<< 11/21 大鳥神社「酉の市」 11/19 シーカヤックお見送り >>
11/21 月バクはシチューみたいじゃない。
妙なタイトルではありますが、今日おなじみの恵比寿のバクテー屋(ほんとは海南鶏飯を中心にしたシンガポール料理店です)新東記に行ったら、オーナーのパトさんからクレームをもらっちゃいました。

「じゃらん堂さんが“どろっとしたシチュウみたいなバクテー”って書いたのを見て、たくさんのひとからブログに書かれているみたいにどろっとしてないって言われちゃうのよ。」

おっしゃる通りです。この店で初めてバクテーを食べたのが、たまたま鍋の底に一人前だけ残った濃縮バクテーだったので、シチューみたいになっていたんです。でも、これがとってもうまかったんですけどね。
a0003150_0405296.jpg

今日月曜日に食べたバクテーは、しっかり煮込んであるけれど今日仕込んだものだから結構あっさりしたバクテー。どろどろを期待してきたひとはあれっ? と思うかも知れません。
でも、これが本来のシンガポールでのスタンダード。これはこれでスープの切れ味と薬草のうまみがストレートに味わえてうまい。同時に週末のどんどん濃縮された混沌の味わいもうまい。つまり、曜日によって異なる味わいがこの店のバクテーにはある、ということ。それぞれに微妙に違うおいしさがあって、バクテー世界をますます深いものにしてくれているのです。

「もうひとつクレームがあるよ。うちは海南鶏飯が一番の売り物なの。じゃらん堂さんのブログを見て来る人はみんなバクテーばかり頼むのよ。海南鶏飯のことも書いてね」

はいはい。バクテーがメニューになかったら、海南鶏飯を絶賛していたと思います。かなり、かなり、うまいです。

それにしても、本ブログを見ていただき、たくさんの方がお店に行ってらっしゃるようで、バクテーの輪が広がること、ありがたい限りです。改めて御礼申し上げます。
a0003150_0413266.jpg

(日曜日にパトさんとマネージャーのふたりで貼ったという巨大料理写真が、窓に登場しています。)
[PR]
by shonanvil | 2005-11-22 00:41 | じゃらん日記NEW
<< 11/21 大鳥神社「酉の市」 11/19 シーカヤックお見送り >>