<< 三浦半島在住者ご招待! 湘南国... ミルフィーユな夕陽 >>
映画「フラガール」
a0003150_21584140.jpg
感動したい。泣きたい。
そんなひとに即効性の高い、なかなかの秀作映画。それが「フラガール」。

うまい映画作りで定評のあるシネカノンの制作、日本映画界で一番の期待を集める若手監督、李相日の作品というだけでも期待度は充分。

それに加えて、日本が貧しいけれどちゃんとした国だった昭和40年の炭坑町を舞台に、ずぶの素人である炭鉱夫の娘たちがプロのフラダンサーになっていくという汗と感動の悲願達成ストーリー。いわばヒットする日本映画の典型パターンを押さえた展開となれば、この映画、当たらないわけはない。

実際、ほんとに楽しく、心震える見事な作品に仕上がっている。

舞台は、閉山間近の常磐炭鉱。石炭から石油への流れには逆らえず、窮地を脱する策として持ち上がったのが、湧き出る温泉を使った「東北のハワイ」をつくろうという構想。
そう、常磐ハワイアンセンター誕生の裏にあった実話がベースだ。

急遽、炭鉱夫の娘たちからフラガールを募集し、東京から一流ダンサーを講師に招いての特訓が始まる。
盆踊りしか知らない娘たちが必死にフラに挑むのは、明日のない炭鉱暮らしからの決別であり、炭鉱と共に生きてきた親たちへの抵抗でもある。
家族との葛藤、講師である都落ちしたかつてのカリスマダンサーとの確執・・・。
そんな中で、くじけそうになりながらもフラに挑む娘たち。

そして、ハワイアンセンターはオープンの日を迎える。
激しく打ち鳴らされる打楽器のリズムにのって、娘たちが踊るフラ、そしてタヒチアンダンスの素晴らしいこと、見事なこと。娘たちが涙し、会場が涙し、そして映画館の観客誰もが涙する。
a0003150_222660.jpg

お涙頂戴物の3点セットである「子供、病気、死」のどれも、この映画にはない。それでもみんなが涙するのは、やはり、がんばれば願いが叶う、という素直な社会がそこに描かれていたからだろう。

フラガールのひとり、南海キャンディーズの静ちゃんの味のある演技も、ジェイク・シマブクロの音楽も楽しみのひとつだが、やっぱり大きいのはフラのチカラ。
いまや日本のフラ人口は50万人。そのわけも納得できる。

すでにハリウッドでのリメイク版製作の話も出ているらしい。「Shall we dance」に続く日本映画の快挙なるか? と、「フラガール」の勢いはとどまるところを知らない。

映画「フラガール」
湘南地区では横須賀Humaxシネマ8、藤沢オデヲン、ワーナーマオカルシネマズ茅ヶ崎、シネプレックス平塚で上映中。

ジェイク・シマブクロの演奏するテーマ曲にい合わせた映画の名シーン・クリップが楽しめるサイトはこちら
[PR]
by shonanvil | 2006-10-03 21:58 | じゃらん日記NEW
<< 三浦半島在住者ご招待! 湘南国... ミルフィーユな夕陽 >>