<< 『時差ボケ東京』 中南米スイッチ スライド&トーク >>
スイッチ・ビーチ
a0003150_10494185.jpg

緑のトンネルの向こうには、キラキラと輝く海。
この写真だけで、ここがどこかわかるかな?

そう、あそこです。
あまりひとに教えたくない、漁村の細い道を抜けた行き止まりに、ひっそりと佇むビーチ。
とはいっても、多くのひとが知ってますけどね。

もやもや気分が晴れないとき。
ハイテンション・モードをリセットしたいとき。
ついつい足が向かうのがここ。
a0003150_1050615.jpg

浜辺に出ると、小さな漁船や舟小屋が建ち、
舟を引き上げるためのワイヤーが渚まで伸びていたり。

まったり、ぼんやりするのにぴったりの空間。
a0003150_10502423.jpg

夏が近づいて、ビーチにただひとつのホテルのテラスにも、ひとがぼちぼち増えてきた。

この近くには、サーファーやダイバーたちのメッカでもあった某ホテルがあったが、去年の夏に取り壊され、ぽっかりと空き地が口を開けて、もう1年近くが経つ。
a0003150_10504952.jpg

有名タレントの定宿だったり、「ビューティフル・ライフ」などいくつものドラマのロケ地となった場所。再建の構想がなかなか進まないらしい。

海水浴客で賑わうような活気に溢れたビーチではなく、いつ来ても季節はずれみたいな、静かで寂しげな砂浜。

誰にも教えたくない所だけど、実は誰でも知っている。
そんな感じの場所。
だからこそ、気分のスイッチにはいいのかもしれない。
[PR]
by shonanvil | 2008-05-23 10:45 | じゃらん日記NEW
<< 『時差ボケ東京』 中南米スイッチ スライド&トーク >>