<< 湘南国際村から夕陽を見る会 湘南の夕空は秋の気配 >>
「夏よ、さらば!」 のかき氷
8月最後の日。フィナーレを飾るにふさわしく、カーッと本気で暑い日となった。

こうなりゃ、今年の夏の食べ収めに、葉山・大正屋のかき氷へ、まっしぐら!

ことしもご夫妻でお元気にてんこ盛りかき氷をしゃかしゃか作って頂きました。
ご苦労様でした。
a0003150_2222013.jpg

なんでも、8月2日にNHKが取材に来て放送されて以来、遠くからも大勢の人がやってきて、この夏はいつにない大忙しだったとか。

自家製の氷はもちろん、あんも蜜もすべて自家製。老舗らしくとにかくこだわる。
そのくせ、レモン、イチゴなどは150円(お持ち帰り)と、コンビニ価格。
a0003150_22359.jpg

写真の「当店一番人気」の宇治ミルク金時は、ほどよい甘さのあんこがカップの底とてっぺんにたっぷり入り、ミルクも全体を覆うようにたっぷりかかって、250円! ひとりじゃ食べきれないボリュームです。

ちなみに道路から見て右側がお持ち帰り用のコーナー、左側がテーブル席。値段も違って、テーブル席なら飲み放題の麦茶がついて宇治金ミルクが400円。
片や発泡スチロールのカップ入り、片やおなじみのガラス皿入り。ボリュームはほとんど同じ。
さあ、あなたならどっちでいく?

いつも入口で悩むところだが、今回は海辺に持っていって、去りゆく夏気分に浸ろうかと、テイクアウトコーナーに。
実はこちらにも丸椅子が4つほど置いてあって、座って食べることもできるのだ。

それじゃあ、ほとんどテーブル席と変わりないじゃん! こんな、まるで商売っ気がないところも大正屋さんの魅力です。

おまけに厨房?とも近いので、あれこれ話を楽しむことも出来るのだ。
これなら、文句なしに「お持ち帰りコーナー」へ直行! というのが、ここの正しい使い方のようだ。

大正屋氷店
葉山町堀内373
電話:046-875-0991
営業時間、休みは不定。
[PR]
by shonanvil | 2006-08-31 22:09 | じゃらん日記NEW
<< 湘南国際村から夕陽を見る会 湘南の夕空は秋の気配 >>