<< 5/3  湘南国際村混声合唱団... 5/1 湘南国際村フェスティバ... >>
5/2  かぼちゃポット
a0003150_21257.jpg
ひさしぶりに、グレンさんの「かぼちゃポット」へ。

秋谷の名刹「正行院」の境内、墓地の脇に建つ古い家で、毎週日曜日だけオープンするティサロン。それが「かぼちゃポット」。

庭にウッドデッキもできて、ますますくつろげる空間となった。

ゴールデンウイーク中とあって、お客が途切れることがない。
今日はグレンさんの友人で、東京でクラシックバレーの先生をしているという中国系イギリス人のマイケルさんが助っ人に来ており、ふたりでお茶とケーキのサービスをしたり、お客とおしゃべりをしたり。

居合わせたお客同士、自然に会話ができる雰囲気なのも、かぼちゃポットに来る楽しみのひとつ。今日も地元の写真家、ベースのスタッフ、高校の先生などいろいろなひとと楽しくおしゃべり。

高校の先生が「最近は英語の筆記体が書けない生徒が多い。時間がないから先生もあまり教えないのでね」と問題提起。
グレンさんは「イギリスでは日本の書道みたいに筆記体(ガリグラフィ)のコンテストがあるよ。きれいなカリグラフィが書けることは大事なこと。僕も手紙は必ず筆記体で書く。ブロックレターでは書きません」

などなど、なかなか中身の濃い茶飲み話で盛り上がりました。
[PR]
by shonanvil | 2004-05-02 21:26 | じゃらん日記NEW
<< 5/3  湘南国際村混声合唱団... 5/1 湘南国際村フェスティバ... >>