<   2007年 02月 ( 16 )   > この月の画像一覧
The sunset for two

a0003150_8245963.jpg
なにかドラマがはじまりそうな、見事な夕暮れ・・・・。

真ん中の窓の映り込みは、嫉妬の炎?
a0003150_8193442.jpg

[PR]
by shonanvil | 2007-02-27 08:20 | じゃらん日記NEW
バクテーズ in ランテルナロッサ(逗子)
a0003150_16294684.jpg
バクテー(肉骨茶)は金土のランチタイムだけなのに、オーナーの古川さんに無理を言って土曜の夜に用意して頂き、バクテー愛好者の集まり「バクテーズ」を久々に開催。

「ランテルナロッサ」は、ご存じ逗子にあるイタリアン・ワインバー。
イタリアンにどうしてバクテーが? という疑問はこちらで解消して頂くとして、今宵はマレー風焼鳥サテからスタート(羊の串焼。写真上)。

これでびっくりしていたら、本日の主役バクテーがドドンと大鍋で登場。
a0003150_163053.jpg
さらに、海南鶏飯(茹鶏と茹で汁で炊いたジャスミンライス)、ビーフレンダン(牛肉のココナッツカレー煮込み。写真下)と、マレーシア・シンガポール料理ファンなら垂涎のメニューをこれでもかと用意して頂いた。
a0003150_1633481.jpg

店の前を通りかかったひとは、時ならぬアジアンハーブの匂いに、アジア料理屋に変わっっちゃったと思ったかもしれないね。

ところがどっこい、当店名物のトリッパの煮込み(牛のハチノス。これが独特の食感で、モツ大好きな私には堪らないうまさ)
a0003150_16341782.jpg
そして鴨のクロスティーニ(鴨肉ペーストのカナッペ)など、本来の「ランテルナ・メニュー」もちゃんと登場。

オーナーに選んで頂いたワインはトスカーナの赤「エバ」から始まって、同じく赤の「 ロッソ・ディ・モンタルチーノ」へ。
普段はほとんど飲めない私ですが、いやあそのおいしさにグイグイいってしまいました。(古川さん、銘柄、あってますか? いい気持ちで記憶が怪しくなってましたので!)

これらメインディッシュに加えて、趣味人各位のおもしろトークに、オーナー古川さんのさらに
輪を掛けた趣味の広さ深さというサイドディッシュが加わり、たっぷり4時間、店を占領しての大盛り上がりバクテーズとなった。

今回のメンバーは、横浜からカークさん、地元組のこうきさん夫妻、3Gさんまかべさんとじゃらん堂の6人。直前に参加できなくなったmasaさん、さちさん、他の飲み会と重なってしまったたくさん、まっこと残念でした。また一緒に行きましょうね。

ランテルナロッサ
逗子市逗子6-5-9
046-872-2045
月から土18:00~23:00
日曜定休 日月連休の場合は月曜日がお休み
金土ランチ
12:00~売り切れ終了(14:00ぐらいまで)

※詳細は変更される可能性もあります。かならず事前に確認してからお出かけください。
[PR]
by shonanvil | 2007-02-25 16:35 | じゃらん日記NEW
三浦半島「隠れ家ビーチ」
a0003150_15172848.jpg
三浦半島一番のお気に入りビーチ、といえば、三戸浜。

三戸集落の細い道を抜けると、突然ぱっと視界が開けて、穏やかな海と浜が広がる。
こんなアプローチの楽しさは、ここを置いて他にない。

小さなホテルがふたつある他はなにもない。
シーズンオフには、人影もほとんどなし。

ときどき、ビーチ脇の駐車場に海向きに車を停めて、波の音を聞きながら本を読む。
コーヒーはポットで持参。

いい日差しが車の中に入り込んで、そのうちウトウト・・・・。
そんな至福の時間が楽しめる場所だ。

たまに、ビーチの先の岩場で、ヒーロー物のロケをやってたりして・・・・。
a0003150_15174815.jpg

[PR]
by shonanvil | 2007-02-24 15:17 | じゃらん日記NEW
春の日カレー
a0003150_23124881.jpg
気持ちのいい春の空。

