<< 夏も終わったね・・・・・ この夏最後の花火大会 >>
今日はちょっと特別な日。バクテーで乾杯!
a0003150_10531036.jpg

                 
バクテーは、食べ始めると中毒のようにまたすぐに食べたくなる。
二日前に食べたばかりなのに、また・・・・。
とはいっても、今日のバクテーはちょっと違いまして・・・。

妻が書いた本が出版され、今日あたりから書店に並びはじめたのだ。
我が家の南の島での1年半のセミ・リタイアメント暮らしを綴った本で、現地のひととの交流や暮らしぶりから、日本が失ってしまったもの、大切にしたいものを見つける、というお話。

朝から都内の主要書店を回ってみる。
ありました、ありました!
新宿紀伊国屋、ジュンク堂、六本木あおい書房、恵比寿有鱗堂・・・。
出版社が初版を予想以上に多く刷ってくれたので、どこも平積みをしてくれている。
赤い表紙なので、よく目立つ!

しばらく待っていると、一人の男性が本を手にとって見てくれる。
買ってくれるかな? と期待すると、あちこちページをめくって、やがて棚に戻す。
うーん、そう簡単には買ってくれません。
でも、妻にとって単行本の出版は初めてなので、目の前で自分の本を手に取ってくれる人がいることは、感動的な体験だ。

そしてお昼。アジア暮らしの本なのでアジア飯で出版を祝おう、というわけで夫婦でなじみの店、恵比寿「新東記」へ。本の中にも出てくるマレーシア・シンガポールの屋台料理「バクテー」で乾杯! 二人だけでささやかな出版記念パーティというわけだ。
a0003150_10525253.jpg

豪勢なお祝いでも何でもないが、地道なアジアの人々の暮らしや価値観を紹介した本の出版祝いとしては、これ以上にふさわしいものはない。

お世話になった現地の人たち一人一人の顔が目に浮かぶ。
濃い人間関係と、心を豊かにしてくれる海やジャングルなどの自然。
子供達の顔も、そして私たち親の顔も輝いていた。
なんて豊かな時間を過ごしていたんだろう。

この本のお陰で、我が家のマレーシア・セミリタイアメント暮らしの意味が、改めてはっきりしたように思う。
[PR]
by shonanvil | 2007-08-26 11:27 | じゃらん日記NEW
<< 夏も終わったね・・・・・ この夏最後の花火大会 >>