<   2006年 10月 ( 15 )   > この月の画像一覧
横須賀ゆかりの写真家 石内都写真展「mother's」 in 東京都写真美術館
a0003150_11293499.jpg
美術のオリンピックとも言われる「ヴェネチア・ビエンナーレ」。
昨年の日本館での展覧会(いわばオリンピック日本代表選手)が、写真家石内都さんの「mother's」。いわばその凱旋展覧会が、いま東京都写真美術館で開催されている。

石内さんといえば、6歳で家族と横須賀に移り住み、19歳までの多感な時期を基地の街横須賀で過ごしたひと。
横須賀図書館でやっと見つけた最初の写真集「絶唱・横須賀ストーリー」には、暗くよどんだ暴力的な街、華やかさと陰湿さの漂う廃墟が荒い粒子の写真の上に浮かび上がっていた。
a0003150_1692070.jpg
今回の作品「mather's」は、自身の母親の死の直前に撮影した裸体や、母が身につけていた遺品をまるでポートレイトの様に撮影したもの。

いつも石内作品と対面するのは結構きつい。そのきつさの先にあるものが、彼女のテーマなのかも知れない。

場内では、「アパートメント」など横須賀を舞台にした作品の映像も流れる。
石内さんと同じように、横須賀や三浦半島で若い時代を過ごしたひとにとっては、心の中のざわつき、ざらつきを見つめ直すいい機会になるかも知れない。

美術館を出て、ガーデンプレイス内の「ル・シノアクラブ」でお茶。
青春時代の心騒ぎをふと思い起こさせる、キンモクセイの香りがいっぱいの中国茶「桂花紅茶」で、鑑賞疲れをしばし鎮める。
a0003150_1130680.jpg



石内都mother's
東京都写真美術館(恵比寿ガーデンプレイス内) 2階展示室
11月5日(日)まで。 10:00-18:00 月曜休館
一般 700円
[PR]
by shonanvil | 2006-10-30 08:16 | じゃらん日記NEW
秋の海辺のDay & Night、また楽しからずや。
a0003150_1422963.jpg
ぽかぽか陽気の三浦半島。

こんなとき足が向かうのはやっぱり海辺だ。

堀内の旭屋で葉山コロッケとバーガーパンを買い込んで、森戸海岸で即製コロッケバーガーにかぶりつく。

ウインドサーフィンやディンギーが繰り出す浜で、空を滑空するトンビにさらわれないように気をつけながらペロリとふたつ食べ尽くす。ふーむ、満足!

そして日没後。
a0003150_14223788.jpg

日帰り客が帰った後の立石海岸。
寂しげな秋の海辺の風景とは対照的に、なにやら起こりそうな気配のレストランDON。
a0003150_1423098.jpg

そう、今宵はブログ秋谷日記でおなじみのこうきさんのお誕生パーティ。
私もサプライズゲストの一員として参加。
葉山・秋谷の水際生活者、大集合。
フラあり結成以来45分のユニットのライブ演奏ありの楽しいパーティとなりました。
a0003150_14232336.jpg

[PR]
by shonanvil | 2006-10-29 14:23 | じゃらん日記NEW
夕暮れ。ひとは丘を登る。
a0003150_751733.jpg
秋の夕暮れは美しい。

湘南国際村のグリーンテラスは、標高150メートルほどの丘の上の公園だが、夕暮れ時には最近ちょっとした人気スポットになってきている。

ちょうど西に向かって大きく視界が開け、眼下に葉山御用邸の緑、その先に夕陽にきらめく相模湾、鎌倉から藤沢・小田原・熱海・伊東、そして伊豆半島と弧を描いて続く黄昏時の街の灯、そして天気が良ければシルエットとなって浮かぶ富士山・・・と、壮大な夕景パノラマを一望できる。
a0003150_7514016.jpg
この日も、テラスには夕陽ギャラリー多数。

ここでときどき見かける地元に住むジャクラーたちが公開練習中(?)。
バトントワリングや水晶玉が宙を浮いているような鮮やかなパフォーマンスまで、夕陽を見ていいのか、ジャグラーたちを見ていいのか迷うほどの素晴らしい演技を展開。
a0003150_7532925.jpg

まるでバリ島クタビーチのように、一日の終わりをあったかい気持ちで送るために多くの人々が集まる。

夕暮れ時は、一日の中でも自然とひとが一体になる、特別な時だ。
[PR]
by shonanvil | 2006-10-29 07:52 | じゃらん日記NEW
バクソー & バクテー in 秋谷海岸
a0003150_723448.jpg
a0003150_8531293.jpg
曇り空の秋谷海岸。

