<< ほくほく釜飯@鎌倉 予言じゃないよ、「預言カフェ」 >>
地球温暖化セミナー@湘南国際村


a0003150_14304852.jpg
湘南国際村内の「地球環境戦略研究機関」という施設で、17日、「地球温暖化防止に向けた国際的な取組み ~現状と課題~」という催しが開かれ、CO2排出規制のお勉強をしてきた。

講師は浜中裕徳氏。
環境省で35年にわたって地球環境政策を担当し、京都議定書策定と実施に大きく関わり、京都議定書遵守委員会 共同議長も務めた方。

a0003150_1432644.jpg


来年から京都議定書を守るための第一の約束期間に入る、まさにそのときに、日本における議定書第一人者の話が聞ける、またとないチャンスとあって、会場にはあふれんばかりの人が押しかけた。
・・・のならいいのだけれど、残念ながら空席もたっぷり。
環境省も、まだまだ「チーム・マイナス6%」の広報が足りません。

a0003150_14323142.jpg
            セミナー後は、宇宙船内部のような地球環境戦略研究機関の内部を見学。

話を聞いて自宅に帰ると、届いた夕刊には、バレンシアで開かれたIPCC総会で、北極海の夏の海氷は今世紀末までにほぼ完全に消滅し、海面上昇が原因で洪水に見舞われる人々がアジア、アフリカの低地帯を中心に数百万人増加。数億人が水不足に直面すると指摘したというニュースがでかでかと載っていた。

これは、かなりの緊急事態。
我が家でも、早速ひとり一日1kgのCO2排出削減をやるぞ!
でも、どうやってやればいいのか?
ああ、まだまだ意識の低い我が家である。
[PR]
by shonanvil | 2007-11-18 14:33 | じゃらん日記NEW
<< ほくほく釜飯@鎌倉 予言じゃないよ、「預言カフェ」 >>