<< ベトナムの高原リゾート サパ 湘南・相模湾 パノラマ花火のベ... >>
ド! カラフル!! これが彼らの日常服 ベトナム山岳少数民族
a0003150_2062446.jpg
10日間ほど、ベトナム北部の山岳地帯を歩き回ってきた。

ハノイから夜行列車に乗って中国との国境の町ラオカイまで9時間。そこからフランス時代の避暑地の面影を残す街サパまで車で1時間。さらに山道を3時間かけてやっと到着するのが、バクハーの街。

ここで毎週日曜日に市が開かれ、近郷の村々からたくさんの山岳少数民族が集まってくるのだ。
とくに多いのが、花モン族と呼ばれるひとたち。その名の通り、女性たちの服装の色鮮やかなこと。
幸せを呼ぶという赤やピンクをはじめ、これでもかというほど極色彩の肩掛けからブラウス、腰ベルト、そしてスカート・・・。
a0003150_2074977.jpg

市場を埋め尽くす人の大半がこんな衣装なのだから、もう辺り一面花園のようです。
a0003150_2064722.jpg


棚田を表しているという、細かい縞模様。刺繍もこまかくずっしり重そう。
これ、お祭りのための特別な服ではありません。彼らの日常服!
この服で家事も、田植えも・・・。寝るときさえこの服のまま、らしい。
いったい何のためにこんな服を着続けるのか??

子供も、お雛様のようなあでやかさ。
a0003150_2081564.jpg

おばあちゃんも、若い女性に比べればちょっと地味だが、それでも充分ハデ!
a0003150_2083875.jpg

周辺には、この花モン族の他、黒モン族、赤モン族、赤ザオ族、ザイ族などたくさんの少数民族が住んでおり、それぞれの種族ごとの異なる服を着る。

今回は3つの部族の村を訪ねたけれど、いやあ、グローバリゼーションを鼻で笑うような、個性豊かさ。地球はまだまだ多様性に富んでます!

ぬかるんだ道をジープで移動したり、長距離を歩いたりと、かなりハードな旅だったけれど、子供達もよくついてきてくれた。えらい!!
[PR]
by shonanvil | 2006-08-13 19:53 | じゃらん日記NEW
<< ベトナムの高原リゾート サパ 湘南・相模湾 パノラマ花火のベ... >>