<< 東京ビギナーズ旅行 その2 蓮の花と、蓮のお茶 >>
東京ビギナーズ旅行 その1
2泊3日で東京旅行に出かけてきた。

え? 東京なんて毎日のように行ってるでしょ??

ところが、今回は正真正銘の東京旅行。飯田橋とお台場のホテルをベースに、月島、浅草、お台場をめぐる「おのぼりさん旅行」を満喫。
一応テーマは「水辺から見た東京」。実態はいつものようにうまいもん食べ歩きメインなんだけどね。
a0003150_9564619.jpg
セーヌ河のほとりを彷彿させる、大川端&隅田川

初日は佃島から月島へ。もちろんめざすは「もんじゃ焼」。
昼過ぎからもんじゃストリートを歩くと、元商店会長というおじさんが声を掛けてきた。

「昼からやってるような店に入っちゃダメだよ。うまい店は夕方しか店を開けないの。だってそうだろ、繁盛してる店は客が少ないときにまで商売しなくてもいいからさ。夕方出直してきな」
おいおい、会長さんがそんなこと言っちゃっていいの!?
「いいんだよ。もうやめちゃったからよ」
・・・下町らしい、いいノリです。

てなわけで、ご忠告ごもっともと夕方に出直し、入ったのがこの店、「上州屋&風ぐるま」。
「&」が付いているところなど、名前からして怪しげだが、実は奥さんが仕切る有名店「上州屋」が改装中のため、ご主人が仕切る「風ぐるま」に一時的に合体しているという、わかりやすい事情がありました。
a0003150_9571479.jpg

笑顔がクセになっちゃったというような愛嬌たっぷりのおやじさんが手際よくつくってくれたのは、最近はやりの明太子をどっちゃり入れたもんじゃ。ピリリとした明太子とだし汁のうまみがミックスした、なかなかおつな味わい。
a0003150_9573928.jpg

月島には約60店ものもんじゃ屋がある。伝統的な店もあれば、実験的アバンギャルドなもんじゃを食べさせる店もある。わずか1キロたらずの通りで熾烈な「もんじゃ戦争」が繰り広げられているのだ。
[PR]
by shonanvil | 2006-09-18 09:57 | じゃらん日記NEW
<< 東京ビギナーズ旅行 その2 蓮の花と、蓮のお茶 >>