湘南国際村 じゃらん

2/25 横須賀レトロ三題

じゃらん日記NEW
元のサイトで完全版を読む
軍都として栄えた横須賀。ハイカラでレトロな店が残っている街でもある。 その1。ラーメン「つたや」 さいかやデパート前の細い路地を入ると、米軍がくる前の海軍さんの時代にタイムスリップ。 時代がかった珈琲屋「月印」の脇をさらに入ると、ここで60年営業しているというラーメン屋「つたや」が。
カウンターには一升瓶が並び、昼間から常連さんがコップ酒を飲みながらラーメンをすすっているという、一見さんには衝撃的な店。 来る人来る人みんな顔なじみ。主人(土岐さん70才)も気前よく薫製魚などを振る舞い、下町のサロンのような和やかさがある。 ラーメン(500円)は、昔なつかしい醤油味。支那そばという呼び方が一番ぴったり来る、日本のラーメン道の原点のような味わいだ。
2枚目の画像
ラーメン「つたや」 横須賀市大滝町1-27 046-825-0537 11:30-15:00 / 17:00-21:00 水曜日定休 その2。「三笠焼」
3枚目の画像
こちらは創業30年。もはや横須賀を代表する味となった三笠焼。 横須賀ゆかりの戦艦三笠を焼き印した大判焼だ。 数年前に代替わりしたのか、かつての味のあるおじいちゃんの姿は見られなくなったが、少し若返った親父さんが、いまも店先で焼き続けている。
4枚目の画像
数人しか入れない店内で、お茶を入れてもらい親父さんと話をしながら熱々を食べるのもなかなか。 中身がこぼれそうなほどたっぷりのあずきがうまい。 一個100円! 三笠焼「丸半」 神奈川県横須賀市大滝町1-26 046-822-1448 11:00-20:00 火曜日定休 その3。 フランスパンの「横須賀ベーカリー」
5枚目の画像
こちらは昭和3年の創業というから、もう70年以上の歴史を持つパン屋さん。 お店のたたずまいもレトロなら、店員さんもレトロなおばちゃんばかり。
6枚目の画像
そのおばちゃんが薦める名物フランスパンは、普通のフランスパンを想像していると、度肝を抜かれる。 バケットのような細長いカタチではなくまん丸。 しかもコッペパンのようにふわふわ。 そこに、ジャムやピーナツバターをコッペパンのように挟んでもらうことが出来るのだ。 他にもカステラの間に羊羹をはさんだ「シベリア」など、かつてはとってもハイカラだっただろう洋と和のフュージョンが、時を超えて楽しい。 「横須賀ベーカリー」 横須賀市若松町3-11 横須賀中央駅前 TEL 046-822-0233 日祝休み
もっと見る