<< 7/1 じっとり夕空 たこ、しらす、テングサ・・・初... >>
国際村のゆくえ
湘南国際村計画が大きく変わろうとしている。

三浦半島に一大国際交流拠点を設けようと言う長洲元神奈川県知事の構想ではじまった湘南国際村計画。
いま完成しているのは全体計画の約4割で、残りの計画地は山を切り崩した荒れ野原が無惨に放置されたままで10年が過ぎた。

この間の日本経済の減速で、企業研修所の進出も、住宅地としての開発もむずかしいと言うことになり、結局去年末に今後の開発の断念を県議会が決定。住民への説明会や地元自治体との調整が進められてきた。

山を切り崩したまま、10年間も立ち入りを禁止されたまま放置されていた100ヘクタールもの広大な荒野がいまどうなっているのか、今後どうするつもりなのか。住民の不安を解消するための現地見学会が2週間前に行われた。
a0003150_14151494.jpg

ワゴン車に分譲してゲートを入ると、木立はなく草が繁茂するまさに荒れ地が広がる。かつてゴルフ場として山を削り、その後国際村開発のためさらに削り取られ、元の地形を想像もできないほど作りかえられた。

下の写真は、最初の分譲当時に現地案内所が設けられていた見晴台から見た、現在の国際村。
a0003150_14153992.jpg
ここから、悪路を車酔いするほど激しく揺られながら、敷地最東端、大楠山に連なる谷道まで移動。
a0003150_1416377.jpg
そこから秋谷の里方面を見ると、都心から50キロしか離れていないところにこんなに豊かな自然が残されていたのかと目を見張るばかりの深い森が広がる。
a0003150_14162248.jpg

40年以上前のゴルフ場開発に始まって、ゴルフ場会社の経営難による閉鎖、放置による土砂災害の発生、三井不動産への土地転売、県が主導した湘南国際村構想による再開発、そしてバブル崩壊に伴う開発の中途断念・・・。この間に大きな金が動き、利権をむさぼる大小の動きがあり、反対派のリーダーの自殺がありと、明暗こもごもの時が流れた。

まるで日本列島大改造の軌跡をそのまま再現したような国際村プロジェクト。
大楠山、宝金山山系という三浦半島有数の自然が破壊されたことは事実だ。
開発断念に伴って、予定地は再び緑地として再生されるという。もちろん、かつて動物学者・植物学者が自然の宝庫として研究対象としたあの状況には、もう戻るわけはないが、ひとびとが自然に親しめる緑地公園として再生されるならば、少しは開発の爪痕の治療にはなるのかも知れない。

国際村に人々が住み始めて、もう10年近くが経つ。ここで生まれ、育つ子供達もずいぶん増えてきた。
当初予定されていた小学校の建設も、開発中断によって実現不能になってしまった。今後も、遠く離れた学校まで通わなければならなくなる。
しかし、不便でも彼らにとってはここがふるさとだ。すぐ近くに森や里があり、季節を肌で感じながら暮らすことができる。
国際化も大切だが、身近な自然を楽しむことは、もっと大切なことだ。今回の開発見直しは、「国際村」という名前の、「国際」よりも「村」の持つ意味の大きさを私たちに教えてくれたように思う。

※湘南国際村の詳細は、本ブログ内の「湘南国際村とは」をご覧ください。
[PR]
by shonanvil | 2006-07-01 15:02 | じゃらん日記NEW | Comments(18)
Commented by gaiaship at 2006-07-02 01:09
ここでまた間違った選択をしないようにしてほしいなと思います。
自然と人の世界との境界線が見えるような、昔ながらの森に戻ってほしいな~。
Commented by HA-MA at 2006-07-02 08:19 x
阿部倉(大楠)トンネルから秋谷へ抜ける時、
沿道の(今の所)豊かな自然と産廃最終処分場との対比を眺めながら…
『地下水は確実に汚染されて、元々住む動物のテリトリーは一体…』と思わざるを得ません。
そして、この道が計画されると直ぐに地図を広げていた、県・市会議員や地元商工会役員そして銀行家達…
長柄にコンビニが出来たり、どんどん狭くなっていく葉山の一戸あたりの敷地面積とマッチ箱のような家並…
秋谷の里がまだ里だった頃の原風景は遠い昔のセピアなポジ(メモリーチップ)の中に押し込まれてしまうのでしょうか…
その頃には葉山の御用邸も公園になっているのかもしれません。
Commented by HA-MA at 2006-07-02 08:26 x
秋谷←子安(の里)のことでした...A^^;

