<< 明けましておめでとうございます。 松飾り(モドキ) >>
銭湯納め@サウナ菊の湯
a0003150_19581789.jpg


「サウナ菊の湯」といっても銭湯。

横須賀線衣笠駅から徒歩10分ほどの住宅街の中。
一年の垢を落とそうってなわけで、大晦日に出かけていった。数年ぶりだ。

かなり老朽化した銭湯で、初老の男性が一人で切り盛りしている。
今日も番台には誰もいない。仕方がないので脱衣場の脇の休憩場で待つ。

a0003150_19585096.jpg


5分ほどして先客が声を掛けてくれた。
「戻ってきたよ。今日はまだ早いほうだ。あんたラッキーだったね」
・・・そんな銭湯だ。

でも地元のひとの人気は高い。
設備はボロボロだが、そこそこ清潔で、居心地がいい。富士山の代わりになぜかオランダの風車のタイル絵。
湯船は3つ。大風呂にジャグジー、そして薬草湯。
湯の温度は悲鳴を上げるほど高い。

「水で冷まそうとするとオヤジがすぐ飛んできて叱るんだよ。もう何度も叱られたよ」
薬草湯に一緒に浸かりながらそう教えてくれたのは、近所に住むというおじいさん。

「毎日欠かさず一番風呂に来るんだよ。もう9年も続けてる。3時ぴったりに時間を合わせて来るんだけど、今日は1時から開けてたんだってね。もう満員でびっくりしたよ」

客の大半は(というか全員が)お年寄り。自家風呂があるけれどここに通うという人も多い。
a0003150_2003997.jpg
銭湯と言えば、ケロリン!

洗い場は、鏡と蛇口の間に20センチほどの隙間があり、向かい側で体を洗う人の股間がストレートに見える。てことは、向こうの人にもこっちの股間が丸見え。
ま、そんな状態で隙間を通して石鹸の貸し借りをしたりしながら、和気藹々と湯を楽しむ。

ふと「時間ですよ」の船越英二を思い出したりした。ここのオヤジさんは、船越英二と言うよりはガッツ石松って感じだけど。

a0003150_201568.jpg
これも銭湯の定番。大きな体重計

明日元旦は8時オープンで正月早々朝風呂が楽しめる。
a0003150_2013542.jpg


こういう風呂、いつまでもあるといいなあ。

おかげで、いい2009年の締めくくりができました。

サウナ菊の湯
〒238-0026, 神奈川県横須賀市小矢部1丁目7−2
046-836-4527‎
[PR]
by shonanvil | 2009-12-31 20:01 | じゃらん日記NEW
<< 明けましておめでとうございます。 松飾り(モドキ) >>