<< 皇宮護衛官って? 7/21 港町横須賀の夕景 >>
7/22 国際村にバラライカの調べ
湘南国際村センター付近を散歩していたら、どこからか哀愁を帯びた弦楽器の音色が聞こえてきた。

音のする方をたどっていくと、センター内のある部屋で数十人のひとがロシア楽器を演奏中。
しばらく入口で聞き入っていると、「中に入ってお聴きになりませんか?」というお誘い。
a0003150_14134669.jpg

実は、日本で唯一のバラライカを中心にしたアンサンブル、「東京バラライカ・アンサンブル」が25日のコンサートを前に、国際村で合宿練習をしているのだという。
a0003150_1414252.jpg


メンバーの方が「三角の楽器がバラライカ、丸いのはドムラというんですよ」と、ていねいに解説をしてくださる。
a0003150_14144352.jpg
a0003150_1415179.jpg


やがて、ロシアから特別に招請したというバラライカの巨匠、ヴァレリー・ザジーギン夫妻、ドムラの名演奏家アレクサンドル・ツィガンコフ夫妻も到着し、我々の隣に座って打ち合わせの開始。
「お二人ともロシアでは国民的な音楽家なんですよ」とメンバー氏。ありゃりゃ、大変なところに来ちゃった!!
a0003150_14155226.jpg
(リハーサル中のザジーギンさん)

やがて、40人の日本メンバーとロシアからのお二人を交えてのリハーサルが始まった。
「トロイカ」や「一週間」など、日本人にもおなじみの曲がつぎつぎと演奏される。

いやあ、繊細で美しく、それでいて雄大なロシアの大地を思い起こさせる情緒豊かな演奏・・・。思いがけず、生で世界最高峰のロシア民族音楽を楽しむことができました。

25日のコンサートは、日本でのバラライカ普及に貢献しながら若くして亡くなった故北川つとむ氏の追悼公演として、御茶ノ水「カザルスホール」で18:30開演。関心のある方はぜひ!!
a0003150_1415279.jpg


問い合わせ:東京バラライカ・アンサンブル(HPはこちら
      03-3918-7770

※メンバーのみなさん、見学させていただきありがとうございました!!
[PR]
by shonanvil | 2006-07-22 14:15 | じゃらん日記NEW
<< 皇宮護衛官って? 7/21 港町横須賀の夕景 >>