<< 誰にもあったモヤモヤ・ドキドキ... 夏バテ知らず >>
圧巻イタリアン「トラットリア ラ テスタドゥーラ」
a0003150_2391370.jpg

「神田の石頭」といえば、なかなかうまいイタリアンを食べさせてくれる店「トラットリア ラ テスタドゥーラ」。
「テスタドゥーラ」というのがイタリア語で石頭。文字通り頑ななまでに北イタリア・トスカーナを中心とした本場イタリア料理を妥協なく楽しませてくれる店。

前回行ったのがもう1年近く前。また行きたい行きたいと言い続けて、やっと再訪。

今回は、前回のセニョール3人に加えてセニョーラ1名(私の奥さんデス)の4人。
人数が多いほどわいわいといろんな料理をシェアして楽しめる。
今回もちょっと多いんじゃないのというほどオーダーをして、がっつりと頂きました。

ヒゲの吉田オーナーシェフ。
a0003150_6164948.jpg

その奥様でホール担当のNorikoさんが、人数や好みに応じてまことに適切にメニュー選びからワイン選びまでアドバイスしてくださる。
a0003150_2313162.jpg


まずは仔牛トリッパと白いんげん豆の煮込みフィレンツェ風。トスカーナらしい内臓系からスタート。飾らないトラットリアの雰囲気いっぱいのいいスタートです。
a0003150_23133730.jpg


タコとセロリのカルパッチョ
a0003150_23141137.jpg

に続いて、イタリア産ホワイトアスパラのオーブン焼き、半熟卵添え、バターとパルメザンチーズ添え。これがシンプルながらうーんとうならせるいい味わい。素材を活かすイタリアンならではのひと皿。
a0003150_23163043.jpg


パスタは、定番「トマトとバジリコのスパゲッティ」
a0003150_23165083.jpg


そしてこれも当たりの「からすみのリングイネ」。こってりまったりの味。少し辛めなので次々と口に入れたくなってくる。
a0003150_2338476.jpg


この辺りで、腹は結構満ちてくるのだが、イタリアのグルマンは、ここからお腹がぐーと鳴るのだという。

で、登場したのが、メインディッシュひと皿目、本日の目玉でもある「岩手産白金豚」。前回、前菜で初めて口にしたのだが、こんなにうまい豚肉があったのかと、まさに舌を巻いた。今回は炭火焼で。上品な甘さがありながら、歯ごたえも良く、繊細にしてワイルド。ふくよかな味わいだ。添えられたういきょうとのマッチングもいい。
a0003150_2326792.jpg


もうひとつの目玉が駿河湾の鮮魚。前回はホウボウをオーブン焼にしてもらったが、今回は今が旬のイサキをアクアパッツァ(水煮)に。
これがまた、めっちゃうまい。アクア(水)をパッツァ(踊るように沸騰)させるだけ?なのに、魚が持つ味わいがとことん出尽くすのか、じわっとしみ出るおいしさなのだ。
a0003150_23263172.jpg


さらに欲張ってメインをもうひと皿。ホロホロ鳥の胸肉のロースト。鳥レバーとレモンと何とかでつくった酸味のあるソースで頂く。
この辺りになると、下戸のくせに赤・白とグイグイ飲んだせいか、記憶力が食欲に負けはじめる。(以降、料理の名前の記憶はかなり怪しいデス。)
a0003150_2327576.jpg


そしてドルチェは、もう百花繚乱。
トスカーナ名物、ナッツやチョコレートチップの入った丸いケーキ「ズコット」
a0003150_23334285.jpg


マスカルポーネのセミフレッドにカッフェコレットを掛けたドルチェ。グラッパとエスプレッソの香りが素晴らしい。
a0003150_23281584.jpg
おなじみカタラーナ(冷たい焼プリン?)のジェラート添え
a0003150_2329617.jpg

そしてマイフェバリットは、超濃厚なリコッタチーズのプリン。
a0003150_23292614.jpg

いやあ、最後の最後まで、たっぷりと楽しい。

良き友とうまし物。楽しき語らい。これ以上の贅沢がありましょうか。

「トラットリア ラ テスタドゥーラ」
千代田区神田須田町1-13-8 加納ビル1F
03-5207-5267
11:30~14:00 17:30~22:00
定休日  日・祝 
[PR]
by shonanvil | 2009-08-12 23:11 | おいしい店 (記事)NEW
<< 誰にもあったモヤモヤ・ドキドキ... 夏バテ知らず >>