カテゴリ:じゃらん日記NEW( 997 )
2/5 満月と国際村城
a0003150_201322.jpg
夕方の犬散歩。

風が出てきたと思ったら、大きな満月が、東から昇ってきた。

子安方面から見る国際村の風景になくてはならないランドマーク、お城のようなM邸のとんがり屋根に、いましも満月が掛からんとしている。

ドラキュラ映画のオープニングを思わせる(Mさん、失礼!)見事な光景。

仲秋の名月もいいけれど、きりりと冷えた冬の空に冷たく光る満月というのも、これはこれで捨てがたい、という発見!
[PR]
by shonanvil | 2004-02-26 20:14 | じゃらん日記NEW
2/1 まぼろしの一夜城
a0003150_194934.jpg
2~3日前、村内の空き地に忽然と新しい家が建った。
数日前に通りかかったときには、何もない原っぱだったのに・・・。

でも、なんだか妙。
前から見ると立派な家だが、後ろに回ると壁がない。そう、舞台の書き割りみたい。

それもそのはず。CM撮影用のセットだったのだ。

S社のソーラーシステムのCMだとかで、撮影当日は朝から大勢のスタッフが集まってきた。
さては、大物タレントでも出演するのかな?

やがて、一台の車が到着。大型リムジン、ではなくワゴン車。ボディには「動物プロダクション」と書いてある。
中から出てきたのは、一匹の猫を抱いたおじさん。
そうなんです。ソーラーシステムの家の屋根で、猫がのんびり日向ぼっこ、というのが、このCMのコンテらしい。

終日ソーラーシステムにふさわしい晴天に恵まれ、夕刻、撮影は無事終わったようで、即刻建てたばかりの家の取り壊しが始まった。

明くる日には、何事もなかったかのように、元の原っぱが広がっておりました。
[PR]
by shonanvil | 2004-02-26 19:50 | じゃらん日記NEW
1/25 餅つき
a0003150_19344.jpg
子供会の餅つき大会。

Tさん宅で開催される、恒例の行事。

せいろで蒸した餅米を、木臼と杵でつく。

子供たちも杵をつかせてもらえるのだが、お楽しみはやっぱりお餅をつくことよりも、その後。
あんこ餅、きな粉餅、おろし餅、とお腹いっぱいいただきました。
[PR]
by shonanvil | 2004-02-26 19:35 | じゃらん日記NEW
1/18 雪景色
a0003150_192645.jpg
宵のうちから降り出した雪が、朝には5センチほど積もっていた。

吹き溜まりに積もった雪で、雪だるまづくりをする子供たちも。

下は積もらなくても山の上のここは雪が積もることも多い。
今日は東京都内でも積もったらしいから、雪景色の写真も、あまり珍しくはない日になった。
[PR]
by shonanvil | 2004-02-26 19:27 | じゃらん日記NEW
1/1 初日の出
a0003150_1918.jpg
湘南国際村は、初日の出の隠れた名所でもある。

スポットはいろいろ。
一等地は配水塔。国際村一番の標高から、大楠山に昇る初日を拝める、はずだった。
が、今年は残念ながら早朝から薄曇り。

それでも5時半くらいから車でたくさんの人が詰めかけ、交通整理のガードマンまで登場するほど。

午前6時30分。いよいよご来光、のはず。
でも、空がうっすらと赤みを差しただけで、輝ける陽光はついに差さず。

これ、先行きの日本経済の象徴か?

ともあれ、平和で健やかなる日々を、見えざる初日に祈る。
[PR]
by shonanvil | 2004-02-26 19:02 | じゃらん日記NEW
12/23 クリスマス・キャロル
a0003150_185211.jpg
村のコーラス同好会主催のクリスマス・キャロルが、N邸付属のサロンで開かれる。

個人の家に小さいとはいえコンサートホールを持つなんて、お金があれば出来るというモンでもない。その高尚な見識に脱帽。

混声合唱に、バイオリン、フルートなど、次々と名演奏を聴かせてくれる村民の多士済済ぶりも見事。

5才の女の子のクラシックギター、11才の女の子が母親のピアノをバックに演奏したバイオリンも、可愛らしく、楽しかった。
[PR]
by shonanvil | 2004-02-26 18:53 | じゃらん日記NEW
クリスマス・イルミネーション
a0003150_1806.jpg
今年も、家々にクリスマスの飾りが。

横須賀市内には、クリスマス・イルミネーションで有名な山科台住宅がある。
今年もNHKのニュースに出ていた。
国際村はそれに比べると、やや地味。まあ大人の感じ。

それでも、各家が趣向を凝らし、夜の散歩を楽しくしてくれている。
[PR]
by shonanvil | 2004-02-26 18:01 | じゃらん日記NEW