<< ユースホステル 海洋深層水温泉、あとふた月 >>
雪の軽井沢 ネイチャーウォッチング
a0003150_12373460.jpg

リゾート再生のカリスマといわれる星野佳路(ほしの よしはる)氏率いる星野リゾートの本拠地、軽井沢・星野温泉。

ここにある「ピッキオ・ワイルドライフリサーチセンター」のネイチャーウォッチングに参加してみた。

a0003150_124619.jpg

a0003150_12375863.jpg

隣接する国設「軽井沢野鳥の森」を2時間半かけて野鳥や小動物達を観察しながら歩くコース。

氷点下3度。前の日に降った雪が10センチほど積もる、あまりいいコンディションではなかったが、この時期は木の葉が落ちて見晴らしも良く、冬の渡り鳥も渡ってやってきてなかなか楽しいバードウォッチングとなった。
a0003150_12382961.jpg


新雪のあとは、雪の上に動物たちの足跡が残る。
最初に見つけたのは野ウサギの足跡。歩幅の大きさからどれくらいのサイズか想像したり、間隔のあき具合で、ここでは結構早足で飛び歩いて、林にはいると立ち止まったり、ゆっくり歩き回ったりした様子が想像できる。

かなり大きなイノシシらしい足跡と交差したり、大小の鹿の足跡が絡むように残されていると、こりゃあ親子だな、とか、まるでそこにいるかのように、森を歩き回る動物たちの様子が目に浮かんでくる。

足跡ひとつで、こんなにも楽しいとは想像もしなかった。
これも雪の季節ならではだ。

ガイドしてくれるのは、生物学を学んだ専門家だ。優しくわかりやすく説明してくれる。通り一遍のマニュアル解説ではなく、ガイド自身が鳥や動物、植物が大好きな様子が伝わってくる。
a0003150_12394669.jpg

a0003150_12402034.jpg

小さな池で冬眠中のカエルをたくさん見つけたり、すぐそばの木でキツツキが木を叩く姿を見たり、それはそれは楽しいツアーとなった。

雪の山歩きに疲れたら、リゾート内の温泉「とんぼの湯」に。
a0003150_12425293.jpg

「村民食堂」で食べる地産の高原野菜炒めもうまい。
a0003150_12431848.jpg

[PR]
by shonanvil | 2009-01-27 20:03 | じゃらん日記NEW
<< ユースホステル 海洋深層水温泉、あとふた月 >>