<< 湘南国際村フェスティバル、始まる! 蝶の谷戸 >>
紅(くれない)の時。
a0003150_6363383.jpg


長くweb上だけでおつきあいしてきた建築家の方と、やっとお目に掛かることができた。

海を見下ろすアトリエ。手前に古い蔵の瓦屋根。その向こうに相模湾。
御簾越しに紅の陽が斜めに差し込み、グラスの中に紅の液体が揺れ、我々の頬も紅に染まる。

ガラス窓を開け放したとき、ガラス窓越し、そして目の細かい御簾を通したとき。それぞれにちがう表情を見せる夕陽の差し込み。

建築家が綿密に計算して仕組んだ、自然の光のマジックショーだ。

祭の話、良寛の書の話、「ガチでリアルに、オレの家の設計をしてください」と頼みこんだ若い施主の話・・・・・・。

ガチでリアルに、「暮れない」で欲しいと思った、三浦半島の夕暮れ。

a0003150_658224.jpg

[PR]
by shonanvil | 2013-05-03 06:36 | じゃらん日記NEW
<< 湘南国際村フェスティバル、始まる! 蝶の谷戸 >>