<< 世界遺産をジャンク船でクルーズ 谷間の桃源郷 >>
北ベトナム おいしいもの
ここいらで、ベトナムならではのおいしいものを。
a0003150_8202322.jpg

まずはフルーツ。熱帯系から山岳地帯の果物まで、その種類は豊富なのが北部ベトナムの特長。上の写真最上段の赤いフルーツ「ドラゴンフルーツ」は最近日本でもよく見かけるが、本場モンは、ドラゴンフルーツってこんなにみずみずしく甘い果物だったんだ、と感動するほどのうまさ。(写真下)
a0003150_9582860.jpg

ベトナム料理といえば春巻。

フランスのシラク大統領も訪れたという老舗ベトナム料理の店「インドシナ」の生春巻(写真下)もうまいが、
a0003150_821148.jpg

ハノイでは生より揚げ春巻が主流。
ホテルの何気ないランチプレートにも揚げ春巻きが載る(写真下)。
a0003150_1132253.jpg

街の大衆食堂で隣の人たちが食べていた揚げ春巻と豚肉スープ。うまそうなのでじとーっと見ていたら、こっちにきて一緒に食べよう! と誘って頂いた。
a0003150_8212046.jpg
さくっと揚がった熱々の衣と中から飛び出すジューシーな餡。シャレこけた店より、こんなB級グルメ的豪快な揚げ春巻の方がおいしいことを発見!

ベトナムグルメの締めくくりは、やっぱりフレンチでしょう。
フランスがインドシナ半島に残した文化功績は大きい。ハノイ市内にもいくつかのフランス料理レストランがある。
「フランス料理をコースで喰わしてやる!」というのが、日本出発前の子供達への約束。
日本ではそんな贅沢をさせるつもりはないが、ベトナムが歩んできた歴史を舌で感じるという社会勉強にはぴったりと考えたのだ(実は、親の太っ腹ぶりを安上がりに見せるためだけなんだけど)。
a0003150_8215699.jpg

瀟洒なフランス邸宅を利用したレストラン「ホアスア」。内装はシックで客のほとんどは外人。子供連れで大丈夫かというほどの雰囲気だが、そこはベトナム。スタッフはフレンドリーで固苦しさはまったくない。
子供達には3コースのプリセットメニューから各コースを選ばせ、大人はアラカルトでひとつひとつを吟味しながら選ぶ。
照明を落とした店内で、さすがにストロボを焚くわけにもいかず、暗めの写真を思いっ切り増感した写真だが・・・・
a0003150_100884.jpg
子牛のエスカロープなど、まずまずの食事でした。(でもホーチミンの方が味もセンスも上かな?)

子供達にはナイショだけれど、前菜、メイン、デザートの3コースセットはなんと700円ほど。おとなもあれこれ頼んでひとり2000円もしない!(ワインは別)
この店の人気デザート「チョコレートムース」はなかなかでした!
a0003150_8221893.jpg

[PR]
by shonanvil | 2006-08-19 08:22 | じゃらん日記NEW
<< 世界遺産をジャンク船でクルーズ 谷間の桃源郷 >>