<< おいしい店  葉山 フレンチ懐... 4/10 富士山夕陽、三度目の... >>
4/11 谷間の巨大板カマボコ??


夏を思わせる陽気。こんな日はハイキング。

森戸の旭屋牛肉店に立ち寄ってコロッケとバンズを購入し、一路、森戸川の源流を目指す。

逗葉新道からものの10分も歩けばすっかり山里の風情。
林道ゲート脇の公園風私有地「森戸川村」で管理の方の許可を得て、コロッケパンで腹ごしらえをし、川に沿って林道を進む。

せせらぎには山桜の花びらが無数に浮かび、ウグイスの声が深山幽谷に響く。
いやあ、春真っ只中。

・・・そんな森戸川源流の懐深い自然に分け入っていくと、ギョギョッ! 突如目の前に巨大な人工物が出現。
a0003150_23217.jpg
これ、先月開通したばかりの三浦半島中央道。

90%以上がトンネルという構造の中央道が、ほんのわずか地上に顔を出す、その場所なのだ。
南郷トンネルと竜神トンネルの間、森戸川をまたいで橋が架かり、林道がその下をくぐる。

環境保護のためシェルター状に橋ごとカバーが掛かっているとは聞いていたものの、あまりのド迫力に仰天。
まるで谷間に引っかかったおばけ板カマボコだ。

シェルターに隠されて車の姿は全く見えないが、しゃーしゃーと耳障りな走行音だけが絶え間なく森にこだまする。これって、かなりシュール。

人間が便利さを求めるとは、こういうことだったんだなあ。心がチト痛くなる光景ではあります。

さらに渓流沿いに進みゲートから林道終点まで1時間弱。同じ道を引き返して約2時間の「街そば」秘境トレッキング、でした。

国際村への帰りは、しゃーという音を立てて、凝りもせずそのトンネルを通る。
また心がチト痛む。
[PR]
by shonanvil | 2004-04-11 23:03 | じゃらん日記NEW
<< おいしい店  葉山 フレンチ懐... 4/10 富士山夕陽、三度目の... >>