集で何度も見た秦の始皇帝の兵馬俑そのものの、圧倒的な迫力だった。
a0003150_940636.jpg


そしてその奥には、さらに大きなスケールで展示される、全長7,8メートルもある銅馬車。どちらも巨大なガラスケースに入れられ、美術館照明が施された、立派な展示。
なぜ、こんなものがこんなところに。その存在感に圧倒されて、しばらくは声も出ない。
a0003150_9403028.jpg


それから1時間あまり。館長が付きっきりで、展示品を案内してくれた。
秦の国の歴史、始皇帝の活躍・・・。いやいや、そんな話はどうでもいい。いったいどうして、こんなとんでもないものがこんな田舎町にひっそりとあるのか。知りたいことはその一点だ。

「入手経路は言えません。というよりも、私はあえて聞かなかった。これだけの貴重なものだから、関わった人は命がけで持ち出したに違いない。経路を知ってしまうと、どこでどう漏れてその人たちに迷惑を掛けてしまうことになりかねませんから。」

しかし、これが本物かどうか、疑わなかったのか?

「この情報を私にもたらした人は、長年のつきあいもある信頼できる人でした。私自身、美術品や骨董の世界に長く身を置いてきましたが、一目見てこれらのすばらしさに惚れ込んでしまったんです。
それにね、西安で兵馬俑が発見されたのは1974年。私がこれを入手したのはそれより前なんです。模造品の作りようがありません。」

な、な、なんと。この話が本当なら、西安での歴史的大発見の前に、どこかで誰かによって発掘され、巡り巡って日本にやってきた、ということになる。
もっとも、当時の中国は1968年の文化革命のあとの混乱のまっただ中。なにがあっても不思議ではない状況だったことは確かだ。歴史資産が破壊されたり、あるいは破壊をさけて国外に持ち出したりしたことも結構あっただろう。
a0003150_941551.jpg
             来場者に丁寧に解説をしてくださる館長

調べてみると、日本国内で同じような兵馬俑や銅馬車が展示公開されているところが何カ所かある。NHKの見学者コースにも、中国政府から送られたレプリカが展示された時期があったようだ。西安では、優れた芸術家が集められて兵馬俑のレプリカを作るチームも作られているという話も聞いたことがある。
ここの展示品もそうしたレプリカのひとつである可能性は否定できない。

「ひとつひとつの細かな仕上げや表情の豊かさを見ると、本物か偽物かなんて議論が起きる余地すらない感動があります。私は、この感動を多くの人に伝えたいと思って、この展示を始めたんです。」

見たまま感じたまま、真贋を見極めてくれればいいという館長の言葉の通り、自分でなにを見つけ感動するかに掛かっている。
1200円の入場料を無駄金とするか、生きた感動のコストとするかは、その人の生きてきた道のりや価値観といった、人の資質そのものが答えを出す、という訳なのだろう。
館長のこの考えに、妙に賛同した私だった。

兵馬俑と銅馬車「美術の森」
愛知県知多郡美浜町布土半月85-1
0569-82-3500
9:30~17:00 不定休
[PR]
by shonanvil | 2007-03-30 23:51 | じゃらん日記NEW
「masaざしの間」誕生
人気ブログ「Kai-wai散策」のフォトグラファーmasaさんの、街や人を見るまなざしに惹かれている人は多い。
光と闇の間の微妙な朧(おぼろ)の中に、温かさや優しさや寂しさがあって、フーゥとため息をつきたくなる写真が多いのだ。

そんなmasaさんの写真にぐるりと取り囲まれるという異空間体験のできる場が、ついに誕生した。
a0003150_16252566.jpg

六本木に開店したさくら肉の店「田谷」。和モダンな店の中の常連客のために用意された一室がそれ。
壁面いっぱいに300点ものmasaさんの写真がコラージュされている。
ブログファンにはおなじみの、侘び錆写真や千駄木界隈の風景が切り取られた写真。
一点一点は見覚えのある写真でも、一面にコラージュされて広がると、まるで違う世界観が生まれてくることにびっくり。
a0003150_1626517.jpg
masaさんの写真の感性もさることながら、設計の安田喬さん、インテリアデザインの村上雅勇さんの空間としてまとめ上げる力量にもすごさを感じた。

この店の売りはもちろんこの部屋だけでない。まるでステージのような厨房で腕をふるうオーナーの田谷和典さんと、
a0003150_16271426.jpg

「田谷」自慢のきわめて上質なさくら肉。
a0003150_16273019.jpg


大人の街六本木の地下。masaさんの街へのまなざしの温かさに浸る「masaざしの間」で「馬さし」を、なんておやじギャグも捻りたくなる、そんなおしゃれでゆるい時間が楽しめる空間だ。

