<< 5/26 飯田橋アイガーデンエア おいしい店 逗子「ロータスリーフ」 >>
おいしい店 ジャルダン・ヴェール閉店のうわさはホントだった!
a0003150_1291876.jpg


※こちらの店は、鎌倉大町に「ジャルダン食堂」として新規オープンしました。

ハヤオンのかくさん情報で、小坪のフランス食堂「ジャルダン・ヴェール」が閉店と聞き、驚いて行ってみた。
「ジャルダン・ヴェール」は東京ベイホテル東急出身の若き清水シェフが、昼1500円、夜2800円からという破格の値段でコース料理を出してきた店。これでやっていけるのかと心配していたが、5年弱で力尽きたのか、はたまた新しい展開を考えての閉店なのか?

ランチの時間に店を訪れると、いつものようにマダムランチで満席。どうにかテーブルひとつを確保してもらい、食事を頂くことが出来た。

レジ下には「6/25で閉店します」の張り紙。やはりうわさは本当だった。
「移転なの?」「いえ、閉店です。レストランはもうやりません」ときっぱり。
どうやら、他にやりたいことがあって、ここはクローズすることを決意したらしい。

メニューの中からイサキのムニエルをオーダー。本日もしっかりこしらえられたメインディッシュ。前後のサラダやデザートはありきたりだが、この値段でこのメインはほんとに素晴らしい。

正式決定ではないが、居抜きで新しいフレンチの店が入ることになりそうだとか。
キッチンでがんばっている若い加藤君が後を継ぐとか、別のひとがオーナーを務めるとか、いろいろうわさが流れているようだが、当の清水シェフはこの件に関しては黙して語らず。
ま、ともかく「ジャルダンヴェール」が無くなってしまうことは確かだ。
a0003150_1295374.jpg

デザートが出る頃には客も引き、向かいの丘の南仏風マンションが今日も日を浴びて湘南らしさをかもし出してくれている。珈琲をすすりながらのこの時間、この空間はなかなかに良い。
a0003150_1210233.jpg

この見事な借景で、今度はどんな料理が出てくることになるのか。
あれこれ詮索はよしにして、終わりゆくジャルダンヴェールの時間を、楽しもう。
清水シェフ、4年11ヶ月、ご苦労様。

ジャルダン・ヴェール
逗子市小坪2-22-12
[PR]
by shonanvil | 2005-05-21 12:10
<< 5/26 飯田橋アイガーデンエア おいしい店 逗子「ロータスリーフ」 >>