<< 空の訪問者 stranger ... 逗子花火 10分で5500発! >>
レトロ花火@横須賀市西部地区納涼花火大会
逗子の怒迫力花火に続いて、29日に横須賀・自衛隊武山駐屯地で開催された花火大会に。
さすが自衛隊駐屯地内。VIP席には迷彩服の自衛隊幹部も。
a0003150_952254.jpg

納涼花火大会の名称通り、花火の始まる前には、盆踊りや太鼓のパフォーマンスも。
a0003150_9524988.jpg

ここの花火、打ち上げ総数1200程で、迫力の点では逗子などに敵いっこないが、見物席のすぐ前からの打ち上げ、しかも打ち上げ高度も低いのが特長。

体感仰角およそ70度。見上げるよりも寝っ転がって見るのにふさわしい、真上から降ってくるような花火が楽しめるのだ。
a0003150_9543671.jpg

一発一発ていねいに(というよりも、まだろっこしく)上がる花火を、あれこれおしゃべりしながら鑑賞する。逗子でなら素通りしてしまうような小さなしだれ花火でも、「ああきれい」「これ変わってるね」など、ひとつひとつを噛みしめるように楽しむのが、ここの流儀。

何度もこれがフィナーレかな? というささやかな盛り上げがあったかと思うと、また地味に普通の花火が続く。まったく演出不在というダラダラした展開だが、これもまた横須賀西部の田舎っぽさが出ていて、なかなか好ましい。

やっと訪れたホントのフィナーレは、それなりにがんばって、最後の踏ん張りを見せてくれました。



ご町内の和気あいあいとした雰囲気がいっぱいの和み系花火大会。
やっぱりこれを見ないと、夏は終わらない。
[PR]
by shonanvil | 2009-08-30 09:55 | じゃらん日記NEW
<< 空の訪問者 stranger ... 逗子花火 10分で5500発! >>