この十年間、これだけ素晴らしい(開発されていない自然豊かな)住環境に住まわれていた方々が、純粋に羨ましいです。
Commented by じゃらん堂 at 2006-07-02 22:13 x
gaiashipさん。ほんとです。自然に手を入れるときは、慎重な上にも慎重さが求められますね。
Commented by じゃらん堂 at 2006-07-02 22:16 x
HA-MAさん。阿部倉トンネルのコース、走っていて余り楽しい道ではありませんね。片側はずっとフェンスが続いていますからね。産廃街道なんて呼ぶ人もいます。
Commented by masa at 2006-07-03 04:06 x
上から2番目の、国際村を見渡す風景がスゴイですね。高地に造られた古代の遺跡を見ているようで…。想像力膨らませ過ぎでしょうかね(^^; でも、何度見てもそう見えてしまうもので…。
Commented by じゃらん堂 at 2006-07-03 05:59 x
masaさん。なるほど、さすが見る眼が違いますね。
言われてみると、南米マチュピチュの遺跡に見えなくもないかも。
「あんな山の上になんでこんなもんつくっちゃったのかね。良くわかんないね」といわれるのも、マチュピチュに似てますよね。 
上空を舞ってハイカーの弁当を狙うたくさんのとんびを見るにつけ、かつてはこの山全体が、君たちの住みかだったんだよなあ、と思うことしばしばです。
Commented by まかべ at 2006-07-03 06:54 x
はぁ、ためいきが出るような話ですね。よくスーパー○チャンネルとかで、開発中止で放置された高速道路のコンクリート柱なんかが出てきますが、あれに近い? その後緑地に戻す、というのがいちおう救い。産廃処理場などにすり替えられないことを祈ります。
Commented by じゃらん堂 at 2006-07-03 22:34 x
まかべさん。こんにちは。
国際村BC地区(工事未着工地区)は緑地に戻し、A地区(現在の国際村)の販売未了の土地(研修所用地など)は、研修所誘致はあきらめ、住宅200戸、その他商業施設、病院などの福祉施設などに転用することが決まっているようです。少なくとも、産廃施設などにはならないようです。緑地は、大楠山につながるハイキングコースができたり、部分的に公園化したりということになりそう。
いずれにしても、9月に県の案が決まり、議会で検討・決定。来年度から着工という流れになりそうですよ。
Commented by sara at 2006-07-06 08:51 x
はじめまして。
当時A地区のインフラ構築に微力ながら携った物です。
三井不動産の案内で現地視察した時、木が倒されぬかるんだ土が剥き出しになった山を見てむなしい気分になったと同時に衝撃を受けました。
仕事なので仕方ないのですが、あの光景を見てしまうとこのプロジェクトに関わること自体、個人的には抵抗を感じました。
かつて本物の豊かな自然が存在し、その犠牲の上に今の国際村があることを住民の方は忘れないでほしいなと思いました。
Commented by じゃらん堂 at 2006-07-06 10:31 x
saraさん。そうだったんですか。開発に携わっていらっしゃったんですね。
もし、当時の写真や資料などお持ちでしたら、お借りすることはできないでしょうか。少しずつ、開発の経緯などの資料を集めたいと思っているのです。住民として、遅ればせながら過去のいきさつや状況を把握することから、まず始めるべきだと痛感しているのです。
一度、右側の欄の上の方に書いてあるアドレスshonanvil@・・・にメールをいただけませんでしょうか。
Commented by sara at 2006-07-07 17:11 x
残念ながら当時は下っ端の下っ端だったので写真とか資料とか持ってないんです。
住民の観点から国際村の生い立ちを調べるって大変そうですが、大切な意味を持つことかも知れませんね。
Commented by miemomo at 2006-07-27 22:28 x
はじめまして、じゃらん堂さんのいつも美味しそうなレポを楽しみにしてる読者です。
そして旦那の親が国際村に住んでいますので、ほぼ毎週遊びに行っているんですが。。。
確かに開発中止って言うことも聞き、両親も現地見学会に参加したようですが、実際こんな話になっているとはつゆしらず、びっくりするばかりです。

そうですね、最初両親が家を買ったときには小学校建設予定とか言ってましたね。
そして県営住宅や市営住宅も建設されるとも聞きました。

この記事は自分にとっては身近な場所なだけに衝撃をうけました。
じゃらん堂さんが書いてくれなければ気がつかずにいたことでしょう。
何かできることはないかもしれませんが心に留めていきたいと思いました。
ありがとうございます。
Commented by じゃらん堂 at 2006-07-29 07:02 x
miemomoさん。いま住民アンケートを頻繁にとって要望を県や三井不動産にぶつけたりと、自治会は相当がんばってくれています。
自然環境の保全と住民の生活基盤の確保は、なかなか両立がむずかしいものですが、住民エゴにならないように、国際村単体ではなく、周辺地域の人たちと一緒に、この地域を今後どうしていくのかという作業をしていくことの大切さを痛感するこのごろです。
Commented by FOREST at 2006-08-06 16:06 x
はじめまして。横須賀の西地区の住民です。楽しく拝見させていただかせてもらってます。ところで開発が中止になるということは、いま国際村の南で行き止まりになっている中央道路の武方面への延伸はなくなるんでしょうね。。
Commented by JARANDO at 2006-08-08 08:07 x
JARANDO DESU. IMA KAIGAI DESUNODE ROME-JI DE SITUREI SIMASU.

KOKUSAIMURA NO KAIHATSU CHUUSI TO CHUOU DOURO HA BETU NO YOUDESU.
TADA, TAKE HOUMEN NI TUNAGARUNOHA SOUTOU SAKI DESHOUNE.
Commented by 湘南地区(相模湾側)の住民 at 2007-06-03 14:39 x

道路整備も含めて、
交通整備が延期している、

(現小田急)江ノ島~(現京急)逗子~林~三崎口~油壺
(現京急)中央~(現JR)衣笠~林

の湘南地区・相模湾側の開通を急いでもらいたい。

開通予定で、みんな引越して来ているのだから


Commented by じゃらん堂 at 2007-06-03 20:21 x
湘南地区(相模湾側)の住民さん。鉄道開通は経済情勢からも夢がどんどん遠ざかりつつありますが、道路だけでも整備を進めて欲しいですよね。自然への負荷の少ない開発の名案はないものでしょうかね。
<< 7/1 じっとり夕空 たこ、しらす、テングサ・・・初... >>