カテゴリ:じゃらん日記NEW( 997 )
the sunrise on New Year's Day
a0003150_1275138.jpg


我が家の近所からの初日の出。

明けましておめでとうございます!

今日は午後の便で米子へ飛び、尾道、因島、松山と回って、7日に戻ります。
今年も旅多き年になればと願っています。
[PR]
by shonanvil | 2014-01-01 12:07 | じゃらん日記NEW
ダム湖に沈んだ両班(ヤンバン)の里
a0003150_12255224.jpg


9月のはじめ、僕は韓国中部の深い山の中にいた。

最寄りの駅まで迎えに来てくれた69歳の詩人、金源吉さんの車で、山間のダム湖を見下ろしながら約1時間。ようやく彼の自宅に到着した。

自宅といっても、人里離れた山の斜面の広大な敷地に、韓屋と呼ばれる豪壮な伝統建築の建物が10棟。貴族の荘園のようなたたずまいに驚いた。

それもそのはず。金さんは両班(ヤンバン)と呼ばれる貴族階級の末裔で、一族の長として李朝時代から続く伝統集落を守ってきたひとなのだ。

a0003150_12262152.jpg


鎌倉市と姉妹都市縁組みをした韓国・安東(アンドン)市の歴史を調べていたときに、金さんと集落のドラマチックな出来事を知り、すぐにコンタクトを取って、お宅を訪ねることにしたのだ。

安東は儒学のふるさとと言われ、鎌倉のように学問や芸術が尊ばれる古都だったが、近年は韓国南東部の水がめとして巨大なダムが建設され、アメーバが触手を拡げるように山林を広大なダム湖に変えていった。

金さんに案内された今夜僕が泊めてもらうオンドル部屋からは、眼下に満々と水をたたえたダム湖を見渡すことができた。

a0003150_1239337.jpg


「ここから数キロ先、あの岬の先あたりの湖の底に、私たちの村はあったんだよ。」
窓からの風景を見ながら、金さんは波ひとつない鏡のような湖面を指さした。

一族の多くの者は政府からの補助金をもらって、次々とソウルに転居していき、金さん夫妻と年老いた両親だけが村落に残った。国の権限が強い韓国では元貴族といえどもダム建設を覆すことは容易ではない。しかし、600年続いた両班の文化をダム湖の底に沈めてしまう訳にはいかなかった。

地元の大学で現代詩を教えていた金さんは、ダム建設を期に教授の職を投げ打ち、安東の両班文化の歴史を後世に伝えるための活動を開始しすることにした。
政府と直談判し、10棟の歴史上貴重な集落と建物を丸ごと山の中腹に移築することを承諾させた。

徐々に高くなっていくダム湖の水かさに追い立てられるように、丸々4年かかって全戸の移築が完了した。集落の入口に門棟があり、長老の住まいである主屋や書院など、湖底にあったとおなじような集落が再現された。
金さんは、ここをかつて科挙を受験するする若者たちが学んだ書院と同じように、儒学や現代詩の講座を持つ学術の場として活用することに決めたのだ。

a0003150_12272029.jpg


敷地内の一番高いところにある金さんの書斎に案内してもらった。寺の本堂のような空間に何列もの書棚が並び、夥しい数の書物が並んでいた。
「これはほんの一部。蔵書の大半は大学に寄贈したんだよ。」
正面の戸を開け拡げると、ここからもダム湖が一望できた。詩人はここから湖を、そして故郷だった村落が沈むその現場を見下ろしながら、本を読み、詩作し、研究者や学生を迎え入れているのか。

その夜、大型バスが門の前に着いた。年に2回、ソウルから一族がバスを仕立ててふるさとに帰ってくる日だった。

50人近い人々が広場に集まり、母屋の縁側の安楽椅子に座る一族の長老(金さんの父親)に順番に挨拶をしていく。94歳のおじいさんは、白い伝統服に身を包み、ひとりひとりの挨拶に笑顔で応えていた。
年長者を敬う儒教の教えそのままの光景が、映画の一シーンを見るように目の前で展開されていた。
一姓一村の伝統的な集落だったから、集まった人も全員金姓である。ダム建設でバラバラになって20年。いまだに年に2回、一族は長老に会いにはるばるふるさとにやってくるのだ。
長老と一族の人々との語らいは、夜遅くまで続いた。

a0003150_12274812.jpg


翌朝、金さんに誘われて敷地の背後の小山に登ってみた。湖がなかった頃の、集落が谷間にひっそりとあった頃の地形が、一層はっきり感じ取れる見事な山並みが朝靄の中にあった。
ふたりで、ぼそぼそと言葉も交わしながら、湖面を見やっていた。