これ、レセプションゲストに手渡された開店記念品。
a0003150_1628673.jpg

さくら肉にちなんでコードバン(馬革)のカードケース。こんなところにも店の品格とおしゃれさを感じさせてくれる。

鉄板焼 さくら 「田谷」
港区六本木 5-18-20 六本木ファイブビルB1F
TEL: 03-5561-6700
昼: 12:00-15:00 夜: 18:00-24:00
定休日: 日曜・祝日

 
[PR]
by shonanvil | 2007-03-29 16:28 | じゃらん日記NEW
おいしい店 乃木坂・デンマーク料理「カフェ・デイジー」
a0003150_2294248.jpg
おいしい。からだに優しい。そして美しい。
日本でおそらくここだけ、というデンマーク料理の店でランチを。

オーナーはデンマーク人のヤコブ・イェーラさん。開店してもう12年。
煉瓦の壁に木をたくさん使った内装。一段下がったテラスには、大きなストーブが燃える。
北欧らしい素朴で家庭的な店。

ランチは、スープ(この日は下仁田ネギのスープ)かサラダに、
a0003150_22101140.jpg
サーモンのピンク色が鮮やかなデンマーク風オムレツや、
a0003150_22102234.jpg

スパイシーで歯ごたえのあるミートボールなどのメイン、
a0003150_2210378.jpg

この店自慢のアップルパイのデザート、コーヒーがついて1500円。
a0003150_22105581.jpg


使われる器はすべて「ロイヤル・コペンハーゲン」。特に人気のブルーフルーテッド メガシリーズというのも、なかなか楽しませてくれる。

カフェ・デイジー
港区六本木7-3-22 六本木やまうちビル1F
03-5411-0253
11:30 -22:30 無休
※営業時間、定休日などは変更になっている可能性もありますので、直接お店に確認を。
[PR]
by shonanvil | 2007-03-21 22:11 | おいしい店 (記事)NEW
おいしい店  横須賀上町「天然うなぎ千年屋(ちとせや)」
a0003150_1820972.jpg
ふっくらしていながら、しっかり歯ごたえを残した蒸し上がり。
甘さのほとんどない、きっちりした上質の醤油の深さのあるタレ。
うーん、これはやられた!
そんな、普通と違ううなぎ体験ができるのが「千年屋(ちとせや)」だ。
a0003150_18204379.jpg

元魚屋がうなぎの魅力にはまって、うなぎ屋になってしまったというご主人。
浜松、鹿児島、四万などの国産うなぎだけを使い、唐津「宮島醤油」の濃い口醤油で仕込んだタレを備長炭で焦がした、キレのある、きりりとしたうなぎとでもいうのだろうか。

甘ったるくふにゃけたうな重と一線を画した味に驚かされてしまった。

壁を見ると森繁久弥氏の書。入り口そばには「美味しんぼ」の雁屋哲氏の色紙。
来たことがある、どころかご主人とは何十年来のつきあいなのだそうだ。
a0003150_18213951.jpg


写真は上(2650円)。お腹が空いていたので特上3200円を頼んだら、
「よっぽど鰻の好きなひとなら特上でもいいけど、結構量があるよ。上くらいがいいんじゃないの?」とご主人に言われ、従うことに。
たしかに、肉厚のうなぎは食べ応えたっぷり。

こんな近くに、食通も足繁く通ううなぎ屋があったとは。

「千年屋 (チトセヤ)」
横須賀市上町2-46
046-822-4459
京急本線横須賀中央駅より衣笠方面に徒歩10分 
12時~14時(LO)、16時~20時(LO)
火曜定休

※営業時間、定休日は変更の可能性あり。出かける前に必ずお店に確認を。
[PR]
by shonanvil | 2007-03-18 18:21 | おいしい店 (記事)NEW
ネパールのカレンダー
a0003150_9182973.jpg
湘南国際村の中でもひときわ目立つ、宇宙船が舞い降りたような形の建物。それが「地球環境戦略研究機関(IGES)」。

ここにネパール政府から派遣されてきている研究員Nさんが、まもなく任期を終えて帰国、というわけで、奥さんも一緒に我が家でお茶をすることに。

待ち合わせたIGES3階の彼の研究室は、3方に視界が開け、相模湾と富士山が一望のもと。すばらしい研究環境。

「ネパールには高い山はあるけれど海がない。ここからはその両方が見えるんです。」
なかなかお気に入りの研究室だったようだ。

Nさんのデスクに貼られた極色彩のカレンダーを見つけて見入っていたら、「もう不要なのであげましょうか?」
a0003150_9185320.jpg

ヒンドゥーの神様が描かれたネパール特有のヴィクラム(Vikram)暦のカレンダー。日曜日ではなく土曜日が赤くなっている。政府役所や公立学校などは土曜日が公式な休日だ。

