<< 8/1 横須賀ベース フレンド... 7/30  葉山・逗子海岸 昼... >>
7/31 アカテガニ産卵
a0003150_0173683.jpg
三崎の小網代湾は、いまアカテガニの産卵シーズン。
満月の夜、無数のカニが小網代の森から海を目指して大移動し、身体を振るわせて放仔する様子を観察することができる。

2年前に続いて、2度目の体験。
シーボニア前から森を歩いて小網代湾の最深部へ。
a0003150_023539.jpg

小網代の森は、人の手が入ることなく生態系が守られた、関東では唯一の「完結した集水域」と言われるところ。深い入り江にはサギが飛び交い、ウシガエルが鳴く、貴重な森となっている。

浦の川の河口近くの広場には、すでに沢山の人が集まっていた。みんな長靴やウエットシューズを履いて、湾に入る準備OK。

葉山芸術祭でおじゃましたKさんご一家の姿も。
a0003150_0181087.jpg

自然保護ボランティアが紙芝居でアカテガニの生態を説明してくれた後、日没前に海に入り、膝まで水に浸かりながらカニが森から出てくるのを待つ。
a0003150_0182819.jpg

やがて日没。さわさわと葦の間から赤い甲羅の小さなカニが現れる。一匹、また一匹。これほどのカニがこの森に住んでいるのかと驚くほど、次から次へと湧くように現れ、水際で小刻みに身体を振るわせて卵を産み放つ。
a0003150_0184664.jpg
(産卵のとき身体を振るわせているのが、海面の波紋でわかる)

一度に40万くらいの卵が放出されるが、成長して再びこの森の戻ってくるのは、わずか2,3匹だという。

アカテガニの産卵は、8月中旬までの大潮の夜が見頃。8月1,2日あたりか、14,15日あたりがベスト。小網代湾奥の旧高橋別荘付近に17:30までに行くと、ボランティアの人が案内してくれる。もちろん「入場無料」。
詳しくは「小網代カニパト」のサイトを参照。
[PR]
by shonanvil | 2004-08-01 00:20 | じゃらん日記NEW
<< 8/1 横須賀ベース フレンド... 7/30  葉山・逗子海岸 昼... >>