「昔のままの光景ですか?」
「静けさも、吹く風も、季節の花々も、昔のままだ。一族の暮らしはないけれどね。」

山を下りるときに、一冊の詩集をみやげにとくれた。日本語訳で出版された金さんの詩集だった。
ソウルに帰る一族のバスに便乗させてもらって街まで下りる車中で、詩集の中のこんな詩を見つけた。

------------------------

ナルキッソス


真夜中の森と湖に注ぐ
かすかな月の光
星たちは宝石が触れ合うような音を奏でていた

カシワの森が揺れているので見ると
森からそっと現れた人影がひとつ
水辺に腹這いになって
手で落ち葉をかき寄せては
水の中を覗き込んだ
再び水をかき回してから又覗き込み・・・・・

笑い声なのか 泣き声なのか
分からなかったのは
岸辺に寄せる波の音のせいだったろうか

頭を上げた彼が
獣のように
月を見て泣いたとき

その時私は見た
彼がナルキッソスであることを
ライ病にかかり顔が崩れた
ナルキッソスであることを!

             (志賀喜美子訳)
------------------------

他人を愛する力を奪われ、自分を愛することしか許されなくなった、ギリシャ神話のナルキッソス。
両班の末裔である自分が、なぜ敢えて現代詩の詩人の道を歩むこととなったのか。
人知れぬ葛藤や思いがあったのだろう。
鏡のような湖を覗き込み、湖底に沈んだ故郷にいつまでも思いをはせる自分に、一瞬、詩人はナルキッソスの姿を見たのだろうか。


a0003150_12364250.jpg

[PR]
by shonanvil | 2013-12-22 12:36 | じゃらん日記NEW
冬の晴れた日は、テラスでカレー
カレーの老舗、鎌倉・七里ヶ浜の「珊瑚礁モアナマカイ」。
江ノ島が遠望できる、テラスが人気です。

a0003150_10303562.jpg


a0003150_10312572.jpg

[PR]
by shonanvil | 2013-12-18 10:31 | じゃらん日記NEW
湘南ビーチFMの20周年パーティ
a0003150_1953490.jpg


夕陽と椰子の木とプールという、湘南ならではの背景が美しいリビエラ逗子マリーナで開催。

a0003150_1962019.jpg

ビーチFM開局時の功労者トミー・スナイダー氏が「開局の苦労を共にした角田庄右衛門(故・日陰茶屋当主)がここにいないことが残念。でも、今日は連れてきました!」とバッと上着の前を広げると、庄右衛門氏の笑顔がプリントされたTシャツが。この演出に、木村太郎社長も、会場も、思わず感涙。この日一番の感動シーンとなった。

a0003150_1972543.jpg

会場にはキマグレンなど音楽関係者も多数。

木村社長とは初めてお目にかかり、二言三言だけれどご挨拶。気骨のジャーナリストの顔と、柔和で遊び心を持った湘南オールドボーイの顔を併せ持つ、イメージ通りのナイス・ジェントルマン。
奥様ともお話させて頂いたけれど、素敵なご夫妻だった。

a0003150_1975149.jpg

竹下由起姉さんの司会も、魅惑的な装いでGOジャス&GO快。

a0003150_198898.jpg

2ショットは、ビーチFMのベテランパーソナリティ普道はるみさんと。
右にはさりげなく、世界的イラストレイター鈴木英人氏のお姿が見える。

湘南を代表するFM局らしい、おしゃれなパーティでした。
[PR]
by shonanvil | 2013-12-15 19:11 | じゃらん日記NEW
地上の星たち in 湘南
f0278974_9434549.jpg



