<< 6/2  国際村でメダカ捕り?? 5/30 ディズニーシーより、... >>
5/31  ダビデさんの個展 at 銀座
a0003150_10255.jpg
葉山上山口在住のドイツ人アーティスト、ダビデ・ガルデさんの個展が、銀座の画廊で開かれている。

上山口のお宅でダビデさんの作品を最初に見たときには、カルチャーショックを受けた。

人間の原罪を問いかけるような、メッセージ性・思想性の高い絵画を、これまであまり見慣れていなかった。
戸惑いながら、消化不良を起こしたままでいたそのとき、個展のお知らせを頂いたので、もう一度みたいと、出かけたというわけ。

私が訪ねた時には、まだダビデさんはいらっしゃってなかったが、作品を一通り見たところで、画廊のオーナーで画家の西村富彌さんが声をかけてくださり、我々の質問に答えて解説してくださった。

ダビデさんは、日本では数少ないドイツ表現主義の影響を受けた作家であること。
それまでの、印象派などの物事の外面的な特徴を描写する絵画とは対極に位置する、不安や葛藤などの感情を表現する、内面志向の芸術であること。

・・・なるほど、自然の美しさや外から見える美しさを描いたアートに慣れてきた日本人にとっては、難解に見えるのも当然か。

そう語る西村さん自身、東京芸大を卒業後、スペイン・マドリードで古典絵画を勉強。フランコ体制末期の混沌としたスペインの世相に触発された、孤独や別離などをテーマにした作品を書いて来られた。

画集として出版されている何冊かの本を見せていただきながら、ライフワークとしての作品づくりと、若い人に発表の場を与えるための画廊経営について、話を聞かせてもらった。

西村さんの情熱とビジョン。ダビデさんを高く評価し支援している様子がよくわかった。
ダビデさんには会えなかったが、西村さんとの出会いは、貴重な時間となった。

個展は今週の金曜日(6/4)まで。まだ間に合います!

「ダビデ・ガルデ」展
銀座「NICHE GALLERY」
中央区銀座3-3-12 銀座ビルディング3F
電話:03-5250-1006
会期 5/24ー6/4
時間 11:00ー18:30
[PR]
by shonanvil | 2004-06-01 10:26 | じゃらん日記NEW
<< 6/2  国際村でメダカ捕り?? 5/30 ディズニーシーより、... >>