<< 5/28 千枚田の田植え 5/23  まぼろしの子安温泉 >>
おいしい店  イタリアン食材「タントテンポ」
葉山小学校から逗子方面にトンネルを抜けた先は、ちょっとしたヨーロッパ小道。

老舗の「ボンジュール」にイタリア食材の「タントテンポ」、フランス雑貨の「ラ・フレーズ」・・・。
これにカナダ家具・雑貨の「CAN-L」も加わって葉山一番のインターナショナルな雰囲気を醸し出している。

「タントテンポ」は、ヒルサイドパントリー代官山の代表を務めていた斉藤芳昭さんが、あの食文化研究家北村光代さんのアシスタントをしていた奥さんと開いた店。
それを聞いただけで、どれだけこだわった品がおかれているかわかる。
(あれこれ試食が楽しいゾ。タントテンポのカウンター)
a0003150_135521.jpg

ヒルサイドパントリーは、ヨーロッパだけでなく世界の食材がおかれ、奥にパンコーナーも併設された楽しい店だった。ときどき試食の品が出されていて、それをつまむのも楽しみだった。
珍しい食材を買って、サンドイッチをかぶりつきながら旧山手通りををぶらぶらする、という日曜日の楽しみになくてはならない店だった。

その伝統?が「タントテンポ」にも引き継がれ、レモンバター、アンチョビバターがらオリーブまで、いろいろ試食できるコーナーがある。その場でサンドイッチを作ってもらえるのも、代官山と一緒。

うまいものを食べるのは文句なしに楽しいこと。それを実感させてくれる店だ。

それにしても、ミラマールの野澤光男さんといい、ここの斉藤さんといい、代官山で活躍したひとが葉山に引っ越してくるというパターン。ほかにもあるのかも知れないね。

代官山にないものが葉山にはある、という証拠だ。

葉山堀内「タント・テンポ」

葉山町堀内744-7 ラ・ポール101

地図検索はこちらに上記住所をコピペして「さがす」をクリック。

三浦半島おいしい店のリストはこちら  
トップページに戻る 
[PR]
by shonanvil | 2004-05-27 13:56 | おいしい店 (記事)NEW
<< 5/28 千枚田の田植え 5/23  まぼろしの子安温泉 >>