カテゴリ:湘南国際村とは( 2 )
湘南国際村って、どこにある?
東京から50キロ。
三浦半島の中央部。
相模湾を見下ろす山の上です。
a0003150_161615.gif
湘南国際村センター制作の地図より

による湘南国際村の詳細地図はこちら
[PR]
by shonanvil | 2004-05-04 16:02 | 湘南国際村とは
湘南国際村とは?
a0003150_155624.jpg
●湘南国際村はこうしてできた

三浦半島の西海岸寄り、葉山と横須賀にまたがって広がるエリアが湘南国際村。ディズニーランドの4倍の敷地に、国際会議場や大学院大学、企業の研修所などの施設と、約300戸の住宅が建ち並ぶ新興エリアです。

その昔、一帯は大楠山に連なる自然豊かな連山でした。ゴルフ場開発で丸裸にされ、その後放置され荒れ放題だったところを、神奈川県の「緑陰滞在型の国際交流拠点をつくろう」という構想のもと、再開発が行われたのです。80年代に構想され、開村したのが94年。まあ、バブル的発想の産物と言っても過言ではないでしょう。

電柱がない、TVアンテナもない、すっきりしたランドスケープは外国の住宅街のようですが、人工的で街の猥雑性がなく、やや無機質な感じがすることも確か。25%以上の緑化が義務づけられているため家々の植栽は美しいのですが、時にはふと子安の里に下りて、のどかな山里風景を眺め、自然に対するバランス感覚を取り戻したい気持ちに駆られるところでもあります。

●湘南国際村は、「湘南」か?
a0003150_5511883.jpg


村の中央を横須賀市と葉山町の境界線が走っています。住宅地は横須賀市側。でも文化圏・生活圏的には完全に葉山町。村の子供たちの大半は葉山町立の学校に通い、葉山町のスーパーで買い物をし、葉山郵便局が郵便物を配達してくれます。

横須賀を「湘南」と呼ぶには抵抗があるけれど、葉山町ならまあいいか。そんな感じで、湘南国際村はかろうじて「湘南」の名を語ることが許されているかのようです。

ちなみに、葉山側の住所表示は「三浦郡葉山町上山口」と、なんだか山奥の村のイメージ。一方横須賀市側は「横須賀市湘南国際村1丁目」と、堂々と「湘南」を名乗ります。しかも市の中に村があるという、全国でも珍しい住所表示。

横須賀市内には、東京湾側にも関わらず「湘南鷹取」という名前をちゃっかり付けた住所があったり、「ハイランド」というカタカナ住所があったりと、住所表示については大胆不敵。そんな横須賀ですから、「湘南」と名乗るのも、まあいいか、です。

●湘南国際村は、「国際的」か?

21世紀にふさわしい国際交流のための街づくり、というのが当時の長洲神奈川県知事が唱えた国際村の理念でした。
開村から10年、現実はどうでしょう。

国際村の名にふさわしい施設の代表と言えば3つあります。ひとつは湘南国際村センターの中にある国際会議場。規模こそ京都国際会議場の何分の一かですが、同時通訳の設備もある立派な会議場で、外国人が参加する会議も多く開催されているようです。

「総合研究大学院大学」。ここは結構すごそうです。日本の先端分野の研究者を集めた大学で、海外からの研究者も多そうです。

「地球環境戦略研究機関」というSFにでてきそうな名前の施設も、各国の研究者が集まってなにやら環境戦略を立てているらしい。ヨーロッパやアジアの研究者が通勤する風景を見かけます。

ひるがえって、住宅地の方はどうでしょう。

いまのところ、外国人名義らしき家は3軒のみ。国際村という割には寂しい限りです。けれど、住民には海外駐在経験あり、という人も結構多いらしい。

管理規定では、国際村の研究機関などを訪れる外国人をホームステイさせることが入居の条件になっています。実際にはホームステイは年間数人で、やや空文化していますが、こんな規約がある街は日本広しといえどもあまりないでしょう。

と言うわけで、外国人や外国文化に溢れた街、を想像して訪れるとがっかりするかも知れませんが、他の街に比べれば、やや「国際的」と言えるかも知れない、ということで、「国際村」の名前も、まあいいか、というところでしょう。

(追記)
その後、湘南国際村2期3期工事予定のBC地区と呼ばれる土地は、不況の影響で三井不動産が開発を断念。土地は県に譲渡され、めぐりの森として緑地化されることになった。そのあたりの経過はこちらの記事を参照。
[PR]
by shonanvil | 2004-02-23 15:42 | 湘南国際村とは