湘南を代表するクリスマス・イルミネーション、といえばここ「江ノ島シーキャンドル」。
クオリティ・ボリューム共に湘南一番と言っていいでしょう。
f0278974_9443615.jpg

f0278974_9451178.jpg


湘南には、ここまでゴージャスではないけれど、心に響く大人のためのイルミネーションがあります。

鎌倉高校前駅のシックなイルミネーション。すぐ前は海。湘南ならではのおしゃれさです。
f0278974_9455812.jpg


おしゃれさではここが一番。リビエラ逗子マリーナ。
おなじみの椰子の木の並木のライトアップに加えて・・・
f0278974_9462186.jpg


ゴージャスな、でもどこか気品を持った光のクリスマスツリーが出現しています。
f0278974_9463771.jpg


逗子市内でもうひとつ。東逗子駅前の広場のイルミネーション。駅のホームからも見ることができます。
f0278974_947216.jpg


葉山でいち押しは、ラマーレ・ド・チャヤのツリー。たった一本のツリーが輝くだけなのに、このゴージャスさはなぜでしょう。大人の冬の夜をしっかり演出してくれています。
f0278974_9472386.jpg


個人のお宅なので詳しい場所はお知らせできませんが、チャヤのそば、地元の人には「赤い家」としておなじみのお宅が、ことしもかわいらしく幻想的なイルミネーションを見せてくださっています。
f0278974_9474130.jpg


海辺のホテル「音羽の森」の入口付近も、なんともシックに輝いています。
f0278974_948039.jpg


横須賀市内の相武幼稚園。園舎全体が光り輝く光景は、地元でもうすっかりおなじみです。
f0278974_9512196.jpg


以上、地上の星のように輝く、湘南のイルミネーションでした。
[PR]
by shonanvil | 2013-12-13 22:47 | じゃらん日記NEW
きのこパスタ
a0003150_6361638.jpg


晩秋の柔らかな日差しを浴びて
葉山のシチリア料理店「ピスカリア」のきのこたっぷりのパスタ。
往く秋を惜しむ、やさしいおいしさ。

こちらもうまし!

a0003150_6375750.jpg

[PR]
by shonanvil | 2013-12-09 06:38 | じゃらん日記NEW
某知人邸で忘年会。
a0003150_624397.jpg


海を見下ろす丘の上。大きな暖炉やホームバー、夕日を眺めるデッキのあるなかなかの豪邸。20人近く集まっても、広すぎて、行方不明になる人が出てくるくらい(笑)

a0003150_629661.jpg


スペイン・カタルーニャのカヴァで乾杯し、ピアノ生伴奏でシナトラを歌い、呑んで食べて、しゃべって、丘の上の夜は更けていった。
[PR]
by shonanvil | 2013-12-09 06:30 | じゃらん日記NEW
鎌倉の紅葉はいまどうなっておるのか?
f0278974_8111232.jpg


思ったより早く紅葉が進んでいるようで、今週末からの紅葉散歩も可能になっているよう。

そこで、11月22日時点での鎌倉市内の紅葉名所がどれくらい萌えているのか、最新の紅葉状況を現地に出向いてチェック!
(湘南ビーチFMの隠れた人気コーナー??「ラーキーのちょっとリュクスな湘南散歩」で11/22に放送したものの使い回しです。笑)

結論からいうと、まだピークには至っていないものの、鎌倉は今週末から充分、紅葉狩りを楽しめます。
今回回った、北鎌倉周辺と材木座周辺を中心に、最新情報をお伝えします。
(写真はすべて放送当日の11月22日に撮影したものです)

一番のお奨めは、北鎌倉の円覚寺。(正式名称は「えんかくじ」ではなく「えんがくじ」と読みます!)