こんな時は、ここです!
a0003150_2313723.jpg


ご存じ、久留和海岸の「あっぷーがる」。

ジャケット不要の暖かさ。
テラスで海からの照り返しを浴びながら、シーフードカレーを食す。
ああ、春です。
a0003150_23132998.jpg

[PR]
by shonanvil | 2007-02-21 23:13 | じゃらん日記NEW
ついに湘南にも「肉骨茶(バクテー)」登場!
a0003150_214589.jpg
逗子のイタリアンワイン&バール料理の店「ランテルナ・ロッサ」のオーナー古川さんから、「ランチで肉骨茶(バクテー)をはじめました!」という、飛び上がりたくなるお知らせを頂いた。

といってもこの店、アジアンフードの店ではありません。
夜はトスカーナワインの店だけれど、ランチは何でもあり。世界中を旅してきた店主がおいしいなあ、またたべたいなあと思った物をどんどん取り入れる。
しばらく前に、シンガポール・マレーシアの屋台飯である海南鶏飯(ハイナンチキンライス)が登場したと思ったら、こんどは肉骨茶。どんどんディープになっていく。

で、早速伺って、ロッサ版バクテーにご対面。
a0003150_1144394.jpg

うーん、さすが探求心の旺盛な古川さんらしく、なかなか渋いバクテーに仕上がっています。
スープはいわゆる福建系の黒系。けれどこってり感を強調せず、甘みも押さえたさっぱりすっきりした味になっている。

骨付き豚肉は圧力釜で下ごしらえがしてあるので箸で突くとほぐれるほどの柔らかさ。大ぶりの椎茸と厚揚げが入っているのがロッサ風。

もう一つのアジアンメニューである海南鶏飯(ハイナンジーファン)。
a0003150_11551533.jpg
ショウガソースの掛かった茹鶏はうなるほどうまく、肉も増量されたようす。鶏のスープでふっくら炊きあげたチキンライスも、深い味わいで口福感たっぷり。イタリアンパセリが振りかけられているのが、イタリアンの店としてのこだわりか。

肉骨茶(バクテー)と海南鶏飯が食べられるのは、今のところ金曜土曜のランチタイムだけ。常連ファンがたくさん押しかけて、売り切れが続いているという。
(日によって、肉骨茶はあったりなかったり。ビーフレンダンというマレーシア料理が登場することも。今日はなにかな?っていう感じでいってみるのがここの流儀)

ところで、肉骨茶(バクテー)って? という方はこちら


ランテルナロッサ
逗子市逗子6-5-9
046-872-2045
月から土18:00~23:00
日曜定休 日月連休の場合は月曜日がお休み
金土ランチ
12:00~売り切れ終了(14:00ぐらいまで)

※詳細は変更される可能性もあります。かならず事前に確認してからお出かけください。
[PR]
by shonanvil | 2007-02-19 11:41 | おいしい店 (記事)NEW
湯島の白梅
a0003150_1291926.jpg
やたら梅に惹かれる今年。
梅ならやっぱりここははずせない、と『湯島の白梅』でおなじみの湯島天神に。

梅の季節は受験の季節でもある、というわけで、本堂脇の白梅の前には、合格祈願の絵馬がスズナリ状態。

境内の梅園には、きれいに刈り込まれた梅の木に7分ほど咲いた花が美しく咲き並ぶ。
a0003150_1293298.jpg


泉鏡花の「婦系図」で、お蔦に主税が別れ話を切り出すのがここ湯島天神の境内だが、現代の『湯島の白梅』はさすがに人出も多く、境内の周囲をビルに囲まれ、これじゃあ別れ話っていう雰囲気ではない。
a0003150_1294913.jpg


