<< ガイアの夜明け 信州の秋 >>
代官山蔦屋書店で「ボルネオで昼寝を」トラベルトーク、やります
蔦屋書店代官山店でのトラベルトークで、「ボルネオで昼寝を」をテーマに森本コンシェルジュとトークします。
12月6日午前10時から。今度の木曜日です。
マレーシアに興味のある方、アジアで人生の小休止をしてみたい方、ぜひ聞きに来てください。ゆるく南の島暮らしの話をしましょう。

http://tsite.jp/daikanyama/event/001382.html

a0003150_2173927.jpg


テーマ:ボルネオで昼寝を〜家族でボルネオ・セミリタイア生活】
世界70ヵ国を旅した旅行作家が、突然すべての仕事を休み、
赤道直下のボルネオ島で1年半の家族5人セミリタイア生活に突入。
人生の小休止はなにをもたらしたのか?

 ■欧米人に多い海外セミリタイアって?
 ■子供連れ海外生活にチャレンジ。その動機は?
 ■なぜボルネオか? 熱帯雨林の島暮らしの1年半
 ■多民族国家マレーシアの魅力とは?
 ■アジアがいま私たちに教えてくれるものとは?

●今回のゲストについて
●荒木左地男(あらき さちお) 旅行作家・広告プロデューサー
大学在学中に海外情報番組で放送作家デビュー。
その後旅行作家と同時並行で広告会社を設立し、旅行関連企業等の広告制作、
博覧会パビリオン企画等に従事。
著書に「おじさんだってアジアに行きたい」(文香社)、
「すばらしい世界〜"森と湖のカナダ"など全6巻」(国際情報社)監修・執筆など。

●荒木リツ子(あらき りつこ) ライター・編集者
女性向雑誌・PR誌の企画・編集・取材を担当。
「女性の生き方」をテーマに、女優・文化人など多数の女性オピニオンリーダーをロングインタビュー。
平成12年から1年半、3歳から8歳まで3人の子供と共にマレーシア・コタキナバルでセミリタイア生活。
その様子を綴った著書「セミリタイアメント」(グラフ社)を執筆。

●概要/参加申し込み方法について
第13回トラベルコーヒートーク
▼日時:12月6日(木)朝10時~11時
▼場所:代官山蔦屋書店3号館2階カフェ席(http://tsite.jp/daikanyama/access/)
▼定員:約20名
参加無料、どなた様でもご参加頂けますので、お気軽にご参加ください。
▼参加費:参加費は無料ですが、店内スターバックスにてドリンクを購入し、ご参加くださいませ。
▼席のご予約方法
下記のいずれかの方法にてお申し込み頂けます。
 ①電話(03-3770-2525、営業時間:朝7時~深夜2時)
 ②店頭(代官山蔦屋書店3号館1階レジカウンター)まで
 「12月6日トラベルコーヒートークの席予約について」とお問い合わせくださいませ。
 ③twitterにて「12月6日トラベルコーヒートーク参加します」と@DT_travelまでリプライをお送りください。
 ④facebookトラベルコーヒートークイベントページにて参加ボタンを押してください。
 定員を超えてしまった場合、立ち見になることをご了承くださいませ。

開催概要
会期:2012年12月6日(木)
会場:蔦屋書店2号館 1階 カフェスペース
開館時間:10:00~11:00
主催:代官山 蔦屋書店
〒150-0033 東京都渋谷区猿楽町17-5 代官山蔦屋書店 3号館1階 旅行フロア
お問い合わせ:03-3770-2525

[PR]
by shonanvil | 2012-11-30 20:54 | じゃらん日記NEW
<< ガイアの夜明け 信州の秋 >>