<< 深大寺 昭和へタイムスリップ >>
『夕陽に向かって吠えろ!』
a0003150_934838.jpg
おだやかな週末の夕暮れである。

ご主人様に連れられての散歩。
この時期の散歩は、吾輩にとっては、殊の外楽しみである。

普段は人影も犬影も少ない国際村の夕暮れであるが、週末ともなればたくさんの犬仲間が集まるのだ。
a0003150_9362634.jpg

「去勢」などという人間の身勝手を断固拒否している吾輩。やや中年に差しかかたっとは言え、この時期はどうしても犬恋しくなる。

あっちを見ても、こっちをみても、フェロモン満載のお嬢さん達が私を誘っている(ように感じる。いや絶対にそうなのだ!)。

いかん、いかん。ほどよく枯れなんとしているご主人様を見習って、夕暮れの静寂に心奪われている吾輩であるべきなのだ。

と、どこからか「クイ~ン」という悩ましき声。
振り返ると・・・。
a0003150_9365626.jpg

やっぱり、心は千々に乱れる。
a0003150_9371940.jpg


ああ、煩悩多き、春の夕暮れ。
発情期のない人間がうらやましい・・・。

えっ、人間は一年中発情期??

※タロウ関連のエントリーはこちらこちらにも。

a0003150_9374343.jpg

[PR]
by shonanvil | 2008-04-20 23:57 | じゃらん日記NEW
<< 深大寺 昭和へタイムスリップ >>