例年、鎌倉トップクラスの紅葉スポットとしておなじみですが、今年も早くもたっぷりとその鮮やかさを楽しめます。

f0278974_8122357.jpg


横須賀線の線路を渡ると、山門に至る階段の一番下から、カエデの紅葉が出迎えてくれ、期待感を高めます。まるで客寄せパンダならぬ客寄せモミジ。これなら拝観料300円を払っても入山したくなります。

最初の見所は、山門をくぐって振り返ったところ。
山門をシルエットに、階段下に広がる赤と黄色の世界を、幻想的に楽しめます。とくにこの時期、午後の日差しが逆光となってモミジの葉を裏側から照らしてくれますから、その鮮やかさは一層素晴らしくなっています。

f0278974_8132979.jpg


中に入って、仏殿の横も多くのカメラマンがねらう撮影スポット。モミジの向こうに仏殿の大屋根のいらかが見えるという、鎌倉らしい紅葉シーンが見られるのです。

f0278974_8153334.jpg


次に訪れた浄智寺は、紅葉はもう少し先。例年12月上旬がピークのようです。今週末に訪れたら、ここを起点に、葛原岡神社まで登ってみると良さそうです。鎌倉在住の写真家、
林澄里さんのブログによると、ここはかなり紅葉が進んでいるようです。

今回は立ち寄りませんでしたが、丸窓で有名な明月院は、後庭園の紅葉が進みつつあり、あの丸窓で切り取られた庭園が、もう色づいてきているようです。

秋の鎌倉は、まずイチョウから紅葉(といっても黄葉ですね)が始まり、その後カエデの紅葉が始まるというのが一般的ですが、このふたつが同時に楽しめる場所が、材木座にありました。

f0278974_8161350.jpg

f0278974_8164599.jpg


長勝寺には、境内に日本の大イチョウがありますが、紅葉はいまが盛り。それに合わせるかのように手前のモミジが色づき始め、赤と黄色の紅葉コラボレーションを、いま楽しむことができます。

f0278974_8183873.jpg


つぎに訪れた安国論寺では、イチョウがもう落葉し、モミジが色づき始めたという状態。

鶴ヶ岡八幡宮の大イチョウが倒れてしまったあと、長勝寺のイチョウは一層貴重なものになりました。

イチョウといえば、天園ハイキングコースを二階堂に下りていくルートの途中にある獅子舞の谷も、人気です。ここは寺の境内というわけではなく、深い森の中にぽっかりとイチョウの木が群生した場所。アプローチもちょっと大変なので、いわば通のための紅葉スポットといわれています。数日前に訪れた方のサイトでは、まだまだピークには時間がかかりそうだとのことです。イチョウは黄葉した木を見るのもいいですが、雨の降った明くる日、地面に散って黄色い絨毯のようになった光景も美しいのです。こうすこし経ってから出かけるといいですね。

鎌倉駅に近い妙本寺も訪ねてみました。

f0278974_8171151.jpg


まだまだ数本のカエデが色づき始めた状態ですが、ここはカエデの木の本数も多く、
場所によって、木によって紅葉の時期が異なります。深い森を抱えた境内です。これからますます楽しませてくれそうな場所です。

そうそう、今回は訪ねなかったのですが、長谷寺の紅葉ライトアップが明日23日から始まります。

今週末から約3週間、連続して楽しめる鎌倉の紅葉。
すがすがしい天気の晩秋ならでは、古都ならではのしっとりとした季節を、一緒に楽しみましょう。
[PR]
by shonanvil | 2013-11-23 10:06 | じゃらん日記NEW
鎌倉の夜
鎌倉のゲストハウス「亀時間」。
ヨルカメbarのページで、オーナーと語らっている哀愁漂う背中のオッサンがひとり・・・・。


http://kamejikan.com/?page_id=7588

a0003150_7465824.jpg

[PR]
by shonanvil | 2013-11-15 07:48 | じゃらん日記NEW
五木寛之氏、横須賀に来訪
a0003150_17372367.jpg



真言宗のお寺「西来寺」。親鸞の命日に行われる報恩講のゲストが、なんと五木寛之氏。本来は宗徒さんのための講演会だが、檀家でもないのに拝聴させて頂く。

70年代前半に南米サンチアゴの日本人会館に投宿したとき、数日前に五木氏が「戒厳令の夜」の取材でここを訪れたと聞いたとき以来の接近遭遇。(と勝手に思っている)

ダンディーな81歳。鋭い思想を、糖衣錠のように穏やかな語り口に包んだ90分。
立派な本堂で、たっぷり楽しませて頂きました。
[PR]
by shonanvil | 2013-11-10 17:36 | じゃらん日記NEW