ネパールには数年前に一度だけ行ったことがある。
信仰に厚く、人々の笑顔がいい国。
「カルマ(縁)」の結びつきやネパールらしい習慣などの話を聞きながら、楽しいお茶の時間となった。
[PR]
by shonanvil | 2007-03-16 09:18 | じゃらん日記NEW
虹の彼方に
天気予報が大はずれしていっこうに晴れてくれない日曜日の午後。
そんなもやもや気分を、夕暮れ時に突然現れた虹の美しさが、ぱっと晴らしてくれた。

a0003150_18182360.jpg
                      @湘南国際村配水塔
[PR]
by shonanvil | 2007-03-11 18:20 | じゃらん日記NEW
焼きたてパンのシアワセ「プレドール」
a0003150_949317.jpg
久しぶりに葉山「ブレドール」のモーニングへ。

焼きたてのパンがつぎつぎとサーブされ、スープかサラダに珈琲付き(お代わり自由)で1050円。
これを目当てに来る人たちでいつも満席&行列。

でも、時間の狭間というか、ふと客足がフェイドダウンする時間帯があるんだな。
a0003150_9493795.jpg
ご覧のように、空席の目立つ店内で、御常連のヘミングウエイ似の外人さんがゆったりと雑誌を読んでいたりする。
え? 何時頃? それは、足繁く通って発見してくださいな。(なんて、ほんとは不定で、よくヨミがはずれるんです。ただし、週末はもちろんいつ行っても行列です)
a0003150_9495496.jpg
a0003150_9502361.jpg


「ブレドール」
葉山町一色657
046-875-4548
07:30~19:00 火休
モーニングは7:30~11:00
[PR]
by shonanvil | 2007-03-10 09:50 | おいしい店 (記事)NEW
「六本木アートトライアングル」
a0003150_1435080.jpg
20年近くも仕事場を置いて通っていた六本木。最近の様変わりはすごい。
とくに最近の話題は「六本木アートトライアングル」ができたこと。

六本木ヒルズの「森美術館」に続いて、今年1月に「国立新美術館」が誕生。そして今月30日には、防衛庁跡地の東京ミッドタウンにサントリー美術館がオープンする。
上野に次ぐ東京のアートのメッカが誕生するというわけだ。

ところが、トライアングルといっても、頂点の3つの大型美術館だけじゃないところが、六本木の面白いところだ。
実はそのトライアングルのほぼ中心点に、なかなか渋いアートスポットがあったのだ。
といっても発見したのは私ではなく、散策の巨匠masaさん
a0003150_1442224.jpg

今年1月に12年の幕を閉じた「六本木ベルファーレ」のすぐ前に建つ「GRACE」のビル。
ここの壁面いっぱいの垂直庭園。金沢21世紀美術館の「緑の壁」の作家、パトリック・ブラウの作品そのままの、あっと驚く景観を作り出している。
(調べたら、パトリック・ブランの代理店ではなく、他の業者による施工だった模様。しかし、六本木のど真ん中に屹立する垂直草原は、なにやら原始自然から都市へのメッセージのようで、アート的インパクトは強烈!)

このトライアングル中心点から、いま最終仕上げ工事中のミッドタウン前を通り過ぎ、「国立新美術館」へ。
a0003150_145291.jpg

波打つガラスのウォールカーテンの壮大な建築は壮観。設計はいま話題の黒川紀章氏。
開催中の「異邦人たちのパリ1900―2005 ポンピドー・センター所蔵作品展」も、見応えたっぷりで圧巻。
a0003150_1452941.jpg
パリのポンピドー・センターは、開館直後に行ったきりだから、もう30年前になる(歳がバレます)。
「エコール・ド・パリ」華やかし頃にパリに集まった作家たちの元気のいい作品は、時間を忘れるほど楽しませてくれる。

いまどきの美術館らしく、館内にはレストラン(しかもポール・ボキューズ! 連日長蛇の列)やカフェ、ミュージアムショップも充実し、同時にいくつもの展覧会が開催されているから、丸一日楽しむことだってできる。
せっかく大人の街六本木にあるのだから、夜遅くまで開館していると、もっとおしゃれなのにね。

