<< 金魚のテーマ・カフェ?? 本郷... 三浦海岸で早くも「桜まつり」 >>
本郷・根津KaiWai散歩
散策の達人masaさん(ブログ「Kai-Wai散策」)に案内してもらいながら、本郷・根津界隈を歩くのだから、楽しくないわけがない。

今回の目玉は、惜しまれつつ解体された大正初期のモダンなアパート「曙ハウス」の看板との再会。

これが根津にあった在りし日の「曙ハウス」。2年近く前にmasaさんに案内された時の写真。
a0003150_212525.jpg
激しく老朽化しているとはいえ、開け放たれた玄関にはまだ人を手招きしているようなチカラがあった。

そして去年の2月、ついに解体。
80年の間、人の出入りや暮らしを見下ろしていた「スウハ曙」の看板も、他の廃材と一緒に処分される運命にあったが、なんとか看板だけでも残したいというmasaさん達の熱意によって、解体から1年後の今月、「文京ふるさと歴史館」に展示・保存されることになった。

立派な展示台に載せられ、ひときわ大きく見える木とブリキの看板は、多くの地元の人や「曙ハウス」の解体を惜しむ人に見つめられ、少し照れているように見えた。(写真は、masaさんから提供して頂きました)
a0003150_2123197.jpg


「曙ハウス」を忍ぶ催しは、もう一カ所でもあった。
根津教会で開催中の「まちかどの近代建築写真展 in 根津」に、masaさん撮影の在りし日の「曙ハウス」の写真が展示されているのだ。

根津教会までの移動が、また楽し。
東大の学生達のための巨大な木造下宿「本郷館」の圧倒的な存在感にぶつかったり、
a0003150_213870.jpg
路地の奥で不思議なカフェと遭遇したり、あちこち寄り道、道草、はずれ道をしながら、それでも古き良きものの匂いを嗅ぎ取るという一貫したテーマで貫かれているというのが、masaさんならではのKai-Wai散策術。

ずいぶんと遠回りして着いた根津教会が、また古き良き風情をたたえた建物。懐かしい昔の匂いのする空間でご町内に存在した古き良きアパート建築の写真と出会う。なんとも粋な演出だ。
a0003150_2133916.jpg


お茶を頂き、牧師さんの奥様にお話を伺い、あまりの居心地の良さに展示風景の写真を撮るのも忘れてしまった。

そんなわけで、帰り道にmasaさんにごちそうしてもらった名物「根津のたいやき」の写真でkai-Wai散策を締めることに。
a0003150_214554.jpg
これがまたパリパリの薄皮にあんこたっぷりの見事にうまいたいやきでした。一匹140円の大満足!


文京ふるさと歴史館 文京区本郷4-9-29
3月18日(日)まで企画展「文京・まち再発見2 近代建築 街角の造形デザイン」開催中
時間:10:00~17:00 月曜日休館 入館料100円

日本基督教団根津教会 文京区根津1-19-6
2月17日(土)まで「まちかどの近代建築写真展 in 根津」開催中
この企画展で「曙ハウス」の看板、再現図面、写真などが展示されている。
時間:10:00~17:00(最終日は15:00まで)

根津のたいやき(柳屋高級鯛焼本舗) 根津店
文京区根津1-23-9 -104
定休: 火曜日・金曜日(他不定休あり)
10:30 - 16:00
いつも行列で、売り切れも多い。早めの時間がねらい目。

※店の電話番号、営業時間、定休日などはサイト管理人の備忘録として掲載しているもので、正確さを保証するものではありません。変更になっていることも多々ありますので、必ず、必ず事前にご自身で確認なさってください。
[PR]
by shonanvil | 2007-02-16 20:58 | じゃらん日記NEW
<< 金魚のテーマ・カフェ?? 本郷... 三浦海岸で早くも「桜まつり」 >>