<< いま、ウイグルはどうなっているのか 葉山 焼き立てパン食べ放題対決... >>
「妖し」に惹かれて、野毛へ
masaさんの「Kai-Wai 散策」の記事が気になって、横浜・野毛の「都橋商店街」を訪ねてみる。

a0003150_21384713.jpg

緩やかにカーブした道に沿って、間口一間半ほどの店がびっしり並ぶ、“商店街”とは言ってもほとんどが呑み屋という、なかなかすごい商店街。
午前中に訪れたので、呑み屋はもちろん開いていない。
スタジアムのようにカーブした建物は、モダンなように見えて、最近の日本じゃあまり見かけない、不思議な猥雑感が漂う。
そうだ、バンコクやクアラルンプールの中華街にあるショップハウス(1階が店で2階が住まい)の混沌さだ。

2階は住居なのかな、と建物の両端にある階段を登ってみて驚いた。
a0003150_21394147.jpg
a0003150_2140219.jpg

なんと、建物の裏側には川が流れており、流れに沿った通路に、こちらにもずらりと呑み屋が並んでいるのだ。
a0003150_21404072.jpg

どの店も6畳あるかないか。ドアには「会員制」と書かれた店が多い。
アジア風の妖しさがいっぱい。夜には店々のネオンが川面に映って、さぞかし艶めかしいネオン川になるんだろうな。

a0003150_2141939.jpg

[PR]
by shonanvil | 2009-07-29 21:41 | じゃらん日記NEW
<< いま、ウイグルはどうなっているのか 葉山 焼き立てパン食べ放題対決... >>