<< 相模湾の夕景に異物が 環境漫才とCO2排出権購入 >>
ちょっとブームのシンガポール料理
東京近郊で肉骨茶(バクテー)を出す店はほとんど食べ尽くしたと思っていたが、最近「海南鶏飯」とセットでシンガポール料理がちょっとしたブームになり、ぼちぼちバクテーが食べられる店も増えてきたようだ。

というわけで、バクテー・クロニクルとしては、新たなリサーチを迫られてきた。

今回訪ねたのは、最近タイ・シンガポールなどアジア料理の店を積極的に出店しているゴールデンダイニングがプロデュースした中目黒の「五星鶏飯 Five Star Cafe」。
a0003150_6181893.jpg

スーパー脇の路地を入った、古工場をリニュアルした建物。なんだか、シンガポールの裏道を訪ねたようで、なかなか風情ある立地。
店内も猥雑感があって、かなりディープなアジアを感じさせる。

で、肝心のバクテーは、というと、なかなかいい味出してます。しかもご飯が、この店の看板料理「海南鶏飯」の鶏飯(鶏のスープで炊きあげたご飯)。さらに、ご飯のお代わり自由。
鶏飯はショウガがしっかり効いた、濃厚な鶏出汁がしみ込んだ香り立つスン晴らしい味!
a0003150_621955.jpg

・・・てことは、海南鶏飯もさぞかしうまいのだろう、とこちらも注文。
a0003150_6215353.jpg

ややっ、これはすごい! 都内で海南鶏飯をメニューに出しているところ数あれど、この味は1,2を争うぞ。ご飯(これがうまい! と何度でも言う)もスープもお代わり自由の太っ腹。満足度、かなりハイスコアです。

その他のシンガポール・マレー料理メニューもそそられるもの多数。しばらく通ってみるかな。

五星鶏飯
目黒区上目黒3-12-4-1F
03-3760-7028
11:30~15:00/17:30~23:00
定休日:日曜日
[PR]
by shonanvil | 2008-12-04 06:21 | じゃらん日記NEW
<< 相模湾の夕景に異物が 環境漫才とCO2排出権購入 >>