「異邦人(エトランジェ)たちのパリ 1900 - 2005 ポンピドー・センター所蔵作品展」
2月7日(水)~5月7日(月)日 火曜日休館
国立新美術館 企画展示室2E
観覧料:一般 1,500
東京都港区六本木7-22-2
03-5777-8600
開館時間 10:00~18:00(入館は17:30まで)
[PR]
by shonanvil | 2007-03-09 14:00 | じゃらん日記NEW
梅は散ったか、桜はまだかいな。
二宮の梅園に一度行きたいと思いながら、もう梅の季節もおしまい。

梅園のある徳富蘇峰記念館に電話を入れると、「ぜひいらっしゃいと申し上げるほど咲いてはいませんが、まだ少しございます。残り香ならお楽しみいただけるかと。」というご丁寧な案内。
その丁寧な対応に惹かれて出かけてみることに。

なだらかな斜面に、年月を経た梅の老木が。どの木も、もう18分咲き?
a0003150_11332718.jpg
a0003150_11334767.jpg

桜のようにぱっと咲いてぱっと散る、その潔さがある訳ではないので、やっぱり、梅は3分か5分の、これから咲くぞ! という芽吹きの勢いのあるうちが美しい。

電話で丁寧な対応をして頂いた蘇峰の縁者という方に「徳富蘇峰記念館」をこれまた丁寧に案内して頂いたあと、本日のもうひとつのメインイベント、「湘南くいだおれ」のsugareeさんご推奨の二宮駅そばの「山小屋」でランチ。

チーズたっぷりのドリアやグラタン、
a0003150_1134841.jpg

そしてフルーツ、アイスクリーム、ソース、トッピングが自由にチョイスできるパフェなど、確かにうまい。
a0003150_11342953.jpg


山小屋風の木造の店内。窓の外の路地にはお稲荷さんの小さな赤い鳥居や行き交う人の姿が見えたりして、なんだか不思議に居心地がいい。
a0003150_11344446.jpg


そして一番の魅力は、ご主人の、元気がもらえるような明るく気持ちのいいサービス。お手伝いの娘さん目当てにやってきてカウンター越しにあれこれアタックを掛ける常連の男性。
なんだか、倉本聰の書くドラマを見ているような、のんびり温かい地方の駅前珈琲店。

この店のおかげで、家からたった1時間あまりのドライブなのに、すっかり旅気分。

軽食・喫茶「山小屋」
二宮町二宮222
0463-72-4941
10:30~21:00 水曜休

※例によって、営業時間など再確認の上お出かけください。
[PR]
by shonanvil | 2007-03-05 11:34 | じゃらん日記NEW
小島烏水(こじまうすい)とは....
a0003150_8251979.jpg
横浜・関内にある「横浜メディアビジネスセンター」は、神奈川県内の新聞社、テレビ局、FM局などの本社が大集合している情報発信センタービル。
テレビスタジオや、かつて江川昭子さんも在籍した新聞の編集局、それに大学のセミナー教室までが、フロアごとに縦並びしたビルなんて、東京にもちょっとない。
(神奈川県民にとっては、このビルの1階カフェから毎日昼時に生放送される「ハマランチョ」でもおなじみ)

で、そこで打ち合わせが終わったら、新聞社のスタッフから横浜美術館で開催中の「小島烏水(こじまうすい)版画コレクション展」の観覧券を頂いた。
閉館まで1時間。大急ぎで入館。
a0003150_8255873.jpg


小島烏水は名前くらいしか知らなかったが、これがなかなかすごい人。
パンフにあるように、銀行員(横浜正金銀行のシアトル支店長)にして、アルピニスト(日本山岳会の創設者)。作家(紀行文学家・文芸評論家)にして稀代の美術コレクターという、明治のスーパーマン。
(これがアルピニスト姿の烏水。かっこいいおじさん!)
a0003150_82615100.jpg


今回は、その小島烏水の版画コレクションの中から250点の展示。
これがまたすごい。
北斎から国芳等の浮世絵、デューラーからピカソ、ゴッホまでの西洋版画をこれでもかというほどのコレクション。
数だけでなく、見応えのあるいい作品が多いのだ。
いやあ、たった1時間で回るにはホントにもったいない、充実のコレクション展でした。

a0003150_8264646.jpg
美術館を出ると、そこにはまた見事な横浜のラグジュアリーな夜景世界が。
横浜は、なかなかやってくれます!

「小島烏水版画コレクション展」
みなとみらいの横浜美術館で、4月4日まで。
045-221-0300
10時ー18時 毎週木曜日休館
一般1000円
[PR]
by shonanvil | 2007-03-04 08:26 | じゃらん日記NEW