ゆったり散歩したり、ビーチチェアにのんびり寝そべっているひとたちを、ギョギョッとさせる大爆音。

サンドバギーが砂を巻き上げて爆走しているのだ。
周囲のひとも好奇心というより、あ然&しかめっ面。これ、ちょっとルール違反かな。

バクソーはいけませんが、バクテーなら大歓迎! というわけで(おやじギャグ!)、秋谷日記でおなじみのロコブロガーこうきさん&じゅんぺいさんたちが開催したガレージセールへ。
a0003150_7233032.jpg

秋谷周辺の水際生活者?のみなさんが集まってのおしゃれなガレージセール。
レスリーさん、3Gさんなどのお店も出店。学園祭のような楽しいノリです。
a0003150_7235692.jpg

目玉のひとつが、こうきさん&じゅんぺいさんの「肉骨茶」。肉骨茶と書いてバクテーと読む、シンガポール・マレーシア辺りの名物料理だ。(バクテーの詳細はこちら)。

こうきさんたちのバクテーを頂くのは1年ぶり。いやあ、腕を上げてます! 
いまはなき有楽町に出現した日本初の期間限定バクテー専門店「新嘉坡式肉骨茶餐室」 を彷彿させる、すっきりした味わいだ。
a0003150_7242578.jpg
a0003150_7243954.jpg


このところ体調不良だったが、中国薬草たっぷりのバクテーで元気回復。今週はバクソーできそうかな?
[PR]
by shonanvil | 2006-10-23 07:24 | じゃらん日記NEW
横須賀カフェー街(北部)
軍都横須賀の陰の歴史は、横須賀市の北部地区にも残っている。

海軍工廠造兵部(兵器工場です)のあった一帯。すぐ近くに、南部の某街と並ぶ、横須賀の二大歓楽街のひとつがあった。

街を歩くと、それとわかる風情を漂わせる建物が見つかる。
しゃれたタイル貼り。
a0003150_95274.jpg

ハイカラな窓の意匠。
a0003150_952880.jpg

格子窓
a0003150_963793.jpg

a0003150_965463.jpg
ガラガラと引き戸を開けて座敷に上がる様子を彷彿させる粋な構えの建物。
a0003150_971364.jpg
a0003150_974198.jpg


南部ほど建物の数は多く残っていないが、カフェー(カフェではなく、カフェーと伸ばします)やお座敷の名残をとどめる艶やかな建物たち。

横須賀の街に長い尾を引いて陰影をつける、印象深い風景となっている。

横須賀南部の歓楽街の名残はこちら
[PR]
by shonanvil | 2006-10-22 09:07 | じゃらん日記NEW
映画の特別演出ってなに?
a0003150_7162515.jpg
先週、韓国映画「トンマッコルへようこそ」のジャパンプレミアに行く機会があった。
報道陣や映画関係者がたくさん押しかける特別試写会で、監督のパク・クァンヒョン(これが俳優と見まごうハンサムで、場内から歓声があがるほど)も来日して舞台あいさつ。スペシャルゲストと称してなぜか山口もえさんもステージに登場したのには会場が沸いた。
a0003150_716522.jpg

映画そのものは特筆すべきこともないのだが、お決まりの記者会見・フォトセッションに続いて、山口もえプロデュースの特別演出付の試写をするというので、何をやるんだかと注目していたら、これがまったく驚いた。

映画の途中、巨大イノシシが突撃してくるこの映画の中でも象徴的なシーンがある。イノシシのスローモーションと「もののけ姫」も担当した久石譲の素晴らしい音楽が織りなすなかなかいいシーンなのだが、なんとスクリーンの周囲に仕込まれたカラフルなバリライトが突進するイノシシに合わせて激しく点滅しだしたのだ。会場は一瞬にして安手のディスコに変身!

蝶が舞う幻想的なシーンでは、スクリーンの上から無数の蝶のかたちの紙吹雪が降りそそぐ。白い雪景色のなかの白い蝶の舞いというスクリーンの前に、なんでカラフルな蝶の紙吹雪なのか?

