<< 5/7  旧家で創作和料理 おいしい店  七里ヶ浜「デラセーラ」 >>
5/7  上山口菩薩??
a0003150_02146.jpg
国際村から上山口に下りる道の途中に、黄金に輝く上山口菩薩があるのをご存知だろうか。

とある民家の庭。片隅に建つ離れの扉を開けると、目の前にどーんと2メートル以上ある立派な仏像が。
仏様の足元には「Kamiyama Bosatsu」の文字が。

どうしてこんなところに、こんな立派な菩薩像が安置されているのか?

実はこの仏像、この家に住むドイツ人アーチスト、ダビデ・ガルデさんの作品。
どう見てもホンモノの仏像に見えるが、同じくアーチストの奥様、佐々木はるなさんの解説によると、キャンバス地や座布団、手袋などを使って巧みに仏像のディテールを作り出したアートオブジェなのだ。

ダビデさんが仏像の美しさに惹かれて作ったのだという。

他にもダビデさんの絵画やはるなさんの絵画、オブジェ、友人の写真家、版画家の作品が屋外と室内に飾られている。

ダビデさんご夫妻は、オーストリアで知り合い、10年前から日本に住み始めた。
上山口に引っ越してきて8年。
山の緑と里の風景の中からインスピレーションを得て、絵画や彫刻などの作品を作り続けている。
今回のオープンハウスは、もう恒例となった「葉山芸術祭」への参加として行われた。

いわば国際村とは隣町。ご近所にこんな芸術家がいらっしゃったとは。

オープンハウスは9日(日)まで。
お早めに上山口菩薩のご参拝を。

「はるなとダビデのオープンハウス」
葉山町上山口1879
電話 046-878-6077
オープン時間 12:00-17:00
※国際村から上山口方面に下り、星山トンネルを抜けたところを左折。
ホワイトハウス方向に坂を下る途中、左側に看板あり(葉山芸術祭期間中のみ)。

ダビデさんの関連記事はこちらこちら
[PR]
by shonanvil | 2004-05-08 00:22 | じゃらん日記NEW
<< 5/7  旧家で創作和料理 おいしい店  七里ヶ浜「デラセーラ」 >>