個人的には手入れの行き届いた梅の木よりも、荒々しく枝分かれする梅の古木の方に惹かれるが、こんもりと刈られた綿帽子のような見事な梅は、合格祝いのお礼参りなどには華やぎを感じていいのかもしれない。
[PR]
by shonanvil | 2007-02-17 12:09 | じゃらん日記NEW
金魚のテーマ・カフェ?? 本郷「金魚坂」
a0003150_23361113.jpg
本郷をKai-Wai散策中に、なんとも愛らしく、それでいて度肝を抜くインパクトの強いカフェに遭遇。

その名も「金魚坂」。
いくら坂の多い本郷界隈といっても、そんな地名があるわけじゃない。
キッチュな看板をめざして坂をのぼってみると、そこは金魚屋さん。全国に金魚を卸す老舗の店なのだそう。
生け簀にはいろいろな種類の金魚が泳ぎ、なんと金魚の釣り堀なんてもんまである!!
a0003150_23365361.jpg


その傍らに建つ山小屋風のしゃれた建物が「金魚坂」というカフェ。
店内は金魚の絵が飾られていたり金魚雑貨のコーナーがあったり、「金魚番付」なるものまで貼ってあったりと、金魚づくし。
a0003150_23371395.jpg


メニューを見れば「金魚フライ」に「金魚の刺身」・・・なんてものはありません。
豚の角煮定食に焼き魚、煮魚定食など普通のメニューだが、そこは「金魚坂」。コースターや箸置きはしっかり金魚の絵柄のもの。
a0003150_23382745.jpg


masaさんおすすめの豚角煮定食は、一見焼豆腐のようなきれいな焦げ目のついたやわらかく濃厚な味わい。リーフで淹れた中国茶まで付いて1200円。
a0003150_2337507.jpg

意外な場所に、意外な名前の、意外な雰囲気の店。


「金魚坂」
文京区本郷5-3-15 
03-3815-7088
11:30~23:00
月曜・祭日休み

※店の電話番号、営業時間、定休日などはサイト管理人の備忘録として掲載しているもので、正確さを保証するものではありません。変更になっていることも多々ありますので、必ず、必ず事前にご自身で確認なさってください。
[PR]
by shonanvil | 2007-02-16 23:47 | じゃらん日記NEW
本郷・根津KaiWai散歩
散策の達人masaさん(ブログ「Kai-Wai散策」)に案内してもらいながら、本郷・根津界隈を歩くのだから、楽しくないわけがない。

今回の目玉は、惜しまれつつ解体された大正初期のモダンなアパート「曙ハウス」の看板との再会。

これが根津にあった在りし日の「曙ハウス」。2年近く前にmasaさんに案内された時の写真。
a0003150_212525.jpg
激しく老朽化しているとはいえ、開け放たれた玄関にはまだ人を手招きしているようなチカラがあった。

そして去年の2月、ついに解体。
80年の間、人の出入りや暮らしを見下ろしていた「スウハ曙」の看板も、他の廃材と一緒に処分される運命にあったが、なんとか看板だけでも残したいというmasaさん達の熱意によって、解体から1年後の今月、「文京ふるさと歴史館」に展示・保存されることになった。

立派な展示台に載せられ、ひときわ大きく見える木とブリキの看板は、多くの地元の人や「曙ハウス」の解体を惜しむ人に見つめられ、少し照れているように見えた。(写真は、masaさんから提供して頂きました)
a0003150_2123197.jpg


「曙ハウス」を忍ぶ催しは、もう一カ所でもあった。
根津教会で開催中の「まちかどの近代建築写真展 in 根津」に、masaさん撮影の在りし日の「曙ハウス」の写真が展示されているのだ。

根津教会までの移動が、また楽し。
東大の学生達のための巨大な木造下宿「本郷館」の圧倒的な存在感にぶつかったり、
a0003150_213870.jpg
路地の奥で不思議なカフェと遭遇したり、あちこち寄り道、道草、はずれ道をしながら、それでも古き良きものの匂いを嗅ぎ取るという一貫したテーマで貫かれているというのが、masaさんならではのKai-Wai散策術。

