<< 1/12 夕陽の丘がどどーんと。  1/8 佐島漁港の夕陽 >>
おいしい店 小泉孝太郎が通う、安浦「末広」の「豚肉包」
a0003150_2023375.jpg
本店は横須賀市の京急「県立大学(旧名安浦)」駅そばにある中華料理店だが、私が行くのは須軽谷の実家。
山の中の普通の民家だが、ここで、評判の「豚肉包」がテイクアウトできるのだ。
a0003150_20274840.jpg

安浦の本店の方は、小泉首相の実家のすぐそばと言うこともあって、孝太郎君はじめ小泉家御用達の店らしい。
戦時中に中国で暮らし先々代が、本場の中華料理を覚えて帰国し、横須賀で「末広」を開店。いまは横須賀の名店「朝廷」で修行した3代目が後を継いでいるという歴史のある店だ。
で、その初代の住まいがここ須軽谷と言うわけだ。

和風建築のどっしりした構えの家で、本店で売られるのと同じ豚肉包、鶏肉包(ともに210円)、豆沙包(あん饅、190円)をテイクアウトできる。
a0003150_202417100.jpg

奥の和室で頂くことも出来るが、蒸かすのに15分ほど待つ。おみかんをいただきながら、田舎の実家に戻ったような気分でくつろぐのも、またいい。
a0003150_20243642.jpg

豚肉包は、ふわっと蒸し上がった皮がほの甘く美味。そして中の餡も、ミンチ肉ではなくいい豚肉を手作業で細切れにして使っており、中国で食べる肉まんそのもの。こりゃあうまい!

おばあさんの昔話や孝太郎君の子供時代の話を聞きながら食べると、一層味わい深い。

一騎塚から三浦海岸に抜ける道を、途中で津久井浜方面に曲がったちょい先。ちとわかりにくい場所だ。

末広本店は下記。もちろん本店でも豚肉包は買えます。

中華 末広
横須賀市安浦町2-25
046-825-9284
[PR]
by shonanvil | 2006-01-11 20:25 | おいしい店 (記事)NEW | Comments(6)
Commented by 堀内 at 2006-01-11 21:03 x
神奈川新聞に紹介されていたので、暮に横須賀へ行った折安浦のお店で買い求めました。皮も中身も香港で食べた包子と同じで美味しかったのですが、あんまんはゴマが多いのか黒色でちょっと変わった味でした。
Commented by kotarowy at 2006-01-11 22:41
兄夫婦が安浦に住んでいるので今度一緒に行きたいです。
そういえば、安浦、駅名も変わって特急も止まるようになったんですね。昔はあんなに寂しい駅だったのに・・・出世したなぁ。
Commented by じゃらん堂 at 2006-01-12 07:47 x
堀内さん。神奈川新聞にも本店の方が載ったんですね。須軽谷の店?は、よく津久井浜に抜けるこの道を通っている私の知り合いが見つけて、教えてくれたんです。
豆沙包は、黒ごま餡ですよね。甘さを抑えてこれもおいしい。ホント、香港で食べる味ですね。
Commented by じゃらん堂 at 2006-01-12 07:55 x
kotarowyさん。安浦あたり、安くてうまい店が多いんですね。
少し前まで、「八っちゃん」というちゃんこ鍋屋というか居酒屋があって、ものすごく安くてしかも化学調味料を一切使わないおいしい店だったので、ホームズの帰りによく行ってましたが、ある日忽然と閉店してました。安すぎてうまくいかなくなったのか、儲かってどこかに拡張移転したのか・・・。ともかく、そんな店が安浦界隈にはおおいですね。もっとディープに探索してみたい街です。
5時半起床でドーナツを揚げるとは、なんて素敵なママでしょう。
Commented by pia at 2006-01-12 11:10 x
県立大学駅の付近には、行きつけの魚屋(ペットとしての魚の方です)があるのでよく行くのですが、
こんな美味しそうなお店があるんですね。
しかも、この他にも色々いいお店があるんですか…♪
好奇心旺盛な私は、おチビを主人に預けた日などに、探検してみたくなりました。
Commented by じゃらん堂 at 2006-01-12 23:55 x
実は今日、安浦界隈を歩いてきました。戦後闇市風の天麩羅屋や、アジアの市場風の八百屋、などいろいろ楽しい街です。エリアは狭いですから、3人でお散歩というのもいいのでは?
<< 1/12 夕陽の丘がどどーんと。  1/8 佐島漁港の夕陽 >>