<< 6/4 「秘境」岩の神殿 5/28 千枚田の田植え終わる >>
6/2 「恵比寿麦酒記念館」のビール注ぎ名人
サッポロビール恵比寿工場跡地に「恵比寿ガーデンプレイス」が誕生して、もう12年が経つ。

いまでは六本木ヒルズに話題性も集客力もはるかにかなわない存在になってしまったが、都心再開発の第1号として大いに注目され、いまでもなかなか賑わっている。
けれど、その一角にサッポロビールの本社ビルがあり、そこに「恵比寿麦酒記念館」があることを知っているひとは、あまり多くない。
a0003150_17553292.jpg

ここ、知るひとぞ知る、なかなかのスポットなのだ。
ビールの歴史などをひと通りの見学の後、生きている麦酒を最高の状態で飲める「テイスティングラウンジ」というのがある。これがお目当て!
有料だが、200円から400円で、おつまみ付き。しかもサッポロビールえり抜きのビール注ぎの名人たちが、一杯一杯ていねいにグラスに注いでくれる。
実は、このワザが全く見事!! こんなにクリーミーな泡のビールは飲んだことがない、というほどきめ細かく、いつまでも消えない泡のビールを楽しませてくれるのだ。

a0003150_1843198.jpg
とくにおすすめは、ヴァイス(酵母入り)・エール(マイルドタイプ)・エビス(黒)・エビスビールがセットになった「飲み比べセット」400円、おつまみクラッカー付き。
ま、あくまでもテイスティングですから、酔っ払うほど飲む場所ではありません。
a0003150_1845840.jpg

実は、工場跡地の再開発が決まり、ガーデンプレイスの工事が始まる直前。解体前の工場に潜入したことがある。100年の歴史を持つ工場には、このままつぶしてしまうにはもったいない、記念碑的な生産設備やレトロな意匠の扉、階段などが山ほどある。それらを吟味し、記念館に残すものを選ぶという作業のために潜入したのだ。そうして選んだパーツが、この記念館に内装具として、あるいは展示品として、またインスタレーションアートとして所蔵されている。今回ここに立ち寄ったのは、それらのパーツ達との10数年ぶりの再会のためでもあったのだ。

テイスティングラウンジは、ドイツのビヤホールを彷彿させる居心地のいい空間。
「恵比寿」という地名の起源となった「恵比寿ビール」を、恵比寿で、しかも恵比寿ビール発祥の地である工場跡地で飲む。うまくないわけがありません!!

恵比寿麦酒記念館
渋谷区恵比寿4-20-1
恵比寿ガーデンプレイス内
03-5423-7255
10:00~18:00(受付終了 17:00)
月曜日休館
[PR]
by shonanvil | 2006-06-04 17:56 | じゃらん日記NEW
<< 6/4 「秘境」岩の神殿 5/28 千枚田の田植え終わる >>