ずいぶんと遠回りして着いた根津教会が、また古き良き風情をたたえた建物。懐かしい昔の匂いのする空間でご町内に存在した古き良きアパート建築の写真と出会う。なんとも粋な演出だ。
a0003150_2133916.jpg


お茶を頂き、牧師さんの奥様にお話を伺い、あまりの居心地の良さに展示風景の写真を撮るのも忘れてしまった。

そんなわけで、帰り道にmasaさんにごちそうしてもらった名物「根津のたいやき」の写真でkai-Wai散策を締めることに。
a0003150_214554.jpg
これがまたパリパリの薄皮にあんこたっぷりの見事にうまいたいやきでした。一匹140円の大満足!


文京ふるさと歴史館 文京区本郷4-9-29
3月18日(日)まで企画展「文京・まち再発見2 近代建築 街角の造形デザイン」開催中
時間:10:00~17:00 月曜日休館 入館料100円

日本基督教団根津教会 文京区根津1-19-6
2月17日(土)まで「まちかどの近代建築写真展 in 根津」開催中
この企画展で「曙ハウス」の看板、再現図面、写真などが展示されている。
時間:10:00~17:00(最終日は15:00まで)

根津のたいやき(柳屋高級鯛焼本舗) 根津店
文京区根津1-23-9 -104
定休: 火曜日・金曜日(他不定休あり)
10:30 - 16:00
いつも行列で、売り切れも多い。早めの時間がねらい目。

※店の電話番号、営業時間、定休日などはサイト管理人の備忘録として掲載しているもので、正確さを保証するものではありません。変更になっていることも多々ありますので、必ず、必ず事前にご自身で確認なさってください。
[PR]
by shonanvil | 2007-02-16 20:58 | じゃらん日記NEW
三浦海岸で早くも「桜まつり」
a0003150_19594771.jpg
え? もう桜まつり??

そうなんです。三浦海岸から小松ヶ池に向かう京急の線路に沿って、もう5~7分咲きの桜並木が。
実は開花が2月から3月初旬までという、河津桜の並木道。

伊豆河津で見つかったと言われる、大島桜と寒緋桜が自然交配してできた早咲きの桜。
染井吉野に比べてかなり濃いピンクの花。
桜に木の下には菜の花が植えられ、小道に沿って白い水仙まで咲く。
濃いめのピンク、真っ黄色、白の春の三原色ロードは、かなり彩度の高いトリコロール。
これをきれいと見るか、ド派手と見るか、意見が分かれそうだ。
a0003150_2001132.jpg

出店も出て、とりあえず一足早い花見気分を味わうことができる。
三浦海岸桜祭は3月上旬まで。

「三浦海岸桜まつり」
問い合せ:三浦市観光協会 046-888-0588
[PR]
by shonanvil | 2007-02-13 20:09 | じゃらん日記NEW
ハワイ富士!
a0003150_7555890.jpg
逗子マリーナの一室からのサンセット。

「エンドルフィン号」がペイントなどでドック入りする前のファイナルクルーズ。
湘南の海を行ったり来たりしてマリーナに戻ったら、まるでハワイ沖に富士山が出現したようなこのすばらしい夕景だった。

吹く風はさすがにまだ冷たいけれど、雲は高く、見た目は初夏のような海。
a0003150_7563544.jpg
a0003150_757187.jpg


途中、葉山新港に寄港して、葉山マリーナ前のおしゃれなイタリアン「frames」でランチ。
a0003150_7571147.jpg

食事のあと、葉山マリーナへ。湘南ビーチFMのスタジオでは6時間生放送中の竹下由起さんが一生懸命ニュース原稿を読んでいらっしゃいました。
a0003150_7573565.jpg

[PR]
by shonanvil | 2007-02-12 07:57 | じゃらん日記NEW