<< ジャングルリバーの夕暮れ 衣笠の中華といえば・・・ >>
横須賀でバクテーの素材が手に入る
小豆蒙、肉桂、丁字、八角、枸杞、川弓・・・。
マレーシア・シンガポール名物、肉骨茶(バクテー)に使われる中国薬草だ。

「バクテーの素」を使えば、そこそこバランスのいい中国ハーブならではの味わいが出せるが、もうすこし個性を出すなら、やはり漢方薬草の店に出向くのがいい。

で、探したら、横須賀にも漢方薬の引き出しがずらりと並んだ、昔ながらの本格漢方薬局がみつかった。
a0003150_22273688.jpg

しかも店主さんが、白髪白ひげの、これぞ漢方薬局店主! という方なのだ。

a0003150_663769.jpg

ひとつずつ引き出しから出して、秤に載せる。
ついでに、最近気になる体調へのアドバイスも聞きながら・・・。

香港の裏町にひっそりとある漢方薬の店におじゃましているような、レトロな時間を味わう。
a0003150_665870.jpg


明日から1週間ほど、マレーシアへ。我がバクテーの師匠、佑記茶室のヤップさんの門を再び叩き、バクテー道の教えを請う予定。(なんちゃって、単なるアソビです)

中薬堂薬局
横須賀市若松町1-16
046-823-6718
10:00~19:00
定 休 日 日・祝日
[PR]
by shonanvil | 2007-12-17 22:28 | じゃらん日記NEW
<< ジャングルリバーの夕暮れ 衣笠の中華といえば・・・ >>