<< 「辺境作家」vs「外出作家」 国際村の変貌 >>
大正屋、今年もがんばる!
a0003150_22341663.jpg
5月のゴールデンウイークに、遠方からのお客様のために一時オープンした大正屋のかき氷。
店を切り盛りするご夫妻がご高齢なので、この夏はあまり無理をされなくても・・と思っていたら、「店を閉めてると、ドンドンって扉をたたくのよ」というわけで、ファンの声に応えて今年もシーズンイン。
a0003150_2238644.jpg

重い氷を切り出すのもなかなかの力仕事。小豆も密も全部自家製。これらを83歳と78歳のご夫妻がこなす。
「23で嫁に来て以来だから、もう55年なるのね」と奥さん。
週末には長蛇の列。ずっと立ち仕事。こりゃあ、体力的にもきつそうだ。
「でもね、喜んで頂けるのがうれしくってね」
その言葉に甘えてしまっていいのかどうか。
a0003150_22382927.jpg

でも、絶品の宇治金ミルクと、ご主人の松竹大船の思い出話の誘惑には負けてしまい、今年も通いそう。
[PR]
by shonanvil | 2008-07-16 22:38 | じゃらん日記NEW
<< 「辺境作家」vs「外出作家」 国際村の変貌 >>