<< 「噴火状夕陽!!」 映画「フラガール」 >>
三浦半島在住者ご招待! 湘南国際村センター「平山郁夫コレクション展」
湘南国際村には博物館もある。

湘南国際村センター1FのK-FACEが運営している「平山郁夫コレクション展」がそれ。
ちょうどいま、10月15日まで、三浦半島在住のひとはサイトからダウンロードしたチラシを持っていくと、入場無料になる。さあ、3連休に出かけるチャンスだ。
a0003150_14152129.jpg


さてその「平山郁夫コレクション展」だが、今回で第4期。
日本画家の平山郁夫氏がシルクロード各地で長年にわたり収集した文化遺産を紹介しているもので、今回は「海のシルクロード」がテーマだ。

シルクロードと聞くと砂漠の道を思い浮かべるが、草原ルートや海のルートもあり、海のシルクロードはインドから東南アジア、中国沿岸を結んでいた。陸のルートが戦争などでときどき使えなくなっていたのに対して、海のルートは比較的安全なので長く使われ、様々な物資や文化が行き来していたようだ。

その海のシルクロードがもたらした文化の軌跡を集めたのが、今回の展示だ。

ベトナムでつくられたイスラム様の大皿は、アラビア半島などへの輸出用に作られたと言うから、海のシルクロードを使って国際貿易が活発に行われていた様子がわかる。

古伊万里の皿に描かれた東インド会社のマーク。ヨーロッパ、東南アジア、日本を結んだ交易ルートが確立されていたことがわかる。
a0003150_14155246.jpg

そう広くない展示会場なので、展示品の数も少ないが、観客もいたって少なく、のんびりとマイペースで見て歩くことができる、希有な博物館だ。

三浦半島在住者の無料招待は、京急バス車内や公的施設などに置かれたチラシ、またはこのサイトからダウンロードしたチラシを持参するとOK(三浦半島住民かどうかは、別にたずねられません)。ただし、招待は10月15日まで。展示会自体は12月24日まで開催。

平山郁夫コレクション展「煌めきを求めて-シルクロードの匠たち」
湘南国際村センター1階 K-FACE展示室
平成18年4月29日(土・祝)~12月24日(日)
午前10時~午後5時(入場は4時30分まで)
一般:300円 高校生以下と障害者の方は無料
休館日  毎週月曜日(祝日の場合は翌日)と11月24日(金)
監  修 (財)平山郁夫シルクロード美術館
問い合せ (財)  046(855)1822/1823(展示室直通)
[PR]
by shonanvil | 2006-10-07 14:15 | じゃらん日記NEW
<< 「噴火状夕陽!!」 映画「フラガール」 >>