<< のどかな佐島漁港の初春と、京急... 除夜の鐘&初詣 in 新善光寺 >>
おだやかな三浦半島の元旦
a0003150_1151198.jpg
湘南国際村グリーンパークの朝。
おだやかな相模湾だが、洋上に雲がかかり、富士山は雲の間にうっすらと見えるだけ。

それでも、元旦の富士山は格別。
すがすがしさが、ストンとみぞおちあたりまでくるような、なんともありがたい(??)光景だ。

国際村にも年賀状が届く。静かでピースフルな正月。
a0003150_11512289.jpg


家に戻って、家族揃ってのささやかな寿ぎの食卓。
a0003150_11514068.jpg

お茶だけは、新年のために封を切った、武夷岩茶の中でも最高峰の「大紅袍」。
武夷山の岩肌に育ち、岩の滋味「岩韵(がんいん)」が人を陽気にする力を持つという茶に、新しい年への思いを込める。

お茶請けには、千代田区千代田一丁目で購入の、宮内庁御用達羊羹。これほど正月にふさわしいお茶請けはない!
a0003150_11515920.jpg


「湘南国際村じゃらん」も、今月で4年目に突入。
いつも見て頂いたり、コメントを頂きありがとうございます。

今年はさらにああしてこうして、なんていう抱負はありませんが、変わらず淡々と続けていくことが自分にとっての価値と思っています。

サステイナブル(持続可能)な「湘南国際村じゃらん」です。(ホンマかいな!)

変わり映えしませんが、今年もお付き合いを頂ければと存じます。
[PR]
by shonanvil | 2007-01-01 11:52 | じゃらん日記NEW
<< のどかな佐島漁港の初春と、京急... 除夜の鐘&初詣 in 新善光寺 >>