エンディングのスタッフロールに到っては、なんとスクリーン両側からシャボン玉マシンが大量のシャボン玉を吹き出し、画面も見えないほど。

「映画をもっと楽しんで頂くために、私なりに工夫してみました」みたいなことを山口もえさんは言っていたが、いくら表現のテンションが高い韓国映画とはいっても、これじゃあ映画が台無し。映画を冒涜しているとさえ言えるぞ。

そう言えば、舞台挨拶で監督が「特別な演出によって私の映画が地味に見えてしまわないかと不安です」とにこにこしながらも何度も発言していたことを、後になって思い出した。
監督はどんな思いで、日本の「特別演出」を受け入れ、スクリーンをながめていたのだろうか。

ところが、日本のマスコミ(とくにスポーツ紙)は、この演出を絶賛。どこかの新聞は「監督もこの演出に感激」などと書いていたが、記者会見での発言をどう解釈すればこんな記事になるのか。

最近、この手の「特別演出」はちょっとした流行りのようだ。なんとか映画を当てたいという配給会社の気持ちはわかるが、監督とよく相談してからやってね。

映画「トンマッコルへようこそ」は10/28から封切り。
a0003150_7172834.jpg

[PR]
by shonanvil | 2006-10-19 07:17
たのくろの季節
秋の恒例エントリー、「たのくろ」。
たのくろとは、田圃のあぜ道で作る枝豆。この地域では田の畦(くろ)で作る豆だからそう呼ばれているようだ。

でもみんなが「枝豆」とは呼ばないのは、普段食べる枝豆とはまったく味の違う、これぞ豆! という独特の風味と甘味を持っているからなのだろう。

実際、年に一度、わずか2週間ほどの間しか収穫されないたのくろを待ちわびている人は多く、せっせと子安の里の野菜販売所に出かけるひと、多し。

で、ことしも里の奥、山の上野軽部キミエおばあちゃんの小屋を訪れる。
a0003150_1183376.jpg
今日収穫されていたのは、普通のたのくろと、黒豆。
見た目はほとんど同じだが、味が少し違うという。
両方を茹でてみましょうと、持ち帰り、早速茹でに。
a0003150_1185646.jpg
台所に豆腐屋の店頭のような匂いがたちこめ、気持ちもほっこり温かくなる。

ゆで上がった豆を見てみると・・・
a0003150_1191114.jpg

なるほど、黒豆は普通豆に比べてゆで上がりが黒ずんでいる。
味はといえば、黒豆は濃い、深い味。普通豆ははつらつとした豆独特のシャープな味わい。
どちらも甲乙つけがたし。
ドンブリ2杯分を家族でぺろりと平らげました!
[PR]
by shonanvil | 2006-10-14 11:09 | じゃらん日記NEW
浦賀水道の潮流にもまれ育った「松輪サバ」、いまが旬!
一年ぶりの松輪サバと出会いに(大げさ!)三浦半島南端の江奈漁港へ。
漁協が運営するレストラン「エナビレッジ」は、11時半に電話を入れた段階ですでに満席。
12時半に到着した時には、カウンターに長い行列が。

結局40分待って、やっと1年ぶりの松輪サバがの前に現れた。
a0003150_1619444.jpg
いつものように、感動的な存在感。皿からはみ出る迫力の大きさと、しっかり分厚い身。
箸でほぐせば、立ち上るうまみの香り、したたるような脂。

大根おろしと共に口にほおばれば、なんとジューシー。ピークをわずかにはずしてしまったとはいえ、まだまだしっかりおいしい。

塩焼きとあぶり刺身のセットは御飯みそ汁小鉢つきで2000円。
a0003150_16203327.jpg
まだ日差しは強いが、外のテラスで海を見ながら食べれば、その味わいは一層増す(はず。あまりの暑さに軟弱ながら店内テーブルを選択!)。
a0003150_16201198.jpg



「エナ・ビレッヂ」
三浦市南下浦町松輪264
11:00~16:00 火曜定休
(シーズンによって変動あり。事前に確かめてお出かけを)
[PR]
by shonanvil | 2006-10-13 16:27 | じゃらん日記NEW
なんて気持ちのいい秋の空!
a0003150_14482358.jpg
はふー・・・。
なにも語ることのない、気持ちよく晴れた秋の空。
(国際村の生産性国際交流センターあたりを望む)
[PR]
by shonanvil | 2006-10-12 18:46 | じゃらん日記NEW
こんな大気の澄んだ日は、一年に何日もない。
そして、夜。
煌々と輝く月明かりに誘われて、夜の散歩に。
a0003150_2345792.jpg

国際村水道塔の上に輝く十六夜の月(月齢カレンダーを調べたら、今日が十六夜だった)。
幾条ものすじ雲が、月明かりに照らされて東の空から西の空に流れていく。

水道塔のテラスにのぼり目を地上に向けると、眼下に国際村の住宅街の明かり。
その先の漆黒は、海。
その向こうに鎌倉から湘南海岸、熱海、そして伊豆半島までの街明かりがくっきりと見える。
a0003150_23454413.jpg


こんな大気の澄んだ日は、一年に何日もない。

しばし、夜空と海に流れる静かな気流を楽しむ。
[PR]
by shonanvil | 2006-10-08 23:45 | じゃらん日記NEW